赤字続きの崖っぷちサンソフト救った「なぜ過去の財産に目をむけないのか」海外経営者の声―復活の裏の切実な“ぶっちゃけ”飛び出た『マドゥーラの翼』『リップルアイランド』など移植クラファン実施へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

赤字続きの崖っぷちサンソフト救った「なぜ過去の財産に目をむけないのか」海外経営者の声―復活の裏の切実な“ぶっちゃけ”飛び出た『マドゥーラの翼』『リップルアイランド』など移植クラファン実施へ

近年は存在感の薄かったサンソフト、その裏には壮絶な役員交代劇があった……。

ゲーム文化 レトロゲーム
赤字続きの崖っぷちサンソフト救った「なぜ過去の財産に目をむけないのか」海外経営者の声―復活の裏の切実な“ぶっちゃけ”飛び出た『マドゥーラの翼』『リップルアイランド』など移植クラファン実施へ
  • 赤字続きの崖っぷちサンソフト救った「なぜ過去の財産に目をむけないのか」海外経営者の声―復活の裏の切実な“ぶっちゃけ”飛び出た『マドゥーラの翼』『リップルアイランド』など移植クラファン実施へ
  • 赤字続きの崖っぷちサンソフト救った「なぜ過去の財産に目をむけないのか」海外経営者の声―復活の裏の切実な“ぶっちゃけ”飛び出た『マドゥーラの翼』『リップルアイランド』など移植クラファン実施へ
  • 赤字続きの崖っぷちサンソフト救った「なぜ過去の財産に目をむけないのか」海外経営者の声―復活の裏の切実な“ぶっちゃけ”飛び出た『マドゥーラの翼』『リップルアイランド』など移植クラファン実施へ
  • 赤字続きの崖っぷちサンソフト救った「なぜ過去の財産に目をむけないのか」海外経営者の声―復活の裏の切実な“ぶっちゃけ”飛び出た『マドゥーラの翼』『リップルアイランド』など移植クラファン実施へ
  • 赤字続きの崖っぷちサンソフト救った「なぜ過去の財産に目をむけないのか」海外経営者の声―復活の裏の切実な“ぶっちゃけ”飛び出た『マドゥーラの翼』『リップルアイランド』など移植クラファン実施へ

サンソフトは、自社の80年代タイトル3本の復活を目標とするクラウドファンディングプロジェクトを発表しました。

『マドゥーラの翼』『リップルアイランド』など3本の移植目指す

今回復活を目指すのは、ファミリーコンピュータ向けに発売された『かんしゃく玉なげカン太郎の東海道五十三次』『マドゥーラの翼』『リップルアイランド』の3作品です。リメイク・リマスターではなく「移植」を目標としており、Steamおよびニンテンドースイッチ向けの販売を予定しています。

中でも『マドゥーラの翼』のオリジナル版は独自の音源チップを採用しており、完全な移植が難しかったためなかなか開発に踏み切ることができなかったとのこと。このプロジェクトは、最高の音質で再現したいという思いも込められているといいます。

クラウドファンディングは7月13日18時から8月31日23時59分までの約1ヶ月半実施予定で、目標額である600万に満たなかった場合不成立となり、支援金が返金されるAll-or-Nothing方式で行われます。

加えて、当時7社しかできなかったという自社ブランド名を刻印したファミコンカセット(ROMなし)の復刻も予定。達成後のネクストゴールとして、当時の賞品用カセットを思い起こさせる金色カセットも目標にしているとのことです。

他にも原画を元にしたグッズや復刻版ファンクラブ会員証、一般販売も予定のサンソフトヒストリー本やサンソフト開発チームの職場見学&座談会など様々な特典が用意されています。

サンソフトは会社のお荷物だった!?ぶっちゃけ話がスゴイ

眠っていた当時の資料

サンソフトはこれまで消滅せず存続していましたが、実際にはほぼ瀕死状態だったとのこと。有名なファミコン・スーパーファミコン期以降は自由にゲームが作れていたものの、その後は大人の事情によりゲームを作ることができなくなり、それに失望した社員の退社も相次いだといいます。

その後美少女ゲームやBL、VRなど様々な分野に挑戦したものの撃沈を繰り返し、気づけば赤字続きのお荷物チームになってしまいました。そしてサン電子の経営状態が悪くなっていくにつれ状況も厳しくなっていき、3,4年ほど前には苦渋の決断を迫られていたといいます。

そんな中、大株主の香港ファンド・オアシスマネジメントが取締役の解任と刷新を提案。当時の役員はこれに反対したものの、臨時株主総会にて可決され、交代が決まりました。これにより当時のサンソフトチームが信じていたものがひっくり返り、今まで見ていた数字や存在意義、あらゆる価値観の見直しを要求されることになったといいます。

眠っていた当時の資料

そんな中、サンソフトチームと新役員との間で話し合いが行われ、「君たちは何故、過去の財産に目をむけないのか」と言われたとのこと。その一言がサンソフト復活プロジェクトへの大きなきっかけになったといいます。

サンソフト復活プロジェクトは話題を呼んだマルチプレイACT『いっき団結』や、7月6日発売予定の『ギミック! スペシャルエディション』、カラー化も行われたGB名作復刻版『トリップワールドDX』や、フェルト風のデザインで蘇るリメイク版『へべれけ』など数々のプロジェクトが動いており、レトロゲームファンの心を掴んでいます。

そんなサンソフトの次期復活プロジェクトとなる80年代作品復刻プロジェクトは、CAMPFIREにて7月13日18時より実施されます。

《みお》

超雑食の若年ゲーマー みお

2021年3月よりフリーでゲームライターをしています。現在はGame*SparkとIGN JAPANで活動し、稀にINSIDEにてニュース記事を執筆しています。お仕事募集中。ゲームの趣味は雑食で、気になったものはクラシックゲームから新しいゲームまで何でも手を出します。主食はシューター、ADV、任天堂作品など。ジャンルやフランチャイズの歴史を辿るのも好きです。ゲーム以外では日本語のロックやアメコミ映画・コメディ映画、髪の長いお兄さんが好きです。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. チョロQ風ラリーレースゲーム『SuperSpec Rallycross』デモ版公開!可愛い車で爆走

    チョロQ風ラリーレースゲーム『SuperSpec Rallycross』デモ版公開!可愛い車で爆走

  2. プレイ時間約87時間!1度もAボタンを押さずに『スーパーマリオ64』のクリアが達成される

    プレイ時間約87時間!1度もAボタンを押さずに『スーパーマリオ64』のクリアが達成される

  3. 堀井雄二氏が『ドラクエ3リメイク』をテストプレイしていることを明かす…2年半続報なくも開発は進んでいる模様

    堀井雄二氏が『ドラクエ3リメイク』をテストプレイしていることを明かす…2年半続報なくも開発は進んでいる模様

  4. 自動販売機を設置、補充、価格設定してビジネス拡大を目指す『Vending Machine Business Simulator』Steamストアページ公開

  5. 早期アクセス時点で“非常に好評”カリブ海オープンワールドサバイバル『Survival: Fountain of Youth』Steamで正式リリース

  6. REJECTにVTuber「URS-No.1005(とおこ)」が加入!「The k4sen」優勝経験もある手練れ『LoL』プレイヤー

  7. 『TES』シリーズ初期作品の開発者らによる新作オープンワールドRPG『The Wayward Realms』Kickstarterが現地5月30日から開始

  8. 物理演算レースアクション『Screw Drivers』無料ゲームとして2024年に早期アクセス予定!

  9. 極寒世界を生き抜くオープンワールドサバイバルクラフト『Permafrost』発表!

  10. サウジ開催「eスポーツワールドカップ」の『チームファイト タクティクス』競技詳細が発表…FNATICやT1は部門を設立

アクセスランキングをもっと見る

page top