Google、生成AIによる検索「SGE」を日本でも試験開始。質問に文章で回答、会話形式で再検索も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Google、生成AIによる検索「SGE」を日本でも試験開始。質問に文章で回答、会話形式で再検索も

Googleが2023年5月のGoogle I/Oで発表し、米国で先行して実施していた生成AIによる検索体験(SGE:Search Generative Experience)の試験運用を日本とインドでも開始しました。デスクトップのChromeブラウザとAndroidおよびiOSのGoogleアプリで利用できます。

ゲーム文化 その他
Google、生成AIによる検索「SGE」を日本でも試験開始。質問に文章で回答、会話形式で再検索も
  • Google、生成AIによる検索「SGE」を日本でも試験開始。質問に文章で回答、会話形式で再検索も
  • 上:SGEでの結果、下:Bardでの結果
  • Google、生成AIによる検索「SGE」を日本でも試験開始。質問に文章で回答、会話形式で再検索も

Googleは生成AIによる検索体験(SGE:Search Generative Experience)の試験運用を日本とインドでも開始しました。デスクトップのChromeブラウザとAndroidおよびiOSのGoogleアプリで利用できます。

2023年5月のGoogle I/Oで発表し、米国で先行して試験を開始していたSGEは、検索クエリに応じたAIからの回答を検索結果リストの上部に表示する機能。

従来のGoogle検索では、入力した単語や文にマッチするウェブサイトから一部を強調スニペットとして表示していましたが、SGEでは生成AIの出力した文章がそれに代わるような内容です。

大きな違いのひとつは、既存の文章から一部を抜き出すのではなく、AIがまとまった文章を生成すること。1つのサイトに依存しているわけではなく、多数のサイトを情報ソースとして利用しています。

ようするに、Googleの生成AIチャットボットBardの回答を検索結果に表示しているようなものですが、Bardでの回答とSGEでの回答はかなり異なっており、SGEは検索に特化した作りになっているようです。

上:SGEでの結果、下:Bardでの結果

なお、SGEの回答に対して追加で質問したい場合は、下部に表示される「追加で聞く」から会話形式で質問を続けることもできます。

また、SGEでは回答の参考にした関連サイトを表示してくれますが、右上のアイコンをタップすると、文章毎に参考URLを表示することも可能。今後、文章中に矢印アイコンが表示されるようになり、より確認しやすくなるとのことです。

Googleによると、米国での調査結果では検索に生成AIを導入して以来、利用者は従来よりも複雑なクエリや、まったく新しいタイプの質問をするためにSGEを使用していることが分かったとのこと。

とくに若いユーザー (18 ~ 24 歳) の間で最も高い満足度スコアが得られており、会話形式でフォローアップの質問ができるのが楽しいとの意見があるようです。

なお、生成AIによる検索体験は、Search Labsでオプトインすると利用可能になります。


《山本竜也》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

    最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

  2. 日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

    日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

  3. 『モンハン』20周年記念番組が放送決定!約2時間の特大ボリューム、なお『モンハンワイルズ』の情報はなし

    『モンハン』20周年記念番組が放送決定!約2時間の特大ボリューム、なお『モンハンワイルズ』の情報はなし

  4. 大会よりもホロライブ?「CAPCOM CUP X」で世界王者に輝いたUMA選手が今後について語る―「日本語と英語をしっかり勉強が大切ですね」

  5. 『ラスアス』『アンチャ』ディレクターのニール・ドラックマン氏、大作ゲーム開発からの引退を考え始める…“信じられないようなストレス”にさらされるようになった

  6. 『アーマードコア』シリーズより「オーメル TYPE-LAHIRE ステイシス」が豪華フルパッケージ仕様に!ゲーム内同様に機体のアセンブルを変更可能

  7. ボードゲーム版『Dying Light』のKickstarterが開始! 既に目標を大きく超える6000万円以上が集まる

  8. 「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

  9. 「ゲームを遊ぶのをやめて、コール・オブ・デューティに応えよ」…米警察が『CoD』モチーフの求人広告を掲載、批判を受けて謝罪

  10. ジュリ使いUMAが100万ドル格ゲーマーに輝いた「CAPCOM CUP X」は最も視聴されたCAPCOM CUPに…最大同接はガチくんの試合が記録

アクセスランキングをもっと見る

page top