『Fallout 4』男性主人公は処刑人!?ベセスダのデザイナーが初代作オープニングとの驚きのつながりを明かすも、コミュニティで賛否―ただし、プレイヤーなりの設定があればそれが正史 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Fallout 4』男性主人公は処刑人!?ベセスダのデザイナーが初代作オープニングとの驚きのつながりを明かすも、コミュニティで賛否―ただし、プレイヤーなりの設定があればそれが正史

人は過ちを繰り返す……。

ゲーム文化 カルチャー
『Fallout 4』男性主人公は処刑人!?ベセスダのデザイナーが初代作オープニングとの驚きのつながりを明かすも、コミュニティで賛否―ただし、プレイヤーなりの設定があればそれが正史
  • 『Fallout 4』男性主人公は処刑人!?ベセスダのデザイナーが初代作オープニングとの驚きのつながりを明かすも、コミュニティで賛否―ただし、プレイヤーなりの設定があればそれが正史
  • 『Fallout 4』男性主人公は処刑人!?ベセスダのデザイナーが初代作オープニングとの驚きのつながりを明かすも、コミュニティで賛否―ただし、プレイヤーなりの設定があればそれが正史
  • 『Fallout 4』男性主人公は処刑人!?ベセスダのデザイナーが初代作オープニングとの驚きのつながりを明かすも、コミュニティで賛否―ただし、プレイヤーなりの設定があればそれが正史

ベセスダ・ソフトワークス所属のエミール・パグリアルーロ氏が『Fallout 4』の男性主人公である「ネイト(デフォルトネーム)」が初代『Fallout』のとある場面に登場していたという驚きの裏設定を明らかにし、コミュニティ上で賛否が巻き起こっています。

ネイトは処刑人?

初代『Fallout』のオープニングは、ジ・インク・スポッツの「Maybe」をBGMにテレビ映像が放映され、Vault-Tecの宣伝などブラックユーモアにあふれたCMが映されます。その後徐々にカメラが引いていき、荒廃した世界が映し出されるという『Fallout』らしさにあふれる内容です。

その中のニュース番組で、カナダと併合したアメリカ軍兵士が反乱を起こした非武装のカナダ人捕虜をピストルで処刑し、カメラに向けて手を振るという衝撃的なシーンが映されます。今回議論になっているのはこのシーンです。

パグリアルーロ氏によれば、この場面で左に写っている兵士は実はネイトであったとのこと。直接殺害しているわけではないないものの、捕虜が殺された後それを見て笑っているシーンがあり、十分に残酷です。

これに対しコミュニティでは面白いつながりに興味を示す声がある一方で、「妻子を失った同情すべき主人公は捕虜を殺害するところを見て笑っていたのか?」と失望する声や、「ネイトは戦争犯罪に加担していたのか?」という意見が見られ、否定的な意見も多く見られます。また、ネイトが主人公として選ばれなかった際(女性主人公を選んだ際)、序盤で頭を撃ち抜かれて死ぬことになるのが因果だと考える人もいます。

プレイヤーが考える設定があれば、それが正史

この反応を受けて、パグリアルーロ氏は追加情報を投稿。クールな豆知識だと思っていたものをどれだけ賛否を生むか想像せず投稿してしまったといい、自身が投稿する『Fallout』の情報がすべて自動的に正史として刻まれるわけではないことを釈明。ネイトが戦争犯罪をしているという疑惑を否定しました。

開発初期のころネイトの背景についていろいろなことを話しており、兵士として地獄の日々を送ったという設定がありました。そのため、キャラを構成するために内部で初代『Fallout』とのちょっとしたつながりを持たせた設定が作られましたが、それがプレイヤーが考えるネイト像になることを意図していなかったため、これまで明かされなかったといいます。

そのため、プレイヤーが考えるネイトの兵士としての過去があれば、それが正史(canon)であり、それは今後も変わらないという旨を明かしました。


《みお》

超雑食の若年ゲーマー みお

2021年3月よりフリーでゲームライターをしています。現在はGame*SparkとIGN JAPANで活動し、稀にINSIDEにてニュース記事を執筆しています。お仕事募集中。ゲームの趣味は雑食で、気になったものはクラシックゲームから新しいゲームまで何でも手を出します。主食はシューター、ADV、任天堂作品など。ジャンルやフランチャイズの歴史を辿るのも好きです。ゲーム以外では日本語のロックやアメコミ映画・コメディ映画、髪の長いお兄さんが好きです。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「ユーザーを待たせるのは申し訳ない」桜井政博氏『カービィのエアライド』にてドルビーサラウンド不採用の理由明かす

    「ユーザーを待たせるのは申し訳ない」桜井政博氏『カービィのエアライド』にてドルビーサラウンド不採用の理由明かす

  2. 『Fallout』でお馴染み「Pip-Boy」のレプリカの進化の歴史を「怪しい伝説」アダム氏が語る映像公開に―全ては「世界一危険なおもちゃ」から始まった!?

    『Fallout』でお馴染み「Pip-Boy」のレプリカの進化の歴史を「怪しい伝説」アダム氏が語る映像公開に―全ては「世界一危険なおもちゃ」から始まった!?

  3. 「もうゲーム開発続ける予算ないのに」追加コンテンツ待つファンの声に売上不振の個人開発者が切ない悩み吐露

    「もうゲーム開発続ける予算ないのに」追加コンテンツ待つファンの声に売上不振の個人開発者が切ない悩み吐露

  4. 3Dカフェマネージメントゲーム『Coffee Caravan』Steamにてリリース開始!キッチンカーで旅をしながら、コーヒーを淹れるマネージャー体験を

  5. 米大学で“『ファイアーエムブレム』のゲームデザインを掘り下げる”授業が爆誕?前知識は「『スマブラ』でマルスをプレイしたことがある」程度でOK

  6. 「時間通りで面白くないゲームより、遅れても面白いゲームの方が良い」―『Stardew Valley』開発者、新作『Haunted Chocolatier』の開発遅延について私見述べる

  7. ドラマ版『Fallout』に登場する「Pip-Boy」の実物大レプリカが海外で予約開始!

  8. 『ポケモンSV』東大レゴ部による「オレンジアカデミー」の制作過程が壮観!どんどん出来上がっていく校舎が見ていて気持ちいい

  9. 発売から9年『ウィッチャー3』にModエディター「REDkit」配信―Modサポートアップデートも

  10. 『TES』シリーズ初期作品の開発者らによる新作オープンワールドRPG『The Wayward Realms』Kickstarterが現地5月30日から開始

アクセスランキングをもっと見る

page top