日本神話メトロイドヴァニア『Bō: Path of the Teal Lotus』配信日決定! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

日本神話メトロイドヴァニア『Bō: Path of the Teal Lotus』配信日決定!

天界から降りてきた狐天体花のボーが幻想的な世界を飛び回る。

ゲーム文化 インディーゲーム
日本神話メトロイドヴァニア『Bō: Path of the Teal Lotus』配信日決定!
  • 日本神話メトロイドヴァニア『Bō: Path of the Teal Lotus』配信日決定!
  • 日本神話メトロイドヴァニア『Bō: Path of the Teal Lotus』配信日決定!
  • 日本神話メトロイドヴァニア『Bō: Path of the Teal Lotus』配信日決定!
  • 日本神話メトロイドヴァニア『Bō: Path of the Teal Lotus』配信日決定!
  • 日本神話メトロイドヴァニア『Bō: Path of the Teal Lotus』配信日決定!
  • 日本神話メトロイドヴァニア『Bō: Path of the Teal Lotus』配信日決定!
  • 日本神話メトロイドヴァニア『Bō: Path of the Teal Lotus』配信日決定!
  • 日本神話メトロイドヴァニア『Bō: Path of the Teal Lotus』配信日決定!

Squid Shock Studiosは日本の民話を題材にした2.5Dアクションプラットフォーマー『Bō: Path of the Teal Lotus』の最新トレイラーを公開するとともに、配信日が現地時間7月18日に決定したことを発表しました。

幻想的な世界を飛び回る

本作では謎めいた神話と伝説の世界を舞台に、プレイヤーは古代からの儀式で重要な役割を果たすため天界から降りてきた存在「狐天体花」の「ボー」となり、杖の能力で幻想的な世界を跳ね回ったり優雅に飛び回って探検し、奇妙で愛らしい妖怪たちを助けたり古の伝説に基づいた巨大な怪物と戦ったりします。

主な特徴

  • 神秘と呪いの世界を探検
    メトロイドヴァニア風の2.5D横スクロールプラットフォーマーで、変化に富んだ広大な世界を探検しよう。呪われた城や、日本風の活気ある大都市など、奇妙で魅力的な数々のロケーションが登場。そして探索済みの場所に戻り、新たにアンロックされた道筋や秘密を隅々まで見つけることもお忘れなく。

  • 流れを見つけよ
    アクロバティックな精密さと優雅さ、テクニックを発揮して、高難易度のステージを踏破しよう。ボーの独特な「移動&リセット」システムを使えば、簡単に新しいエリアに到達したり、うまく進めなかった場合にやり直すことができる。

  • 杖の変化をマスターせよ
    神秘のお茶を煎じて飲み、ボーの変幻自在の杖で使える強力なアビリティをアンロックしよう。「餅の槌」で敵を叩き潰し、「ロータスダッシュ」や「グラップリングガン」などの移動スキルを発見し、旅をしながら優雅にパワーアップするのだ。

  • 強力な味方のダルマを集めよう
    カラフルなダルマを発見すると、アップグレードして戦闘に呼び出せるようになる。魔法や強力なアビリティで戦闘を支援してくれる、可愛くて頼もしい味方たちだ。

  • 幻想的な手描きの世界
    絵画的な美しさや、個性ある手描きイラスト、繊細な紙細工を融合させた、色鮮やかな2.5Dのビジュアルを体験しよう。

  • 味方と敵の妖怪たち
    奇妙で愛らしい大勢の妖怪たちや、日本の伝説に基づいたキャラクターたちが登場し、1コマずつ手描きで制作された伝統的2Dアニメーションによって生き生きと描写される。サイドクエストでキャラクターたちを助け、気が向いたら一緒に世間話をしながらお茶を飲もう。

  • 伝説に残るボス戦
    日本の民話の世界から飛び出てきた、巨大で恐ろしい怪物たちに挑め! 身に着けた知識とアクロバティックなスキルを総動員して強敵を倒し、旅を続けるのだ。

  • 音楽に合わせて
    Moisés Camargoが作曲した、日本の伝統音楽と現代のオーケストラ音楽を融合させた美しいオリジナルBGMに浸ろう。

色鮮やかな世界で繰り広げられる『Bō: Path of the Teal Lotus』はWindows/Mac(Steam)/PS5/Xbox Series X|S/ニンテンドースイッチ向けに配信予定。Steamページには日本語への対応も記載されています。


PlayStation 5(CFI-2000A01)
¥66,980
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《RIKUSYO》

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 1~4人で遊べる『テラリア』のボードゲーム登場!「Terraria: The Board Game」Kickstarterにて支援者を受付中

    1~4人で遊べる『テラリア』のボードゲーム登場!「Terraria: The Board Game」Kickstarterにて支援者を受付中

  2. 母子ゾンビサバイバル『アンダイイング』母が感染しない世界線描く新モード「キングダム」登場!

    母子ゾンビサバイバル『アンダイイング』母が感染しない世界線描く新モード「キングダム」登場!

  3. ビデオゲーム史上最高の悪役は?

    ビデオゲーム史上最高の悪役は?

  4. 『ELDEN RING』カンスト周回の最強全ボスはレベル1でもすべて倒せる―海外ストリーマー269時間に及ぶ死闘

  5. 全163タイトル中「悪い点をほとんど指摘できないゲーム」は?2024年前半metacritic“高評価ゲームランキング”発表

  6. 傑作DRPG『エルミナージュ』シリーズ復刻の兆しか?販売元がアンケートを実施中

  7. あなたのSteamアカウントは「遺産」にはならない―ある海外ゲーマーの嘆き

  8. 堀井雄二氏が「ドラクエの日」にコメント―『ドラクエ12』にも触れ、「鳥山明氏、すぎやまこういち氏の遺作に相応しいものを」と意気込みを語る

  9. 『ゼルダの伝説』“デクの樹”のレゴが発売決定!ミニフィギュアも付属し、『時のオカリナ』『BotW』それぞれのバージョンで組み立て可能

  10. プレイ時間約87時間!1度もAボタンを押さずに『スーパーマリオ64』のクリアが達成される

アクセスランキングをもっと見る

page top