駅名看板が『人生ゲーム』になった…京成電鉄・青砥駅 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

駅名看板が『人生ゲーム』になった…京成電鉄・青砥駅

鉄道の駅は人生の縮図? いや、人生ゲームの縮図だ……。京成電鉄・青砥駅(東京都葛飾区)の駅名看板76面が『人生ゲーム』仕様に変更された。タカラトミー・京成電鉄・葛飾区のコラボレーション企画だ。

ゲーム文化 その他
人生ゲーム55周年記念青砥駅オリジナル駅名看板お披露目式典
  • 人生ゲーム55周年記念青砥駅オリジナル駅名看板お披露目式典
  • 京成電鉄・青砥駅オリジナル駅名看板装飾『人生ゲーム』仕様
  • 人生ゲーム55周年記念青砥駅オリジナル駅名看板お披露目式典
  • 人生ゲーム55周年記念青砥駅オリジナル駅名看板お披露目式典
  • 京成電鉄・青砥駅オリジナル駅名看板装飾『人生ゲーム』仕様
  • 鈴川絢子
  • 京成電鉄・青砥駅オリジナル駅名看板装飾『人生ゲーム』仕様
  • 京成電鉄・青砥駅オリジナル駅名看板装飾『人生ゲーム』仕様

鉄道の駅は人生の縮図? いや、人生ゲームの縮図だ……。京成電鉄・青砥駅(東京都葛飾区)の駅名看板76面が『人生ゲーム』仕様に変更された。タカラトミー・京成電鉄・葛飾区のコラボレーション企画だ。

タカラトミーの国民的盤ゲーム、人生ゲームが今2023年に発売55周年を迎えることを記念した、このコラボ企画は7月19日から始まった。タカラトミーの本社が葛飾区にあり、これまで2018年から計4回、「まちあそび人生ゲームIN葛飾」が開催されている。

◆駅名看板76面をに変更

今回の企画では、京成電鉄・青砥駅の駅名看板76面を「人生ゲーム仕様」に変更した。7月19日から青砥駅入口看板を皮切りに順次変更し、作業は7月20日始発までに完了した。駅全体で「人生ゲーム」の世界観を楽しめる。

企画のスタートに際して7月19日には、青砥駅2階上りホームで「人生ゲーム55周年記念青砥駅オリジナル駅名看板お披露目式典」が開催された。式典にはタカラトミーの富山彰夫取締役副社長、京成電鉄の小林敏也代表取締役社長、葛飾区の青木克德区長が登壇、来賓として葛飾区議会の峯岸良至議長、MCとして鉄道好きタレントの鈴川絢子が出席した。

駅名看板企画に連動して、葛飾区内にある京成線の8つの駅と、青戸商店会連合会と連携した「~人生ゲーム55周年記念~京成線デジタルスタンプラリーin葛飾」を、7月20日から8月31日まで実施中だ。

◆販売個数は累計1600万個

タカラトミーの人生ゲームは、ルーレットを回してマス目を進み、人生の様々なイベントを経て億万長者を目指す盤ゲームだ。「人生山あり谷あり~」のコピーで始まるテレビコマーシャルと共に、1968年9月に発売された。

初代人生ゲームは、1960年にアメリカで発売された『THE GAME OF LIFE』の直訳版に近いものだった。1983年に発売した3代目から日本オリジナルの内容となり、時代の世相やトレンドを反映させながら、話題性のあるゲームとして展開されてきた。

人生ゲームは大きく2つのカテゴリーで展開しており、フラッグシップモデルである「スタンダード版」と、キャラクターコラボレーションやトレンドイベントなどを取り入れた「テーマライン版」がある。累計販売個数は1600万個を超えている。

◆最新作は多様な価値観を反映

2023年4月発売の人生ゲームが、スタンダード版としては7年ぶりにリニューアルされた歴代8代目、シリーズトータル73作目となる。ルーレットを回して出た数を進み、お金を多く得た人が勝ちという基本に変更はないが、現代の価値観がより多様化したことを鑑みて、これまで以上に幅広い人生の選択を楽める。

例えば「結婚」の選択はルーレット次第に変更になり、様々なライフスタイルを楽しめる追加コースが付属するほか、コマ(車)に乗せていた人物ピンはこれまでのピンクと水色の2色に加えて、新たに白・緑・赤・黄色の4色のカラフルなピンを追加した。

時代を反映する「お宝カード」には「デジタルアート」「フォロワー8万人」「超高性能VRゴーグル」などが追加された。マス目コピーには、初代から続く伝統的なワード「羊がとなりの家のランを食った」や「火星から使者がきた」などを取り入れているほか、「昆虫食」、「キャンプ場」、「サブスク」、「リモート会議」などのトレンドワードを取り入れた。

《高木啓@レスポンス》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

    最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

  2. 日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

    日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

  3. 大会よりもホロライブ?「CAPCOM CUP X」で世界王者に輝いたUMA選手が今後について語る―「日本語と英語をしっかり勉強が大切ですね」

    大会よりもホロライブ?「CAPCOM CUP X」で世界王者に輝いたUMA選手が今後について語る―「日本語と英語をしっかり勉強が大切ですね」

  4. 『モンハン』20周年記念番組が放送決定!約2時間の特大ボリューム、なお『モンハンワイルズ』の情報はなし

  5. 『ラスアス』『アンチャ』ディレクターのニール・ドラックマン氏、大作ゲーム開発からの引退を考え始める…“信じられないようなストレス”にさらされるようになった

  6. 『アーマードコア』シリーズより「オーメル TYPE-LAHIRE ステイシス」が豪華フルパッケージ仕様に!ゲーム内同様に機体のアセンブルを変更可能

  7. どこか懐かしい俯瞰視点ヘリコプターシューター『Megacopter』6月Steam配信予定!

  8. 「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

  9. ボードゲーム版『Dying Light』のKickstarterが開始! 既に目標を大きく超える6000万円以上が集まる

  10. 「ゲームを遊ぶのをやめて、コール・オブ・デューティに応えよ」…米警察が『CoD』モチーフの求人広告を掲載、批判を受けて謝罪

アクセスランキングをもっと見る

page top