価格に見合うかは主観による…『The Last of Us Part I』“金目当て”との批判に元開発スタッフが反論【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

価格に見合うかは主観による…『The Last of Us Part I』“金目当て”との批判に元開発スタッフが反論【UPDATE】

なおlinkedinページによると、同スタッフは6月時点でリメイク版開発から離れたようです。

ニュース ゲーム業界
価格に見合うかは主観による…『The Last of Us Part I』“金目当て”との批判に元開発スタッフが反論【UPDATE】
  • 価格に見合うかは主観による…『The Last of Us Part I』“金目当て”との批判に元開発スタッフが反論【UPDATE】
  • 価格に見合うかは主観による…『The Last of Us Part I』“金目当て”との批判に元開発スタッフが反論【UPDATE】
  • 価格に見合うかは主観による…『The Last of Us Part I』“金目当て”との批判に元開発スタッフが反論【UPDATE】

SIEベンドスタジオのロバート・スティーブン・モリソン氏はTwitterにて、『The Last of Us Part I』の発売に対し「金目当て」とする批判に反論しました。

モリソン氏は『God Of War (2018)』『Injustice 2』『バイオハザード7』のほか、『The Last of Us Part I』に携わった3Dアニメーターです。同氏は様々なスタジオに在籍したことがあり、直近ではソニー・インタラクティブエンタテインメントが擁する「PlayStation Studio」の一つ、Visual Artsから同社のベンドスタジオに異動し、現在ではシニアスタッフ・アニメーターを務めています。

一方、2022年6月に発表された『The Last of Us』のフルリメイク版『The Last of Us Part I』ですが、海外掲示板Redditなどでは一部ユーザーから“価格が高すぎる”として「金目当て(Cash grab)」との批判が寄せられる結果に。Visual Arts在籍時、シネマティック・アニメーターとして本作に関わっていたモリソン氏は、これらの批判に対し「(ゲーム価格の)価値が見合うかは各個人の主観による」として、「欲しいかどうかは自分で決められるだろう」と反論しました。

なお同氏が“ソニーの下で働いているから擁護しているのでは”と嫌疑をかけられた際は、「私はプレイステーション、Xbox、任天堂のゲーム機を持っているほか、PCでもゲームを遊んでおり、全てのプラットフォームをサポートしている」と、今回の発言が贔屓によるものでないことを強調しました。


※UPDATE(2022/07/11 14:11):ロバート・スティーブン・モリソン氏のlinkedinページより、同氏がVisual Artsにて『The Last of Us Part I』の開発に2022年6月まで関わっていた(現在では別のSIE傘下スタジオに在籍)ことが判明したため、見出し並びに本文を修正しました。また、『The Last of Us Part I』と『The Last of Us』の表記についても修正しています。コメント欄でのご指摘ありがとうございました。

《ケシノ》
ケシノ

ゆる~いゲーマーです。 ケシノ

主に午前のニュース記事を担当しているライター。国内外、様々なジャンルのゲームを分け隔てなくカバーしています。アメリカに留学経験があり、2022年1月よりGame*Sparkにてライター業を開始。一番思い出に残っているゲームは『キョロちゃんランド(GB版)』。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. (※ネタバレあり)『Stray』重要なヒントを見逃すな!人類の遺した情報から世界の謎に迫れるか【ゲームで英語漬け#103】

    (※ネタバレあり)『Stray』重要なヒントを見逃すな!人類の遺した情報から世界の謎に迫れるか【ゲームで英語漬け#103】

  2. 「ソニーがGame Passへのゲーム配信を妨げている」?―ブラジルでのマイクロソフト主張の真贋は、そして『CoD』は独占にはせず【UPDATE】

    「ソニーがGame Passへのゲーム配信を妨げている」?―ブラジルでのマイクロソフト主張の真贋は、そして『CoD』は独占にはせず【UPDATE】

  3. 『CoD:ウォーゾーン』スキンが盗作疑惑で削除―オリジナル作者は正式な謝罪と説明を求める

    『CoD:ウォーゾーン』スキンが盗作疑惑で削除―オリジナル作者は正式な謝罪と説明を求める

  4. 小林裕幸氏がカプコンを退職し、NetEase Gamesへ移籍―『デビルメイクライ』『バイオ』『戦国BASARA』などでプロデューサーを務めた人物

  5. 『いっき』『アトランチスの謎』で知られる「SUNSOFT(サンソフト)」が令和に復活!

  6. 【期間限定無料】多彩な一皿を素早く調理し提供!料理ACT『Cook, Serve, Delicious! 3?!』Epic Gamesストアで配布開始

  7. 『GTA V』販売本数1.7億本突破をテイクツーが報告―次回作『GTA 6』への言及も

  8. 大ヒットドラマ「ブレイキング・バッド」のGTA的ゲーム計画は暗礁に乗り上げたまま…“期待しないほうがいい”

  9. 3DSの名作を“お得に買える”最後のチャンス!あの人気作・プレミアソフトが500円や1,000円で―アトラス、バンナム、LEVEL5など各社が展開

  10. フレンドのウォレットに直接送金できる「Steam デジタルギフトカード」が登場!

アクセスランキングをもっと見る

page top