【Amazonブラックフライデー】ゲーミングモニターで1歩先のプレイ体験へ! FPS向けからウルトラワイドまでおすすめ5選 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【Amazonブラックフライデー】ゲーミングモニターで1歩先のプレイ体験へ! FPS向けからウルトラワイドまでおすすめ5選

Amazonでブラックフライデーに合わせたセールが行われており、ゲーミングモニターもお買い得。この機会に、ゲームライフをより向上させるのもお勧めです。

ニュース セール・無料配布
【Amazonブラックフライデー】ゲーミングモニターで1歩先のプレイ体験へ! FPS向けからウルトラワイドまでおすすめ5選
  • 【Amazonブラックフライデー】ゲーミングモニターで1歩先のプレイ体験へ! FPS向けからウルトラワイドまでおすすめ5選
  • 【Amazonブラックフライデー】ゲーミングモニターで1歩先のプレイ体験へ! FPS向けからウルトラワイドまでおすすめ5選
  • 【Amazonブラックフライデー】ゲーミングモニターで1歩先のプレイ体験へ! FPS向けからウルトラワイドまでおすすめ5選
  • 【Amazonブラックフライデー】ゲーミングモニターで1歩先のプレイ体験へ! FPS向けからウルトラワイドまでおすすめ5選
  • 【Amazonブラックフライデー】ゲーミングモニターで1歩先のプレイ体験へ! FPS向けからウルトラワイドまでおすすめ5選
  • 【Amazonブラックフライデー】ゲーミングモニターで1歩先のプレイ体験へ! FPS向けからウルトラワイドまでおすすめ5選

2022年11月25日(金)0時~12月1日(木)23時59分にかけ、Amazonが「ブラックフライデー」を開催。日用品から家電まで、様々な商品がいつもよりお得な価格で販売されています。

これだけのビッグセールは1年を通しても稀なので、この時期に大きめの買い物に挑むのもアリ。例えば、ゲームプレイの快適さに直接繋がる「ゲーミングモニター」を、このセールに合わせて購入してはいかがでしょうか。

しかし、ゲーミングモニターと一口に言っても、サイズや性能、価格などに違いがあり、選択肢は膨大な数に膨れ上がります。そこで今回は、プレイするゲームや性能面の特徴、お得感などを重視し、独断で選んだおすすめモニターをご紹介! モニター選びに迷っている方は、こちらを参考にどうぞ。


「Amazonブラックフライデー」はこちら

■IODATA GigaCrysta(特選タイムセール:17,800円)

まず最初にお勧めしたいのが、IODATAの「GigaCrysta」。サイズは23.6型とお手頃なので、設置場所の都合がつきやすい小回りの良さがあります。画面内の情報を余さず把握したい、対人戦のFPS・TPSなどを遊ぶ場合は、このくらいのサイズ感に留めておくのもひとつの手です。迫力あるゲーム映像を大画面で楽しみたい人向きではないので、自分がよくプレイするゲームと相談してご判断ください。

また「GigaCrysta」は、応答速度が最大で0.6ms(GTG)、そしてリフレッシュレートは144Hzまで対応しています。簡潔に説明すると、応答速度は表示する速度で、リフレッシュレートは画面を更新する回数。前者の数字は小さいほどよく、後者は数字が大きい方が優れています。

「GigaCrysta」はいずれも高い水準にあり、キャラクターの動きやグラフィックを滑らかに描写できるため、アクションの激しいゲームのプレイに向くモニターです。画面のサイズだけでなく性能面でも、FPS・TPS向きと言えるでしょう。もちろん、一般的なアクションゲームでもその実力を発揮してくれます。性能と価格のバランスを考えると、多くの方におすすめできる1台です。


IODATA ゲーミングモニター 23.6インチ GigaCrysta
¥17,800
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

■Dell U2720QM(特選タイムセール:47,481円)

もう少し画面を大きくしたい、映像の美しさも欲しいという方は、「U2720QM」はいかがでしょうか。サイズは27インチなので、「GigaCrysta」よりも映像の迫力を感じやすくなります。4K UHD(3,840×2,160)の解像度によるゲームプレイは、その美しさを惜しみなく描き出してくれることでしょう。

豊かな色彩や深みを描写できる強みに加え、USB Type C接続も可能。最大90Wの電源供給ができるので、デスク周りのスリム化にも役立ちます。接続したノートPCで攻略情報を見つつ、モニターから給電するといった使い方も一興でしょう。

ただし、「U2720QM」は表示の美しさを重視しているため、応答速度は5ms、リフレッシュレートも60Hzに留まっています。ゲーミングモニターというくくりからは外れますが、映像美重視というプレイヤーもいるため、例外的にこの1台だけ入れさせていただきました。また、今回のセールでは37%OFFと値引き率もなかなかだったので、決して悪い選択肢ではありません。


【Amazon.co.jp限定】Dell U2720QM 27インチ 4K モニター
¥47,481
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

■BenQ MOBIUZ EX3210U(特選タイムセール:118,000円)

大画面かつゲーム向けの性能という両得を狙うなら、BenQ MOBIUZシリーズの「EX3210U」もお勧めです。4K UHDで、応答速度は2ms(GtG)/1m(MPRT)、リフレッシュレートも最大144Hzと高い水準でまとまっており、PS5やXbox Series X|Sのゲームを快適かつ美しく楽しめます。

また、2.1chの高音質treVoloスピーカーを備えており、サウンドモードは5種類を用意。中にはFPS向けのモードもあるので、音響面の強みも見逃せません。さらにカラーモードも多彩で、その中にはゲーム向けのものも。映像、音響ともに、ゲームプレイに適しているモニターのひとつです。

そしてこの「EX3210U」には、リモコンが付属しています。人によって使う頻度は異なると思いますが、複数のゲームハードを平行して遊ぶ場合、リモコンひとつで入力を切り替えられるのは非常に便利。プレイする場所とモニタまで少し距離がある場合は、リモコンの存在をありがたく感じることでしょう。


BenQ MOBIUZ EX3210U ゲーミングモニター 31.5型
¥118,000
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

■Dell G3223Q(特選タイムセール:88,160円)

「EX3210U」は全体的に高めの水準でまとまっていますが、問題はお値段も高めなこと。セールなので安くなってはいるものの、それでも12万円近い価格はやや難点です。同程度の性能で、もうちょっと安いのがあれば……と考えた場合、Dellの「G3223Q」という選択肢もあります。

32インチで解像度は3840×2160、応答速度は最大で1ms(GtoG) 、リフレッシュレートも144Hzと、この辺りは「EX3210U」とほぼ同じです。Display HDR 600に対応しているので、4K解像度の映像も細部まで美しく表現してくれます。

実は筆者も、この「G3223Q」を愛用しており、PS5やPCのゲームをこのモニターで遊ぶ日々を送っています。実際に使ってみてもこれといった問題や不満はなく、個人的に満足度の高いモニターでした。この性能で8万円台なら、十分お買い得の範囲かと思います。なお、先日公開したファームウェアで色味の表示が修正されたので、購入する方はそちらの導入も視野に入れておきましょう。


Dell G3223Q 32インチ 4K ゲーミングモニター
¥88,160
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

■HUAWEI MateView GT(特選タイムセール:52,780円)

ゲーミングモニターに求められる性能といえば、応答速度、リフレッシュレート、映像美などが重要視される傾向にあります。しかし、もうひとつ全く異なる要素を持つゲーミングモニターを、最後に紹介したいと思います。

それは、HUAWEIの「MateView GT」。画面のサイズは34インチですが、縦横の比率は21:9という、横幅の長い「ウルトラワイド」な曲面ゲーミングモニターです。対応しているゲームに限られますが、横長な画面から伝わる臨場感は、これまでの16:9とは段違い。特にレースゲームでは、よりリアルなドライバー体験を味わえます。

昨今はウルトラワイドに対応するゲームも増えつつあり、PC版『モンスターハンターライズ:サンブレイク』をウルトラワイドで楽しんでいる方もいます。MateView Gは一般的なゲーミングモニターの中ではやや低めですが、リフレッシュレートは165Hz。新たな刺激を受けたい方は、「MateView GT」という選択もアリでしょう。




いずれも魅力的なモニターばかりですが、今回のブラックフライデーではこの他にも多数のセール商品が並んでいます。この5台から選ぶも良し、これを参考に新たな1台を探すもよし。あなたに相応しいモニターを、ぜひ見つけてください。


「Amazonブラックフライデー」はこちら
《臥待 弦》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 日本で買えないSteam版『The Callisto Protocol』購入の“抜け道”が発見されるも、対策される

    日本で買えないSteam版『The Callisto Protocol』購入の“抜け道”が発見されるも、対策される

  2. セクシーな“背中”に魅せられて配信初週に60万人以上がプレイ!9割以上が男性という『勝利の女神:NIKKE』のユーザー数動向とは

    セクシーな“背中”に魅せられて配信初週に60万人以上がプレイ!9割以上が男性という『勝利の女神:NIKKE』のユーザー数動向とは

  3. マイクロソフトのSteam版『CoD』発売約束は“必要なし”―Valveのゲイブ・ニューウェルが語る

    マイクロソフトのSteam版『CoD』発売約束は“必要なし”―Valveのゲイブ・ニューウェルが語る

  4. コジマプロダクションから例の謎メッセージ…今回は「HOW」から「WHY」へ、12月9日のTGAに期待

  5. 『クラッシュ・バンディクー』新作登場か?明日開催「The Game Awards」での新発表ほのめかす

  6. 中裕司容疑者が金融商品取引法違反の疑いで再逮捕―新作ゲームの重要情報を元に約1億4470万円の株式買付の報道

  7. 「楽天」でニンテンドースイッチ(有機ELモデル)が、まさかの50%オフ!ただし3台限定、鬼畜を極めた“無理ゲー”状態に

  8. 保護者の同意なしではチャットやアイテム購入など一部機能が制限―Epic Gamesが若年ユーザー向けの「機能限定アカウント」を導入

  9. 小島監督が新作収録風景と思しき写真を投稿!『デススト』関連を匂わせるコジプロスタッフの気になる言及も

  10. ガールズACT『サムライメイデン』が初登場1位!Steam売上ランキングまとめ―特徴的なアートスタイルの『Need for Speed Unbound』も健闘

アクセスランキングをもっと見る

page top