5 in 1なハイスペゲーミングUMPC「ONEXPLAYER2」国内予約開始!お披露目イベントも | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

5 in 1なハイスペゲーミングUMPC「ONEXPLAYER2」国内予約開始!お披露目イベントも

サブ機としてだけでなく、ノートPCの買い替えを考えているユーザーの選択肢に入ってもおかしくないUMPCであると感じました。

PC Windows
5 in 1なハイスペゲーミングUMPC「ONEXPLAYER2」国内予約開始!お披露目イベントも
  • 5 in 1なハイスペゲーミングUMPC「ONEXPLAYER2」国内予約開始!お披露目イベントも
  • 5 in 1なハイスペゲーミングUMPC「ONEXPLAYER2」国内予約開始!お披露目イベントも
  • 5 in 1なハイスペゲーミングUMPC「ONEXPLAYER2」国内予約開始!お披露目イベントも
  • 5 in 1なハイスペゲーミングUMPC「ONEXPLAYER2」国内予約開始!お披露目イベントも
  • 5 in 1なハイスペゲーミングUMPC「ONEXPLAYER2」国内予約開始!お披露目イベントも
  • 5 in 1なハイスペゲーミングUMPC「ONEXPLAYER2」国内予約開始!お披露目イベントも
  • 5 in 1なハイスペゲーミングUMPC「ONEXPLAYER2」国内予約開始!お披露目イベントも
  • 5 in 1なハイスペゲーミングUMPC「ONEXPLAYER2」国内予約開始!お披露目イベントも

2月8日、東京・秋葉原にあるUMPC専門店ハイビーム秋葉原店にて、ゲーミングUMPC「ONEXPLAYER」シリーズの最新機「ONEXPLAYER2」のお披露目イベントが実施されました。

本稿では、お披露目イベントの様子と、かなり魅力的で贅沢な仕様となった「ONEXPLAYER2」の見本機のレポートをお届けします。

ハイビーム秋葉原店には、2つのカラーのONEXPLAYER2実機が展示。
ONEXPLAYERs創設者件CEOのジャック氏とのオンラインQ&Aも実施。

「ONEXPLAYER2」は、ニンテンドースイッチライクなゲームパッドの脱着ギミックを持つ5 in 1のゲーミングUMPCです。

スペックは、2560x1600(358PPi eRGB)の8.4インチディスプレイ(グレア)、AMD Ryzen 7 6800UとAMD Radeon 680Mを搭載したAPU、16GB or 32GBのメモリ、最大2TBのストレージ、専用設計によるHARMAN認定の12mmx27mmの大型スピーカーを搭載。Surfaceのような別売りの外付け専用キーボードも装着可能な他、ニンテンドースイッチのように本体から切り離せるゲームパッドのサムスティックにはAlps社製のものを採用し、スムーズなゲーム操作を可能としています。会場では『エルデンリング』がスムーズにプレイできていました。

17100mAhと非常に大容量のバッテリーを内蔵しており、『Forza Horizon 5』が1280x800/30fpsで330分プレイできるとのこと。また、NvidiaのGPU推奨とはなりますがeGPUにも対応しています。

Surfaceのような外付けのタイプカバーキーボードや、筆圧4096でSurface Penやその互換ペンが使えるため、ビジネスやクリエイティブな作業でも活躍できそうです。

実際に触ってみたところ、本体が716g(ゲームパッドを装着すると858g)あり、ずっしりとした重さを感じますが、ゲームパッドのホールド感が良いため、すぐに手が疲れてくることはなさそうです。スティックやボタンの配置はかなり洗練されており使い心地もなかなかです。

専用キーボードはバッテリーレスでディスプレイも保護してくれて便利ですが打鍵感は少し安っぽい感じ。
ハイスペックで大型のファンも搭載していることもあってか厚みはなかなか。

会場では試すことができませんでしたが、取り外した左右のゲームパッドを合体させて一般的なワイヤレスゲームパッドのように使用できるアタッチメントや、専用ドッキングステーションも用意されるとのこと。

不具合や故障があった際の対応も国内で受けられるそうなので、サブ機としてだけでなく、ノートPCの買い替えを考えているユーザーの選択肢に入ってもおかしくないUMPCであると感じました。

「ONEXPLAYER2」は3月31日発売予定で現在予約受付中。予約した場合10%オフ(149,400円から)になるほか、2月20日までに予約すれば専用ケースとキーボードがプレンゼントされます。

《蟹江西武》
【注目の記事】[PR]

PC アクセスランキング

  1. ついに正式版を迎える『7 Days to Die』1.0リリースノート公開!新たなキャラクリやセット装備、探索スポット、ランダム世界改善など超盛りだくさん

    ついに正式版を迎える『7 Days to Die』1.0リリースノート公開!新たなキャラクリやセット装備、探索スポット、ランダム世界改善など超盛りだくさん

  2. HD-2Dリメイク版『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』だけでなく『ドラゴンクエストI&II』もSteamストアページ公開!両作品の「日本語音声対応」表記とは…?

    HD-2Dリメイク版『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』だけでなく『ドラゴンクエストI&II』もSteamストアページ公開!両作品の「日本語音声対応」表記とは…?

  3. シングルプレイでレイド体験!ハクスラ3DアクションRPG『Sil and the Fading World』Steamストアページ公開

    シングルプレイでレイド体験!ハクスラ3DアクションRPG『Sil and the Fading World』Steamストアページ公開

  4. クラフトゾンビサバイバル『7 Days to Die』ついに6月25日正式リリース!約12年の早期アクセス期間経て

  5. NPCは存在しない―生産交易建築すべてがプレイヤーの手で紡がれる中世ファンタジーMMO『Pax Dei』Steam早期アクセス配信開始!

  6. 海賊テーマの街づくり&リアルタイムストラテジー『Republic of Pirates』配信開始!

  7. “非常に好評”ツインスティックシューター探索型ACT『Rusted Moss』大型アップデート―7~8時間分のコンテンツ追加

  8. 最大4人で部族を導け!季節を越えて生き延びるヴァイキングサバイバル『ASKA』Steam早期アクセス開始

  9. 新作オープンワールドサバイバルADV『Dawn of Defiance』開発者ダイアリーで新情報が公開―マップやUI改善、マルチプレイなどが進行中

  10. HD-2D版『ドラゴンクエストIII』新映像や特典に「見知らぬ職業」…“追加職業”登場なるか

アクセスランキングをもっと見る

page top