なぜ、選ばれなかったビアンカは独身を貫いたのか?その切ない理由を『ドラクエ』生みの親、堀井雄二氏が語る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

なぜ、選ばれなかったビアンカは独身を貫いたのか?その切ない理由を『ドラクエ』生みの親、堀井雄二氏が語る

選ばれなかったビアンカが、独身を貫いた理由が切ない。

ゲーム文化 レトロゲーム
なぜ、選ばれなかったビアンカは独身を貫いたのか?その切ない理由を『ドラクエ』生みの親、堀井雄二氏が語る
  • なぜ、選ばれなかったビアンカは独身を貫いたのか?その切ない理由を『ドラクエ』生みの親、堀井雄二氏が語る
  • なぜ、選ばれなかったビアンカは独身を貫いたのか?その切ない理由を『ドラクエ』生みの親、堀井雄二氏が語る
  • なぜ、選ばれなかったビアンカは独身を貫いたのか?その切ない理由を『ドラクエ』生みの親、堀井雄二氏が語る
  • なぜ、選ばれなかったビアンカは独身を貫いたのか?その切ない理由を『ドラクエ』生みの親、堀井雄二氏が語る
  • なぜ、選ばれなかったビアンカは独身を貫いたのか?その切ない理由を『ドラクエ』生みの親、堀井雄二氏が語る
「ビアンカ」に対するコメントは、1時間30分辺りから。

『ドラゴンクエストV』の結婚イベントにおいて、主人公から選ばれなかったビアンカがずっと独身を貫いたのは、「主人公のことが忘れられなかったから」。シリーズ生みの親である、堀井雄二氏のコメントが大きな注目を集めています。

◆決着が付かない“ビアンカ・フローラ論争”とは

画像はスマートフォンアプリ『ドラゴンクエストウォーク』より。

同作品は1992年9月27日にスーパーファミコン版が発売。のちに2004年にPlayStation2版、2008年にニンテンドーDS版、2014年にスマートフォン版と幅広い機種で展開されてきました。

『ドラクエV』最大の特徴と言えば、人生のパートナーをプレイヤー自らが選ぶ“結婚”イベントでしょう。「ビアンカ」「フローラ」という2大ヒロインのうち、どちらを選ぶかという“ビアンカ・フローラ論争”は、ゲームファンにとって長年決着が付かない話題として非常に有名。

さらにニンテンドーDS版に第3の花嫁候補「デボラ」が追加されたことで、どの花嫁にすべきか、より大きな議論を呼びました。

◆選ばれなかったビアンカの“その後”

そんな『ドラクエV』を、シリーズの大ファンとして知られる中川翔子さんが自身のYouTubeチャンネルにて生配信。そこに堀井氏はゲストして招かれており、ゲームでは描かれなかった結婚イベントの裏側について語っています。

主人公に選ばれなかったビアンカが、ずっと独身を貫いた理由を尋ねられた堀井氏は、「主人公のことが忘れられなかったから」と回答。その後、なにかと出会いがあるのでは?との質問に対しても、「(ビアンカの)心が動かなかった」と語っています。

その切ない裏設定を聞いて、“金とイオナズン”を理由にフローラ派を公言する中川さんも、「ええっ!? 堀井さん…!」と絶叫。配信終盤までどちらを選ぶべきか、頭を抱え続けることとなりました。


ゲームファンにとって、お馴染みといえるこのテーマ。原作となるスーパーファミコン版が発売されてから30年以上経った現代においても、同作は語り尽くせない名作として人気を集めています。


交響組曲「ドラゴンクエストV」天空の花嫁
¥2,388
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《ねんね太郎》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ゲーム自体は好きなんだけど…。「プレイヤーが原因でゲームをやめたことはある?」の質問に寄せられた多数のタイトル

    ゲーム自体は好きなんだけど…。「プレイヤーが原因でゲームをやめたことはある?」の質問に寄せられた多数のタイトル

  2. 自分だけのディストピア未来都市を建設する『Dystopika』Steamで発売―目的も勝ち負けもない心地良い現実逃避であなたは幸せです

    自分だけのディストピア未来都市を建設する『Dystopika』Steamで発売―目的も勝ち負けもない心地良い現実逃避であなたは幸せです

  3. 【メカスマインパクト】で「モスピーダ」「聖刻1092」「リューナイト」など多くの関連商品が発表!『スパロボ30』の「アルティメットダンクーガ」驚愕の追加合体ロボ設定も明らかに

    【メカスマインパクト】で「モスピーダ」「聖刻1092」「リューナイト」など多くの関連商品が発表!『スパロボ30』の「アルティメットダンクーガ」驚愕の追加合体ロボ設定も明らかに

  4. 2003年、のちのゲーム史を分けたかもしれない「残り開発期間12ヶ月」の判断―幻の旧『Fallout 3』開発中止の裏側を初代『Fallout』主要スタッフが明かす

  5. 166時間ぶっ続けの配信で『エルデンリング』をクリアした海外ストリーマーがDLCに挑戦―気合いの入った予告映像も公開

  6. 30年の時を経て初のプラモデル化!SFC向けACT『超攻合神サーディオン』伝説の超攻アーマー「サーディオン」―森木靖泰氏監修

  7. 戦略的なFPSバトルと没入感が楽しめるマルチプレイ脱出ホラー『Level Zero: Extraction』早期アクセス開始日決定!

  8. ハードコアPvEvPタクティカル脱出シューター『Project L33T』早期アクセス開始日決定!

  9. “非常に好評”の単純作業ジオラマ作成シム『Diorama Builder』Steamにて正式リリース―ボクセルで表現されたミニチュアを心行くまで組み上げる

  10. 『ペルソナ』シリーズの影響受けた日本舞台の農業生活シム『サニーサイド』配信開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top