格ゲーの祭典「EVO Japan」が入場&プレイヤー共に全日程有料化へ…メイン大会には『グラブルVSR』『鉄拳8』ほか『ストIII3rd』も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

格ゲーの祭典「EVO Japan」が入場&プレイヤー共に全日程有料化へ…メイン大会には『グラブルVSR』『鉄拳8』ほか『ストIII3rd』も

現地観戦の入場チケット1日券が2,500円~、プレイヤーチケットは2日通し券(土/日)が5,000円~となっています。

ゲーム文化 イベント
格ゲーの祭典「EVO Japan」が入場&プレイヤー共に全日程有料化へ…メイン大会には『グラブルVSR』『鉄拳8』ほか『ストIII3rd』も
  • 格ゲーの祭典「EVO Japan」が入場&プレイヤー共に全日程有料化へ…メイン大会には『グラブルVSR』『鉄拳8』ほか『ストIII3rd』も
  • 格ゲーの祭典「EVO Japan」が入場&プレイヤー共に全日程有料化へ…メイン大会には『グラブルVSR』『鉄拳8』ほか『ストIII3rd』も

2024年4月27日~28日にかけて有明GYM-EX(有明展示場)で行われる対戦格闘ゲームの祭典「EVO Japan 2024 presented by ROHTO」のメイントーナメントタイトルが発表。また、観戦入場やプレイヤーエントリーが全日程有料化されることがアナウンスされました。

メイントーナメントタイトルは以下の7タイトルです。

『Granblue Fantasy: Versus -Rising-』
『Guilty Gear -Strive-』
『THE KING OF FIGHTERS XV』
『STREET FIGHTER III 3rd STRIKE: Fight for the Future』
『STREET FIGHTER 6』
『TEKKEN 8』
『UNDER NIGHT IN-BIRTH II Sys:Celes』

また、今大会より全日程が入場・エントリーが有料となります。エントリーにはプレイヤーチケットの購入が必要となります。

現地観戦の入場チケット1日券が2,500円~、2日間通し券(土/日)が4,000円、3日間通し券が6,000円~となっています。なお、1日券(月)と3日通し券にはスタンダード(自由席/立ち見)・レギュラー(エリア指定)・プレミアム(エリア指定)が用意されています。

また、プレイヤーチケット(メイントーナメント参加権付き入場券)は2日通し券(土/日)が5,000円、3日通し券は7,000円~となっています。詳しい料金体制やチケットの購入は公式サイトをご確認ください。

《Okano@RUGs》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 海外人気サンドボックスゲーム『Garry's Mod』製作者が任天堂関連のSteamワークショップアイテムの削除要求に応じる「二度とアップロードしないでほしい」

    海外人気サンドボックスゲーム『Garry's Mod』製作者が任天堂関連のSteamワークショップアイテムの削除要求に応じる「二度とアップロードしないでほしい」

  2. 『スト6』リュウ、豪鬼の大迫力な“ミューラルアート”がTシャツに!経年とともにロゴが徐々に姿を現すクラックシャツは、手作業で数十回も塗り重ね

    『スト6』リュウ、豪鬼の大迫力な“ミューラルアート”がTシャツに!経年とともにロゴが徐々に姿を現すクラックシャツは、手作業で数十回も塗り重ね

  3. eスポーツ大会の真っ最中に「マウス充電切れ」のハプニング…!しかし咄嗟の機転でチームを勝利に導く

    eスポーツ大会の真っ最中に「マウス充電切れ」のハプニング…!しかし咄嗟の機転でチームを勝利に導く

  4. 自動化RTS『Oddsparks: An Automation Adventure』早期アクセス開始―へんてこ可愛いキャラクターの“スパーク”とクラフトし冒険の旅へ!

  5. マネ厳禁!職場でこっそり遊べるゲームって……?

  6. 『星のカービィ』生みの親・桜井政博氏がカービィを食べちゃった?美味しそうにフォークを入れる写真にファンも「だめぇぇぇぇぇ」

  7. あの狂気が再現…!映画「ジョーカー」の非公式オープンワールドゲーム映像が凄まじいクオリティ

  8. ユービーアイソフトジャパン設立30周年!「ゲームと共に、時代を生きろ」特設サイト公開&年間記念キャンペーン実施

  9. 次はあの人の…?『アーマード・コア6』新作フィギュアの予告か、魂ネイションズ公式Xが意味深なポスト

  10. ドラマ「フォールアウト」はゲーム版と矛盾?物議醸した出来事をトッド・ハワード氏が説明

アクセスランキングをもっと見る

page top