『ポケモンSV』オフライン決勝へ繋がる重要な大会で複数の不具合が確認―運営側は参加者へメールで謝罪、統計はとれていると強調 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ポケモンSV』オフライン決勝へ繋がる重要な大会で複数の不具合が確認―運営側は参加者へメールで謝罪、統計はとれていると強調

追加の対応も含めて検討しているとのこと。

ゲーム文化 eスポーツ
『ポケモンSV』オフライン決勝へ繋がる重要な大会で複数の不具合が確認―運営側は参加者へメールで謝罪、統計はとれていると強調
  • 『ポケモンSV』オフライン決勝へ繋がる重要な大会で複数の不具合が確認―運営側は参加者へメールで謝罪、統計はとれていると強調

5月14日(日)に行われた、『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』の公式大会「ポケモンジャパンチャンピオンシップス2023(以下、PJCS2023)」ゲーム部門にて、複数の不具合が起こっていると話題を集めました。運営側はこれに対して参加者にメールで不具合の内容を説明、謝罪しています。

PJCS2023は『ポケモン』バトルの日本一を決める大会です。年齢によってジュニア・シニア・マスターの3つに分けられたカテゴリのなかで予選を勝ち抜いた各カテゴリ上位150名が、5月14日に行われた本戦に挑みました。

本戦は6月10日・11日に行われる決勝に続く重要な戦いです。しかし、不具合によって対戦した回数や自身のレートを確認することができないほか、一度対戦した相手と再びマッチしてしまう、意図した画面が表示されないなどの不具合が確認されたとのこと。

これについては現在原因を特定している最中であり、調査結果次第では追加の対応も検討していくとしています。

なお、今回行われた大会のデータは問題なく取れており、本戦の成績を不当に無効にすることはないと説明しています。

《Okano@RUGs》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 2003年、のちのゲーム史を分けたかもしれない「残り開発期間12ヶ月」の判断―幻の旧『Fallout 3』開発中止の裏側を初代『Fallout』主要スタッフが明かす

    2003年、のちのゲーム史を分けたかもしれない「残り開発期間12ヶ月」の判断―幻の旧『Fallout 3』開発中止の裏側を初代『Fallout』主要スタッフが明かす

  2. 30年の時を経て初のプラモデル化!SFC向けACT『超攻合神サーディオン』伝説の超攻アーマー「サーディオン」―森木靖泰氏監修

    30年の時を経て初のプラモデル化!SFC向けACT『超攻合神サーディオン』伝説の超攻アーマー「サーディオン」―森木靖泰氏監修

  3. 166時間ぶっ続けの配信で『エルデンリング』をクリアした海外ストリーマーがDLCに挑戦―気合いの入った予告映像も公開

    166時間ぶっ続けの配信で『エルデンリング』をクリアした海外ストリーマーがDLCに挑戦―気合いの入った予告映像も公開

  4. ゲーム自体は好きなんだけど…。「プレイヤーが原因でゲームをやめたことはある?」の質問に寄せられた多数のタイトル

  5. 『StS』『マイクラ』にWindowsの『ピンボール』…毎日飽きずにプレイできるゲームは何ですか?

  6. 90年代3D格闘ACT『メタルフィスト』と日本未発売続編を収録した『Fighting Force Collection』発表!

  7. 最大4人での協力プレイも可能な街づくり&ライフシム『Go-Go Town!』早期アクセス開始!

  8. 初代PSのアニメ風アクションADV『Fear Effect』現世代機移植版が2025年発売決定!

  9. 焦土作戦実行!『崩壊:スターレイル』よりホタル…ではなく「サム」がまさかのアクションフィギュア化

  10. ニューラル・ネットワークがゴーストを制御する除霊Co-opホラー『Bureau of Contacts』早期アクセス開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top