「もうゲーム開発続ける予算ないのに」追加コンテンツ待つファンの声に売上不振の個人開発者が切ない悩み吐露 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「もうゲーム開発続ける予算ないのに」追加コンテンツ待つファンの声に売上不振の個人開発者が切ない悩み吐露

欧米的な長期サポートの人気タイトルの影で、人気が得られなかったタイトルは早期の開発終了の発表が招くユーザーからの否定的反応の可能性に苦悩。

ゲーム文化 カルチャー
「もうゲーム開発続ける予算ないのに」追加コンテンツ待つファンの声に売上不振の個人開発者が切ない悩み吐露
  • 「もうゲーム開発続ける予算ないのに」追加コンテンツ待つファンの声に売上不振の個人開発者が切ない悩み吐露
  • 「もうゲーム開発続ける予算ないのに」追加コンテンツ待つファンの声に売上不振の個人開発者が切ない悩み吐露
  • 「もうゲーム開発続ける予算ないのに」追加コンテンツ待つファンの声に売上不振の個人開発者が切ない悩み吐露
  • 「もうゲーム開発続ける予算ないのに」追加コンテンツ待つファンの声に売上不振の個人開発者が切ない悩み吐露

個人開発によるゲームの発売も珍しくなくなった昨今ですが、リリースしたゲームが成功を納められるかは当然また別の話です。そんな厳しい世界に身を置くある個人開発者が、商業的な成功を納めたとは言えない自身の作品について、ある切ない悩みを共有しています。

ファンの質問を蔑ろにしたくないもののサポート終了は伝え辛い…

A fan is asking for more content on the Steam forum, but my game is financial catastrophe. How should I respond?
byu/SandorHQ ingamedev


ワードパズルRPG『Words of Yendor』を開発したSandorHQ氏が自身のSNSを通じ吐露した悩みとは、サポートを終了する予定の本作について、ファンから「追加のストーリーやイベントはありますか?」との質問を受け、どう返答していいかわからないというもの。SandorHQ氏の語る所によればゲームの品質と奥深さには誇りを持っているものの、売上は投資額の10%も回収できていないといいます。そのためこのゲームにこれ以上のコストをかける余裕は持てないと判断し現在は他のプロジェクトに移行したそうです。

しかし、これまでユーザーからの質問やサポートの要請に必ず回答してきたというSandorHQ氏は、バグ修正を除き以降の開発を終了する予定ではありながら、質問を無視してゲームが完全に放棄されているように見えるのは不本意であるとして何とか返答したいと語ります。

正直な回答を勧める意見多くも開発者に寄り添ったドライな声も

投稿への返答では「コミュニティに正直かつ率直であることが開発者にとって最善」といった具合に、やはり正直に真実を返答する意見が大多数を占め、評価を得ていました。一方で「財務について詳しく語る必要はない。」「そもそも無料で更新を続ける義務はない」などのドライではあるものの違った角度から開発者に寄り添う意見も多く、印象的に映りました。サポートの停止発表が否定的なレビューや「死んだゲーム」とのレッテルが貼られることに繋がることへの懸念が、こういった意見の背景にあるようです。

なお、件の『Words of Yendor』は確かにレビュー数は18と少ないもののその評価は概ね好評。Wordleのような言語パズルを媒介にローグライク要素を持つアドベンチャーRPGが楽しめるといいます。無料のデモ版も用意されているため一度遊んでみてはいかがでしょうか?


《焦生肉》

ゲームに関わって飯食いたい 焦生肉

ストーリー重視でゲームをプレイするけどシステムも特徴がないとイヤ!なわがままゲーマー。わがままなくせにコンプリート癖もある上つまみ食いも大好きなので積みゲーが溜まる溜まる。ゲームで飯を食うことを夢見てたらほんとにそんな機会に恵まれた。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 駆け出しゲーマーの頃、初めて100時間以上遊んだゲームは何だったか覚えてる?

    駆け出しゲーマーの頃、初めて100時間以上遊んだゲームは何だったか覚えてる?

  2. 『天穂のサクナヒメ』アニメ連動企画「深掘り!サクナヒメの米作り」が日本農業新聞Webサイトでスタート。同作の稲作関連シーンを詳細に解説

    『天穂のサクナヒメ』アニメ連動企画「深掘り!サクナヒメの米作り」が日本農業新聞Webサイトでスタート。同作の稲作関連シーンを詳細に解説

  3. 『Cult of the Lamb』日本に来た教祖様が終電逃してヤケ酒…京都府PRキャラとも激突するやんちゃぶりを見せる

    『Cult of the Lamb』日本に来た教祖様が終電逃してヤケ酒…京都府PRキャラとも激突するやんちゃぶりを見せる

  4. 『FF14 黄金のレガシー』で、「光のお父さん」原作者・マイディーさんに酷似したNPCが発見される―ヒカセンたちが想いを伝えるフォトスポットに

  5. ゲームトレイラーと本編の内容が違った…!『メタルギアソリッド2』『Hello Neighbor』他、海外ゲーマーたちの叫び

  6. 『パルワールド』が“Twitch”にて最も盛り上がったゲームに―2024年リリースタイトルのなかで圧倒的にトップ

  7. 雰囲気抜群のビークルでウェイストランドを走り回ろう!終末世界でもドライブが楽しめる『Fallout 4』向けMod配信

  8. 格闘ゲームの祭典「EVO」、2025年はなんと4回も開催!アメリカにフランス、そして日本も

  9. なにかと嫌われがちなQTE…その中でも最悪のものとは?がっかりラスボスから有名ミームになったものまで

  10. ひらめくスカートの躍動感!アニメ『ニーア オートマタ』より「2B」フィギュアが予約開始―白の契約を構える姿もクール

アクセスランキングをもっと見る

page top