ターン制タクティカルRPG『Fell Seal: Arbiter's Mark』Steam版が日本語に対応 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ターン制タクティカルRPG『Fell Seal: Arbiter's Mark』Steam版が日本語に対応

DMM GAMES/PS4/スイッチ版にDLC「Missions and Monsters」の日本語版も配信開始。

ゲーム文化 インディーゲーム
ターン制タクティカルRPG『Fell Seal: Arbiter's Mark』Steam版が日本語に対応
  • ターン制タクティカルRPG『Fell Seal: Arbiter's Mark』Steam版が日本語に対応
  • ターン制タクティカルRPG『Fell Seal: Arbiter's Mark』Steam版が日本語に対応

DMM GAMESは、6 Eyes Studioが開発を手がけるターン制タクティカルRPG『Fell Seal: Arbiter's Mark』のSteam版に日本語を追加したと発表しました。

本作はスチームパンクの要素を取り入れたファンタジー世界が舞台の作品。プレイヤーはかつて暗黒の時代を救った7人の偉大な英雄の代理人「アービター」として、部隊を率いて困難な局面を乗り越えていきます。40以上のエピソードが用意された長大なストーリーを体験可能。



Steam版『Fell Seal: Arbiter's Mark』は3,090円で配信中。なお、本作はDMM GAMES/PS4/ニンテンドースイッチ向けにも3,410円で配信されており、Steam版の日本語対応とともにDLC「Missions and Monsters」の日本語版も登場しています。

《RIKUSYO》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. そっぽ向いても大惨事はそのまま!『レッド・デッド・リデンプション2』世界の自動修復を防いで永続性を強化するModが登場

    そっぽ向いても大惨事はそのまま!『レッド・デッド・リデンプション2』世界の自動修復を防いで永続性を強化するModが登場

  2. まもなく米国で公開の実写映画版「モータルコンバット」フェイタリティシーンがお披露目

    まもなく米国で公開の実写映画版「モータルコンバット」フェイタリティシーンがお披露目

  3. 『Apex Legends』インフルエンサーの祭典、第5回「CRカップ」が5月15日開催決定!前回大会は同時視聴者数20万人超

    『Apex Legends』インフルエンサーの祭典、第5回「CRカップ」が5月15日開催決定!前回大会は同時視聴者数20万人超

  4. 『サイバーパンク2077』初期バージョンに存在していた「ウォールランニング」を復活させるModが登場! 一部で機能制限あり

  5. 史上初のオリンピック公式ライセンスe-Sportsイベント「オリンピックバーチャルシリーズ」開催―『パワプロ』『グランツーリスモ』などが競技に選出

  6. まさに至宝!『DEATH STRANDING』「クリフォード・アンガー」1/2スタチューが予約開始

  7. 真田広之のアクションが光る! 実写映画版「モータルコンバット」序盤7分が披露

  8. 発売直後のインディーゲームがプレイヤー数15万人を突破、Xbox Game Passの影響も大―『レインパレード: イタズラ雲の冒険!』が快調を報告

  9. 『GTA V』をクリアするためには最低でも700人以上を殺めなければならない―海外ユーザーが約半年をかけた検証結果を報告

  10. 殺される度に強くなる! まるでゲームのようなSFアクション映画「コンティニュー」公開決定―タイムループの謎を解き明かせ

アクセスランキングをもっと見る

page top