無改造の初代ゲームボーイで『グランド・セフト・オート V』をプレイする猛者が現る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

無改造の初代ゲームボーイで『グランド・セフト・オート V』をプレイする猛者が現る

自作Wi-FiカートリッジでPlayStation 4版をストリーミング。

ゲーム機 技術
無改造の初代ゲームボーイで『グランド・セフト・オート V』をプレイする猛者が現る
  • 無改造の初代ゲームボーイで『グランド・セフト・オート V』をプレイする猛者が現る
  • 無改造の初代ゲームボーイで『グランド・セフト・オート V』をプレイする猛者が現る
  • 無改造の初代ゲームボーイで『グランド・セフト・オート V』をプレイする猛者が現る

1989年に発売された任天堂の携帯ゲーム機「ゲームボーイ」で、現代のオープンワールドゲーム『グランド・セフト・オート V』をプレイしてしまう猛者が現れました。

今回プレイを実現したSebastian Staacksさんの解説映像によれば、使用した初代ゲームボーイは無改造で、自作のWi-Fiカートリッジを介してPlayStation 4版『グランド・セフト・オート V』をストリーミングしているとのこと。Staacksさんのブログではデータ転送の仕組みなど技術的な情報が掲載されているので興味がある方は訪れてみてはいかがでしょうか。

Wi-Fiカートリッジの解説映像

色は4色、解像度は160x144、ボタンも足りないためまともにプレイするのは困難ですが、レトロなハードで当時はできなかったことを実現するのはロマンがありますね。今回のようなことができてしまう初代ゲームボーイの可能性にも驚きです。

多少問題はあれど携帯ゲーム互換機「Analogue Pocket」でも
Wi-Fiカートリッジが動作したようです

《RIKUSYO》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. VR対応巨大ロボット戦闘シム『Vox Machinae』Steamにて正式リリース―V1.0リリースから2カ月でついに

    VR対応巨大ロボット戦闘シム『Vox Machinae』Steamにて正式リリース―V1.0リリースから2カ月でついに

  2. これは実写でしょ…「Unreal Engine 5」で作られた“リアルすぎて怖い”駅が公開

    これは実写でしょ…「Unreal Engine 5」で作られた“リアルすぎて怖い”駅が公開

  3. CS用ハンコンコンバーター「Ras1ution 2」国内向けに発売!前世代ハンコンも最新レースゲーム対応に【UPDATE】

    CS用ハンコンコンバーター「Ras1ution 2」国内向けに発売!前世代ハンコンも最新レースゲーム対応に【UPDATE】

  4. ZOTAC、「背負える」VR特化型バックパックPC「ZOTAC VR GO 2.0」発表―39万9,800円

  5. Razer「Kaira X for PlayStation」や「BlackShark V2」の新色など10月29日に発売

  6. 無改造の初代ゲームボーイで『グランド・セフト・オート V』をプレイする猛者が現る

  7. VRゾンビシューター『Arizona Sunshine』のPC版が日本語対応!―音声吹き替えも

  8. Hyperkinがニンテンドウ64互換機の登場を予告―プロトタイプ版の映像を公開

  9. いつでもTVモードでプレイ可能に? スイッチ専用の携帯プロジェクター開発中

  10. まさに夢のマシン! 『ポータブルドリームキャスト』

アクセスランキングをもっと見る

page top