歴代「GOTY」作品覚えてる?今年の「GOTY」発表前に受賞作を振り返り!『ゼルダの伝説』から2,000万本級の大作まで | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

歴代「GOTY」作品覚えてる?今年の「GOTY」発表前に受賞作を振り返り!『ゼルダの伝説』から2,000万本級の大作まで

12月8日(日本時間)開催の「The Game Awards 2023」に向けて、過去6年分のGOTYを紹介します。

ゲーム文化 イベント
歴代「GOTY」作品、覚えてる? 今年の「GOTY」発表前に受賞作を振り返り-『ゼルダの伝説』から2,000万本級の大作まで
  • 歴代「GOTY」作品、覚えてる? 今年の「GOTY」発表前に受賞作を振り返り-『ゼルダの伝説』から2,000万本級の大作まで
  • 歴代「GOTY」作品、覚えてる? 今年の「GOTY」発表前に受賞作を振り返り-『ゼルダの伝説』から2,000万本級の大作まで
  • 歴代「GOTY」作品、覚えてる? 今年の「GOTY」発表前に受賞作を振り返り-『ゼルダの伝説』から2,000万本級の大作まで
  • 歴代「GOTY」作品、覚えてる? 今年の「GOTY」発表前に受賞作を振り返り-『ゼルダの伝説』から2,000万本級の大作まで
  • 歴代「GOTY」作品、覚えてる? 今年の「GOTY」発表前に受賞作を振り返り-『ゼルダの伝説』から2,000万本級の大作まで
  • 歴代「GOTY」作品、覚えてる? 今年の「GOTY」発表前に受賞作を振り返り-『ゼルダの伝説』から2,000万本級の大作まで
  • 歴代「GOTY」作品、覚えてる? 今年の「GOTY」発表前に受賞作を振り返り-『ゼルダの伝説』から2,000万本級の大作まで
  • 歴代「GOTY」作品、覚えてる? 今年の「GOTY」発表前に受賞作を振り返り-『ゼルダの伝説』から2,000万本級の大作まで

世界最大規模となるゲーム表彰式典「The Game Awards 2023」の開催が、いよいよ近づいてきました。「ニコニコ生放送」では、12月8日9時15分(日本時間)より、式の模様を通訳付きでライブ配信するなど、当日に向けた動きが活気づいています。

「The Game Awards 2023」の見どころといえば、最優秀作品賞にあたる「Game of the Year」(以下、GOTY)の発表でしょう。GOTY自体は、様々なメディアや団体が発表していますが、その中でも特に注目を集めるもののひとつが、「The Game Awards」のGOTYです。

気になるGOTYの発表が少しずつ近づいていますが、当日より楽しむために、これまでどんな作品が「The Game Awards」のGOTYを獲得したのか、一度振り返ってみてはいかがでしょうか? 過去6年分の受賞作の数々、どうぞご覧ください。

■2017年受賞作:『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』

『ゼルダの伝説』シリーズは国内外で長く愛され続けてきましたが、この『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』で人気はさらに膨れ上がり、プレイヤー層が更に拡大。また、シリーズの“当たり前”を見直した設計も刺激的で、多くの方が高く評価しました。

本作の大ヒットは、作品単体の成功に留まらず、同時発売された「ニンテンドースイッチ」の売り上げにも大きく貢献したほどです。現在、スイッチは押しも押されぬ人気ぶりを遂げましたが、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』という立役者あってこそと言えます。

これだけの影響力を示した本作が、『Horizon Zero Dawn』や『スーパーマリオ オデッセイ』などのライバルを抑え、2017年のGOTYを勝ち取りました。


ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド - Switch
¥6,255
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

■2018年受賞作:『ゴッド・オブ・ウォー』

前年は、任天堂の『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が選ばれましたが、翌2018年のGOTY受賞作は、SIEの『ゴッド・オブ・ウォー』が受賞。GOTYレースでも、任天堂とSIEは一歩も譲らぬ好敵手ぶりを見せています。

2018年受賞作の『ゴッド・オブ・ウォー』は、同名の人気シリーズ最新作(当時)。ですが、シリーズ1作目と同名ながらリメイクやリマスターではなく、ゲーム性はもちろん物語的にも完全な新作。ここまでのシリーズの流れを受け継ぎつつ、主人公「クレイトス」の戦いは新たな局面を迎えます。

パワフルかつ爽快感のあるバトル、息子と旅をする中で育まれる親子の絆、舞台となる北欧の厳しくも美しい大自然を描き切るグラフィックなど、多方面にわたって評価された作品です。


2019年受賞作が、“死にゲー”に新たな風を吹き込んだ!


歴代「GOTY」作品、覚えてる? 今年の「GOTY」発表前に受賞作を振り返り-『ゼルダの伝説』から2,000万本級の大作まで

《臥待 弦》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

    最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

  2. 大会よりもホロライブ?「CAPCOM CUP X」で世界王者に輝いたUMA選手が今後について語る―「日本語と英語をしっかり勉強が大切ですね」

    大会よりもホロライブ?「CAPCOM CUP X」で世界王者に輝いたUMA選手が今後について語る―「日本語と英語をしっかり勉強が大切ですね」

  3. 日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

    日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

  4. ZETA DIVISIONにストグラなどで人気の「ファン太」さんが新加入!さっそく得意なベジータの声マネを披露―「邪魔するぜぇ!」

  5. 『ラスアス』『アンチャ』ディレクターのニール・ドラックマン氏、大作ゲーム開発からの引退を考え始める…“信じられないようなストレス”にさらされるようになった

  6. 『モンハン』20周年記念番組が放送決定!約2時間の特大ボリューム、なお『モンハンワイルズ』の情報はなし

  7. ボードゲーム版『Dying Light』のKickstarterが開始! 既に目標を大きく超える6000万円以上が集まる

  8. 『アーマードコア』シリーズより「オーメル TYPE-LAHIRE ステイシス」が豪華フルパッケージ仕様に!ゲーム内同様に機体のアセンブルを変更可能

  9. 「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

  10. 「ゲームを遊ぶのをやめて、コール・オブ・デューティに応えよ」…米警察が『CoD』モチーフの求人広告を掲載、批判を受けて謝罪

アクセスランキングをもっと見る

page top