『エルシャダイ』の名シーン、実はフリー素材化されていた!使用例として“1番いい使い方”なども紹介 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『エルシャダイ』の名シーン、実はフリー素材化されていた!使用例として“1番いい使い方”なども紹介

あまり知られていない『エルシャダイ』フリー素材化が改めて告知されました。最近では“プラズマ技術を利用した表面処理会社”からも使用許諾が来たそうです。

ゲーム文化 カルチャー
『エルシャダイ』の名シーン、実はフリー素材化されていた!使用例として“1番いい使い方”なども紹介
  • 『エルシャダイ』の名シーン、実はフリー素材化されていた!使用例として“1番いい使い方”なども紹介

「そんな装備で大丈夫か?」「大丈夫だ、問題ない」などで知られる3Dアクションゲーム『El Shaddai(エルシャダイ)』。これら一連のやり取りを収めた映像が“フリー素材”として配布されています。

フリー素材化されたのは2018年4月1日。エイプリルフールなので「実は嘘だった」という展開も考えられましたが、そのまま配信は継続されています。あまり認知度が高くないため、ディレクター兼キャラクターデザイナーとして携わった竹安佐和記氏が、今回改めて告知した形となります。

映像だけでなく、100枚上の静止画データもフリー素材化。学校や会議の資料、ニコニコ動画やYouTube、Twitter、ホームページ、チラシ、お店の看板etc、基本何でも使用可能です。商用利用の際には「info@crim.co.jp」に使用用途を連絡すれば問題ありません(※公序良俗に反したり、再配布・販売したりは禁止です)。

同氏のTwitter(@Sawaki_Takeyasu)では、本素材の使用例として“1番いい使い方”をいくつか紹介。最近では「プラズマ技術を利用した表面処理をしているという会社」からも使用許諾が来たそうです。一体何に使われるのか……?同氏も楽しみにしています。

なお、『エルシャダイ』は近々Steam版が配信予定です。

《茶っプリン》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

    最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

  2. 「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

    「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

  3. こんなのあったって知ってた?レトロハードZX Spectrumの海外版『熱血硬派くにおくん』の動画を見ながらPCとゲームの進化に思いを馳せる

    こんなのあったって知ってた?レトロハードZX Spectrumの海外版『熱血硬派くにおくん』の動画を見ながらPCとゲームの進化に思いを馳せる

  4. 『アーマードコア』シリーズより「オーメル TYPE-LAHIRE ステイシス」が豪華フルパッケージ仕様に!ゲーム内同様に機体のアセンブルを変更可能

  5. 壮大なメインストーリーの裏で、ちまちま植物採集…オープンワールドあるある?ネタに共感する海外ゲーマー

  6. ボードゲーム版『Dying Light』のKickstarterが開始! 既に目標を大きく超える6000万円以上が集まる

  7. 【週刊トレハン】「歯ブラシでDOOMが動く」2024年2月25日~3月2日の秘宝はこれだ!

  8. 天才赤ちゃんゲーム開発者爆誕!?インディー開発者が投稿した1枚の写真が思わぬ大喜利に発展

  9. 堀井雄二氏が『ドラクエ3リメイク』をテストプレイしていることを明かす…2年半続報なくも開発は進んでいる模様

  10. もう疲れちゃって 全然動けなくてェ…『ゼルダの伝説 ティアキン』「旅コログ」のぬいぐるみが本日29日発売!

アクセスランキングをもっと見る

page top