「バフンウニゆう」とは…?『Apexモバイル』珍妙すぎるランダムネームが面白い | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「バフンウニゆう」とは…?『Apexモバイル』珍妙すぎるランダムネームが面白い

待望のリリースとなったモバイルFPS。そこで好事家たちのハートをつかんだのは、シュールなネーミングでした。

ゲーム文化 カルチャー
『Apexモバイル』のランダムネームが珍妙すぎる?「いきなりあきこ」で出撃可能
  • 『Apexモバイル』のランダムネームが珍妙すぎる?「いきなりあきこ」で出撃可能
  • 『Apexモバイル』のランダムネームが珍妙すぎる?「いきなりあきこ」で出撃可能
  • 『Apexモバイル』のランダムネームが珍妙すぎる?「いきなりあきこ」で出撃可能
  • 『Apexモバイル』のランダムネームが珍妙すぎる?「いきなりあきこ」で出撃可能
  • 『Apexモバイル』のランダムネームが珍妙すぎる?「いきなりあきこ」で出撃可能

5月18日、スマートフォン向けアプリ『Apex Legends MobileApexモバイル)』がついにリリースを迎えました。PC版やCS版とは一味違ったゲーム性が楽しめる同作ですが、その一方で“とある機能”に気を取られるプレイヤーが続出しています。

次々と生成される“クセつよ”ネーム

『Apexモバイル』では、チュートリアル終了時に任意のユーザーネームを入力することが可能。その際、ランダムで名前を提案してくれるのですが、ネーミングセンスがかなり独特だと話題になっているようです。

中でも多いのが、それっぽい二つ名と人名を組み合わせたネーミング。たとえば、「不死鳥ミッシェ」「闇のしょうへい」「筋肉質しんいち」など、漫画やアニメのキャラクターめいたクールな名前が用意されていました。

ただし、王道の二つ名はむしろレア度が高く、ほとんどは変わり種と言わざるを得ないものばかり。とくに目立つのが、食べ物に関連している二つ名で、「バフンウニゆう」「タコパめいHR」「わらび餅すず24」といったシュールな名前が相次ぎます。名前の後に謎の数字やアルファベットが付きがちなのも、気になるところ…。

こうしたものはまだ名前っぽく見えますが、さらによく分からない方向性に突き進んだ名前も。「今日から」「いきなり」「声の小さい」「参加したい」「和を保つ」などと、不思議な二つ名が多数待ち受けていました。

他にも、FPSのプレイヤーネームとは思えないネーミングが続々。「新入社員」「風邪気味の」といった二つ名には、まったく強そうな印象が持てません。

殺伐とした戦場には不釣り合いにも見える、ヘンテコネームの数々。これが一部ユーザーの間で大ウケしており、SNS上では「Apexモバイルの初期ネームがクセすごいっ」「初期の名前どんなセンスやねん!」と話題を呼んでいます。

せっかくなので、提案された名前でプレイしたくなるところですが、そこでちょっとした注意が必要。一度決めたプレイヤーネームを変更するには、「名前変更カード」というアイテムを使わなければなりません。また、名前を3日おきにしか変更できない制限もあるため、ノリで変な名前を付ける場合は、くれぐれも注意しましょう。

ひょんなことから大きな話題を生んだ『Apexモバイル』。もしかすると、妙な名前のプレイヤーだらけのカオスなマッチが実現するかもしれませんね。


『Apexモバイル』のランダムネームが珍妙すぎる?「いきなりあきこ」で出撃可能

《サワディ大塚》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 弱体化の代名詞とは言わせない!?最近の「ナーフ」が凄すぎる

    弱体化の代名詞とは言わせない!?最近の「ナーフ」が凄すぎる

  2. まるでコントのようなグダグダ感!爆笑必至な『モンハンライズ:サンブレイク』狩猟動画に、「3人吹き飛ぶところでダメだった」

    まるでコントのようなグダグダ感!爆笑必至な『モンハンライズ:サンブレイク』狩猟動画に、「3人吹き飛ぶところでダメだった」

  3. 『レッド・デッド・リデンプション2』法執行システムを大幅改良するMod登場

    『レッド・デッド・リデンプション2』法執行システムを大幅改良するMod登場

  4. 【週刊トレハン】「ゆっくりザコシ」2022年6月29日~7月2日の秘宝はこれだ!

  5. takej選手は涙のツイート…「REJECT」Zepher選手がLFTを表明、『VALORANT』エースプレイヤーの次なるチームは? 

  6. イタリア議会のオンライン会議で『FF7』ティファの二次創作ポルノ映像が配信される珍事発生―Facebookなどを通じて中継されてしまう

  7. バットマン俳優ロバート・パティンソンが『FF7』のエアリスとティファとの秘められた三角関係を明かす

  8. 「父ノ背中」の『レインボーシックス シージ』部門、再編ートップリーグ経験もある選手が加入

  9. 非日常なドレス姿にドキッ!『FF7 リメイク』ティファが立体化―PLAY ARTS改・スタティックアーツ二種の予約開始

  10. 『ボンバーガール』が『ボンバーガール レインボー』へ!近日公開の予告とともに新規ビジュアルも公開

アクセスランキングをもっと見る

page top