名作ゾンビゲー『Left 4 Dead 2』が初代からわずか1年でリリースされた理由とは…14年目の真実 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

名作ゾンビゲー『Left 4 Dead 2』が初代からわずか1年でリリースされた理由とは…14年目の真実

今でこそ名高い本作ですが、発表当初は初代の発売からほぼ1年での発売にボイコット運動が行われるなど、否定的な意見も多い作品でした。

ゲーム文化 カルチャー
名作ゾンビゲー『Left 4 Dead 2』が初代からわずか1年でリリースされた理由とは…14年目の真実
  • 名作ゾンビゲー『Left 4 Dead 2』が初代からわずか1年でリリースされた理由とは…14年目の真実
  • 名作ゾンビゲー『Left 4 Dead 2』が初代からわずか1年でリリースされた理由とは…14年目の真実

2009年11月17日の発売から14周年を迎えた名作ゾンビゲーム『Left 4 Dead 2』。今でこそ名高い本作ですが、発表当初は初代の発売からほぼ1年、コアゲームプレイにも大きな変更がない内容での発売にボイコット運動が行われるなど、否定的な意見も多い作品でした。14年が経った今、本作の開発における中心人物だったChet Faliszek氏がその理由についてGame Developerのインタビューで明かしています。

ジェンガのように脆いゲームエンジンに開発者たちは触れるのを躊躇

Faliszek氏曰く、初代『Left 4 Dead』のゲームエンジンには「バックグラウンドで各マップを2~3回ロードしている」といった具合にかなりの問題点が存在し、しかもその修正を行おうとするとプレイヤーキャラクターがランダムに消滅するなど、まるでジェンガタワーのように脆く繊細だったとのこと。Valveの開発者たちはその不安定な均衡に誰も触れたがらなかったといいます。

もちろん『Left 4 Dead 2』の製作の際に、初代のリリースから時間も経っておらずアップデートやDLCとして提供する方が合理的であることが問題になったそうですが、結局初代に手を加える危険を冒そうという開発者は一人も現れませんでした。Faliszek氏は「大きなリセットなしに 『Left 4 Dead 2』のようなModサポートを『Left 4 Dead』に加える方法はありませんでした」と語ります。

「身を削って作ったゲームが世に出た後に、そのゲームに問題があったと言いたくないものです。」

Faliszek氏は「身を削って作ったゲームが世に出た後に、そのゲームに問題があったと言いたくないものです。それならばむしろこの販売方法が私のアイデアだと怒られる方がよかったと言えます。」と現在までこの点が明らかにならなかった理由も吐露。そうして生まれた『Left 4 Dead 2』が現在まで14年に渡り評価される作品となったことを考えれば、これも英断だったと言えるのではないでしょうか。


タカラトミー(TAKARA TOMY) ジェンガ
¥9,385
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《焦生肉》

ゲームに関わって飯食いたい 焦生肉

ストーリー重視でゲームをプレイするけどシステムも特徴がないとイヤ!なわがままゲーマー。わがままなくせにコンプリート癖もある上つまみ食いも大好きなので積みゲーが溜まる溜まる。ゲームで飯を食うことを夢見てたらほんとにそんな機会に恵まれた。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

    最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

  2. 「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

    「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

  3. 天才赤ちゃんゲーム開発者爆誕!?インディー開発者が投稿した1枚の写真が思わぬ大喜利に発展

    天才赤ちゃんゲーム開発者爆誕!?インディー開発者が投稿した1枚の写真が思わぬ大喜利に発展

  4. 「ゲームを遊ぶのをやめて、コール・オブ・デューティに応えよ」…米警察が『CoD』モチーフの求人広告を掲載、批判を受けて謝罪

  5. ボードゲーム版『Dying Light』のKickstarterが開始! 既に目標を大きく超える6000万円以上が集まる

  6. 堀井雄二氏が『ドラクエ3リメイク』をテストプレイしていることを明かす…2年半続報なくも開発は進んでいる模様

  7. 日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

  8. こんなのあったって知ってた?レトロハードZX Spectrumの海外版『熱血硬派くにおくん』の動画を見ながらPCとゲームの進化に思いを馳せる

  9. 壮大なメインストーリーの裏で、ちまちま植物採集…オープンワールドあるある?ネタに共感する海外ゲーマー

  10. 『ラスアス』『アンチャ』ディレクターのニール・ドラックマン氏、大作ゲーム開発からの引退を考え始める…“信じられないようなストレス”にさらされるようになった

アクセスランキングをもっと見る

page top