『Lies of P』導入部分を絵本化!「デジタル絵本」配信―Steamウィッシュリスト登録キャンペーン登録件数50,000件突破リワード | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Lies of P』導入部分を絵本化!「デジタル絵本」配信―Steamウィッシュリスト登録キャンペーン登録件数50,000件突破リワード

『Lies of P』“大人のための残酷童話”がベースのダークな世界観が魅力です。

ゲーム文化 カルチャー
『Lies of P』導入部分を絵本化!「デジタル絵本」配信―Steamウィッシュリスト登録キャンペーン登録件数50,000件突破リワード
  • 『Lies of P』導入部分を絵本化!「デジタル絵本」配信―Steamウィッシュリスト登録キャンペーン登録件数50,000件突破リワード
  • 『Lies of P』導入部分を絵本化!「デジタル絵本」配信―Steamウィッシュリスト登録キャンペーン登録件数50,000件突破リワード
  • 『Lies of P』導入部分を絵本化!「デジタル絵本」配信―Steamウィッシュリスト登録キャンペーン登録件数50,000件突破リワード
  • 『Lies of P』導入部分を絵本化!「デジタル絵本」配信―Steamウィッシュリスト登録キャンペーン登録件数50,000件突破リワード
  • 『Lies of P』導入部分を絵本化!「デジタル絵本」配信―Steamウィッシュリスト登録キャンペーン登録件数50,000件突破リワード

NEOWIZは9月29日、アクションRPG『Lies of P』のキャンペーンリワードである、同作のデジタル絵本の配信を開始しました。

『Lies of P』物語の導入部分を絵本化

『Lies of P』は9月19日にリリースされた、童話「ピノッキオ」をモチーフとするソウルライクアクションRPGです。日本国内限定で行った『Lies of P』Steamウィッシュリスト登録キャンペーンで目標の50,000件を突破した際のリワードが、今回配布された『Lies of P』デジタル絵本となっています。

絵本は物語の導入部分を描いたもので、イラストは絵本作家・にしざかひろみさんが担当。PDF形式で誰でもダウンロードが可能となっています。

『Lies of P』はPS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox One/PC(Steam/Microsoftストア)/Macアプリストアで販売中。Game Passにも対応しています。






Lies of P(ライズ オブ ピー) -PS5
¥6,836
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
Lies of P(ライズ オブ ピー) -PS4
¥7,253
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《稲川ゆき》

プレイのお供は柿の種派 稲川ゆき

ゲームの楽しさに目覚めたのは25歳過ぎてからの超遅咲き。人やら都市やら、何でも育て上げるシミュレーション系をこよなく愛する、のんびりゲーマーです。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ゲーム自体は好きなんだけど…。「プレイヤーが原因でゲームをやめたことはある?」の質問に寄せられた多数のタイトル

    ゲーム自体は好きなんだけど…。「プレイヤーが原因でゲームをやめたことはある?」の質問に寄せられた多数のタイトル

  2. ポータル使いが密室からの脱出賭けて騙し合い!『Baba Is You』作者の最新ボードゲーム『Porti』無料公開

    ポータル使いが密室からの脱出賭けて騙し合い!『Baba Is You』作者の最新ボードゲーム『Porti』無料公開

  3. 最大4人での協力プレイも可能な街づくり&ライフシム『Go-Go Town!』早期アクセス開始!

    最大4人での協力プレイも可能な街づくり&ライフシム『Go-Go Town!』早期アクセス開始!

  4. 「Steamフレンドの最長オフライン記録はどのくらい?」何気ない質問が浮き彫りにする…オンラインの友人との「別れ」に向き合う人々の姿

  5. 『エルデンリング』原作のギャグ漫画が「DLC休載」へ…「皆さんと同じようにとても楽しみにしています」

  6. プレイヤーの言動に応じて生成AI技術が幽霊の行動を管理!Co-opホラー『Bureau of Contacts』近日早期アクセス開始

  7. 動物たちの乱闘ACT『Party Animals』日本初公式POP UP STOREが6月26日より東京ソラマチで開催!

  8. 「Nintendo Direct 2024.6.18」ピーク視聴者数が126万超え―「ゼルダ姫」主役の新作や約9年振り『マリオ&ルイージRPG』など意外な内容に

  9. 「もう二度と胸の小さなキャラは作らない」キャラが未成年と見做され、SteamからゲームをBANされた開発元の嘆き

  10. インディーゲームファンは要チェック!『TOKYO SANDBOX 2024』Steam特設ページが開設

アクセスランキングをもっと見る

page top