『ゴッサム・ナイツ』などDCゲーム開発に革新か?ワーナー・ブラザース新企業が方針見直しとの報道 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ゴッサム・ナイツ』などDCゲーム開発に革新か?ワーナー・ブラザース新企業が方針見直しとの報道

合併・設立から間もない企業ですが、早速新方針を打ち出したようです。

ニュース ゲーム業界
『ゴッサム・ナイツ』などDCゲーム開発に革新か?ワーナー・ブラザース新企業が方針見直しとの報道
  • 『ゴッサム・ナイツ』などDCゲーム開発に革新か?ワーナー・ブラザース新企業が方針見直しとの報道
  • 『ゴッサム・ナイツ』などDCゲーム開発に革新か?ワーナー・ブラザース新企業が方針見直しとの報道
  • 『ゴッサム・ナイツ』などDCゲーム開発に革新か?ワーナー・ブラザース新企業が方針見直しとの報道
  • 『ゴッサム・ナイツ』などDCゲーム開発に革新か?ワーナー・ブラザース新企業が方針見直しとの報道
  • 『ゴッサム・ナイツ』などDCゲーム開発に革新か?ワーナー・ブラザース新企業が方針見直しとの報道

米エンタメビジネス専門メディアVarietyは、ワーナー・ブラザース・ディスカバリーが「バットマン」や「スーパーマン」等の“ゲームを含めた”DCエンターテインメントIP展開戦略に関して、見直しを検討しているという関係筋の情報を報じました。

4月上旬、ワーナーメディアはディスカバリーと合併し、新企業「ワーナー・ブラザース・ディスカバリー」を設立しました。まだ合併から1月も経っていないものの、関係者は同社CEOであるデビッド・ザスラブ氏が“DCコミック・キャラクターの可能性を最大限に引き出す”ことを考えているそうです。

話によると、近年「アクアマン」「THE BATMAN-ザ・バットマン-」は映画方面で成功を収めている一方、「スーパーマン」などのキャラはいまだに低迷中であり、復活させる必要があるのではないかとディスカバリー側関係者が指摘。そして同社は、「ゲーム部門の強化を含め」DCコミックへのアプローチを成長させなければいけないと考えているといいます。

2022年1月にワーナーメディアは『ゴッサム・ナイツ』の年内販売への意欲を示していましたが、合併後もリリースに向けて無事注力していることが期待されます。



《ケシノ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『ボダラン』などで知られるGearboxで9本のAAAタイトル開発中―親会社決算報告書で明らかに

    『ボダラン』などで知られるGearboxで9本のAAAタイトル開発中―親会社決算報告書で明らかに

  2. 「ゆっくり茶番劇」を無関係の第三者が商標登録―出願代理事務所は本件に関して謝罪【UPDATE】

    「ゆっくり茶番劇」を無関係の第三者が商標登録―出願代理事務所は本件に関して謝罪【UPDATE】

  3. 「メタバース」を楽しむ人の7割以上が“よく知らない”…説明できる人はわずか15%

    「メタバース」を楽しむ人の7割以上が“よく知らない”…説明できる人はわずか15%

  4. 『Fall Guys』が6月に基本プレイ無料化! スイッチ/Xbox/Epic Gamesストア版も配信へ【UPDATE】

  5. 「ゆっくり茶番劇」使用料無償化を宣言―しかし登録者は商標権を維持する意向

  6. クボタが参戦!『ファーミングシミュレーター 22』DLC「Kubota Pack」発表

  7. Frogwaresが最新作『Project Palianytsia(仮)』を発表―ビクトリア朝ミステリーとエルドリッチホラーをミックスした作風に

  8. 『FF7 リメイク』がSteamにも登場か? データベースサイトにタイトルの登録が確認される

  9. 新作『サイレントヒル2』リメイクの噂をBloober Team CEOが明言を拒否―新プロジェクトは「自社のタイトルであることに変わりはない」

  10. 『Gジェネ』シリーズ最新作か?バンダイナムコが「Gジェネエターナル」という商標を出願

アクセスランキングをもっと見る

page top