天空トリロジー!?『ドラゴンクエスト』DS版で旧シリーズがついに海外デビュー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

天空トリロジー!?『ドラゴンクエスト』DS版で旧シリーズがついに海外デビュー

携帯ゲーム DS





海外で勃興したコンピュータRPGの黎明期にいち早く流行を取り入れ、日本の子供達に大変な社会現象を巻き起こす一方、当時あちらのコンソールユーザーにはあまり受け入れられず、英語圏では日本のスーパーファミコン時代が完全に空白になっていたりする、ご存知日本の国民的RPGドラゴンクエスト。昨年ヒットしたDS版のリメイクによって、これから海外でも天空三部作として初めて登場することに。

北米のスクウェア・エニックスは、DS用[b]Dragon Quest IV: Chapters of the Chosen[/b](ドラゴンクエストIV 導かれし者たち)の9月発売をアナウンスすると共に[url=http://na.square-enix.com/zenithia/]公式サイト[/url]を立ち上げ、旧シリーズ3部作の海外展開を初めて明らかにしています。

その名も"Zenithia Trilogy"(天空トリロジー)、これまで一度もリリースされてこなかったDQ5とDQ6もようやく海外デビューを迎えられることになり、熱心なファンの間では結構自由に呼ばれていた歴代のサブタイトルも、今回正式に名前が付けられています。[url=http://www.gamespark.jp/modules/column7/index.php?id=1]全然違ウ!海外カバーアート[/url]番外編、日本のファンにはあまり知られてこなかった海外事情や、思わず笑っちゃう歴代パッケージもあわせてどうぞ。




* * * * * * * * *





『Dragon Quest IV: Chapters of the Chosenと共に始まる冒険で、天空三部作は初めて、北米地域にやってきます』
―Los Angeles (May 21, 2008)



大地を巡り、海や空へと渡る鮮やかなドラゴンクエストの世界へ、ニンテンドーDSのためだけに生まれ変わる、3つの伝説的な物語のコレクションで大冒険が待っています。

現在までに4,300万本以上を発売した人気シリーズは、3Dのグラフィックやアニメーションするモンスター、そして上下2画面に及ぶスクリーンによって、まったく新しい世代のプレイヤーを虜にするとともに、歴代のシリーズにおいてとても愛されてきた3作品を、長年のファンにはまた特別な形で提供します。


[size=x-small][url=http://member.square-enix.com/na/blog/]公式Blog[/url]で公開された、海外版ボックスアート。最近は鳥山キャラももちろんそのまま、[url=http://www.amazon.co.jp/gp/product/images/B000UTM356/ref=dp_image_0?ie=UTF8&n=637394&s=videogames]国内版[/url]よりちょっぴりカッコイイかも[/size]





[b]Dragon Quest IV: Chapters of the Chosen[/b]
(ドラゴンクエストIV 導かれし者たち)

[b]Dragon Quest V: Hand of the Heavenly Bride[/b]
(ドラゴンクエストV 天空の花嫁)

[b]Dragon Quest VI: Realms of Reverie[/b]
(ドラゴンクエストVI 幻の大地)


サブタイトルの方も、基本的には国内版からそのまま起こされつつ、特にDQ4などはゲームのシステムも相まって、ちょっと雰囲気のある感じ。これまでアメリカではNES時代のオリジナルが1〜4までと、PS時代になった7と8が発売されていますが、日本と同じDragon Questの名前になったDQ8になるまで、そもそもサブタイトルはついていませんでした。今回、アメリカと共にヨーロッパでも同時期のリリースが[url=http://www.mcvuk.com/press-releases/37219/EXPERIENCE-DRAGON-QUEST-IN-THE-PALM-OF-YOUR-HAND-ZENITHIA-TRILOGY-ANNOUNCED-FOR-EUROPE]発表されて[/url]いますが、そもそもシリーズにほとんど馴染みのないヨーロッパでは、逆にタイトルもそれぞれ副題のみ(ナンバリング表記なし)になるようです。



[size=x-small]それでは、まず16年前の同じゲーム。この後[url=http://en.wikipedia.org/wiki/Dragon_Quest#Games]21世紀になるまで[/url]、DQ本編の新作は海外で発売されませんでした[/size]


[size=x-small]そして伝説へ…。当時のパッケージには80ページ以上に及ぶ攻略本が付いてくるなど、いろいろと苦労の跡が偲ばれます[/size]



[size=x-small]鳥山先生も思わず涙目になりそうな、ムーンブルクの王女と勇者ご一行。3人ともすごいけど、これ勇者が一番危険…[/size]


[size=x-small]竜王様が微妙ながらも、慣れると癖になりそうなカッコよさ。当時のアートワークならではのこれがDragon Warrior第1作[/size]

[size=x-small](ソース: [url="http://www.dsfanboy.com/2008/05/21/square-enix-reveals-dragon-quest-iv-us-release-date-confirms-v/"]DSFanboy: "Square Enix reveals Dragon Quest IV US release date, confirms V and VI releases"[/url], [url=http://www.square-enix.com/na/company/press/2008/0521_1/]Press Release[/url])[/size] [size=x-small](イメージ: [url="http://en.wikipedia.org/wiki/Dragon_Quest"]Wikipedia[/url])[/size]


 
【関連記事】
全然違ウ!海外版カバーアート『ドラゴンクエストモンスターズ』
全然違ウ!海外版カバーアート『不思議のダンジョン 風来のシレンDS』
全然違ウ!海外版カバーアート『ブレスオブファイアII 使命の子』

海外ゲーム雑誌の今と昔…貴重な創刊号と現在を今こそ比較大特集!
オリジナルコミックも?世界樹の迷宮『Etrian Odyssey』海外版サイトがオープン
数千人が行列…DSポケモン『Pokemon: Diamond &Pearl』ついにアメリカ上陸!

人気RPGが独占!海外ファンのバーチャルコンソールで出て欲しいソフト TOP5
SNES(スーファミ)カセット720本コンプリートをまとめて出品中!
最も偉大なコンソール用ロールプレイングゲーム TOP15

トロピカルな新色?DS Liteがヨーロッパのショップで予約開始
もう一つの進化ここにあり。ファミコン版『ファイナルファンタジーVII』プレイ動画
海外業界誌がスクウェア・エニックスに聞く!『Crystal Tools』国産エンジンの秘密


- トップに戻る -



(C)2008 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/ARTEPIAZZA/SQUARE ENIX All Rights Reserved.




 






《Miu》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. New3DS専用VCタイトルに『ライブ・ア・ライブ』など6作品配信開始

    New3DS専用VCタイトルに『ライブ・ア・ライブ』など6作品配信開始

  2. 『かまいたちの夜 輪廻彩声』ビジュアライズ&ボイス実装で演出面を強化、竜騎士07による追加シナリオも

    『かまいたちの夜 輪廻彩声』ビジュアライズ&ボイス実装で演出面を強化、竜騎士07による追加シナリオも

  3. 【PSX】PS Vita新作『SEVERED』プレイレポート― 『覆面闘士』開発スタジオの最新作

    【PSX】PS Vita新作『SEVERED』プレイレポート― 『覆面闘士』開発スタジオの最新作

  4. Game*Sparkリサーチ『NGP買いますか?』回答受付中!

  5. “創世紀1701”をDSで。『Anno 1701: Dawn of Discovery』トレイラー

  6. 本日の一枚『これは怖い! リアルすぎるクッパ』

  7. 全然違ウ!海外版カバーアート『不思議のダンジョン 風来のシレンDS』

  8. 大きな1枚の液晶画面が確認できる、“Nintendo 2DS”分解写真

  9. イギリス海軍がPSPを訓練に活用、まずは技術者用の学習キットに

  10. ぬるぬる&セクシーな探索型ACT『シャンティ -海賊の呪い-』プレイレポ―美しいドット絵とメタなジョークが魅力

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top