“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

Valveの『Portal』に謎のラジオパッチが配信、続編のヒントが…?

March 02, 2010(Tue) 12:33 / by Rio Tani



一度は続編の開発が噂されるも、その後音沙汰がさっぱりなく、リードデザイナーのKim Swift氏が退社してしまうというハプニングもあったValveのPortalですが、今日になってPC版に謎のパッチが配信された模様です。

※Portalのネタバレ情報があるので未プレイの方はご注意ください。


以下がパッチノートに記載された一文。

“Changed radio transmission frequency to comply with federal and state spectrum management regulations.”

このパッチを導入すると、ゲーム中の各ステージにラジオが設置され、暗号化された謎の音声コードを受信することが可能に。全てのラジオから信号を受信することで、“Transmission Received”というAchievementを解除することができるそうです。

Steamフォーラムのユーザーらがこれらの音声コードを解読したところ、以下のようなテキストに解釈できる可能性があるとのこと。

Interior transmission active

External data line active

Message digest active

The quick brown fox jumps over the lazy dog

System data dump active

User back up active

Password back up active

Beep beep beep beep lol

まだ暗号が完全に解析されたわけではないためはっきりしたことは言えませんが、これらのメッセージは、前作で倒されたはずのGLaDOSが再起動している様子を表しているのでは、と指摘する声も。さらに、アップデートされたゲームファイル内から、パズルのような謎めいたイメージも多数発見されています。

果たしてこれらの情報がPortalの続編登場のヒントになるのか、前作のファンには続報が非常に気になるところです。(ソース: Shacknews, イメージ: Kotaku)


※この記事には機種カテゴリが設定されていますが、ゲームの対応プラットフォームは未発表です。

【関連記事】
Valveが『Portal 2』の声優を募集中?求人内容から新キャラクターの存在も…
GDC 08: やっぱり『Portal 2』計画中!?
『Portal』のデザイナーがValveを退社、『Dark Void』のスタジオで新チームを指揮
オリジナルとも遜色ない動き。Valveのヒットゲーム『Portal』をiPhoneに移植!
本日の一枚 『PortalのAperture Scienceがリアルで活動中?』
『Portal』に登場するポータルガンを超リアルに再現!
良作ならば容量制限も免除? 『Portal: Still Alive』配信中
GlaDOS誕生以前のストーリーを描くMOD『Portal: Prelude』トレイラー
Orange Boxの『Portal』はシリーズ化される?Valveは今後も新しい作品を開発予定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image