“全てを終わらせること”まで考えていた―『VALORANT』プロゲーマーがうつ病を告白 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

“全てを終わらせること”まで考えていた―『VALORANT』プロゲーマーがうつ病を告白

チームは彼にとって「2番目の家族」

ゲーム文化 eスポーツ
“全てを終わらせること”まで考えていた―『VALORANT』プロゲーマーがうつ病を告白
  • “全てを終わらせること”まで考えていた―『VALORANT』プロゲーマーがうつ病を告白
  • “全てを終わらせること”まで考えていた―『VALORANT』プロゲーマーがうつ病を告白
  • “全てを終わらせること”まで考えていた―『VALORANT』プロゲーマーがうつ病を告白

プロゲーミングチーム「Team Vitality」の『VALORANT』部門に所属するTwisten選手が、文書投稿サービス「TwitLonger」を通じ、自身がうつ病に悩まされていたことを告白しています。

Twisten選手はデュエリストとして活躍する19歳の若きプレイヤー。昨年11月に「Team Vitality」に加入しました。現在ブラジル・サンパウロで開催中の「VCT LOCK//IN」にも出場。初戦を突破するも、第2戦では強豪チーム「Leviatán」にマップスコア0-2で敗北を喫し、大会からの敗退が決定しました。

投稿された文書では、まずTwisten選手がLeviatán戦後の記者会見を欠席した理由を説明しています。大敗を喫した直後では「新鮮な空気が必要だった」とし、怒りや無謀な行動からではないと釈明しつつ、Leviatánはより良いプレイをしていたと賛辞を送りました。

続けて、彼が抑うつ状態にあったことを告白しています。

昨年12月に行われたコミュニティ大会「Red Bull Home Ground」を終えた後、彼はクリスマス休暇のために一度故郷チェコに帰国しました。そして、2年間戦ってきたうつ病が急速にエスカレートし、自傷行為におよび“全てを終わらせること”まで考えていました。彼は父親に救われ、数日の間医療施設に入院したとのこと。この時のことを「人として、プロアスリートとして最も辛い時期であった」と振り返っています。

また、彼にとってチームは2番目の家族であると述べ、自傷行為の跡を隠す必要なく快適なプレイ環境を整えてくれたチームスタッフとメンバーにたくさんの言葉を使って感謝を示しています。

文書の最後では、チームと支えてくれた全ての人々のために戦う覚悟を見せ、チームの応援ハッシュタグ「#VforVictory」で締めくくっています。

Twisten選手とTeam Vitalityが挑むインターナショナルリーグは、3月に開幕予定です。

《Okano@RUGs》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「進撃の巨人」のシガンシナ区を『マイクラ』で再現!エレン家の内部まで緻密に構築

    「進撃の巨人」のシガンシナ区を『マイクラ』で再現!エレン家の内部まで緻密に構築

  2. 実写ドラマ「フォールアウト」シーズン2にはニューベガスを牛耳るあのキャラクターも関与―制作スタッフが明らかに

    実写ドラマ「フォールアウト」シーズン2にはニューベガスを牛耳るあのキャラクターも関与―制作スタッフが明らかに

  3. プレイヤーが独自の経済や流通を構築できるオープンワールドゲームってあるの?

    プレイヤーが独自の経済や流通を構築できるオープンワールドゲームってあるの?

  4. ゲーム自体は好きなんだけど…。「プレイヤーが原因でゲームをやめたことはある?」の質問に寄せられた多数のタイトル

  5. リアル世界を『マイクラ』で再現!?コーネル工科大学院生、Googleマップの3Dタイルを『マインクラフト』のボクセルに変換する技術を開発

  6. 『サイバーパンク2077』おしゃべり銃「スキッピー」の限定版レプリカが予約開始!

  7. 『8番出口』に”両方の”『AC6』も!「RTA in Japan Summer 2024」取り扱いゲーム発表

  8. 『ELDEN RING』DLC「SHADOW OF THE ERDTREE」ユーザー評価は?SteamレビューやMetacriticユーザースコアから見る

  9. 『VALORANT』新スキン「エヴォリ・ドリームウィングス」は同スキンが近くにいると使い魔がニッコニコに!変わる表情、プレイヤーと一緒にジャンプなどこれまでにない要素が盛りだくさん

  10. “AI生成”疑惑も―『ポケカ』イラストコンテスト応募者に規約違反があったとして一部の応募を失格へ

アクセスランキングをもっと見る

page top