BlizzardがValveの『Dota 2』発表を疑問視…「理解出来ない」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

BlizzardがValveの『Dota 2』発表を疑問視…「理解出来ない」

PC Windows

ValveがWarcraft IIIの人気ユーザーカスタムマップDefense of the Ancients(DotA)の作者を雇い、事実上の続編となるDota 2を発表したニュースをお伝えしましたが、Blizzardの幹部がその動きに対し疑問視する発言をしています。

以下、Blizzardのゲームデザイン副社長Rob Pardo氏がEurogamerに語った内容。
“我々にとって、それ(ValveのDota 2の発表)はBlizzardやWarcraft IIIのコミュニティーから取り上げてしまうことを意味しており、決して正しいやり方とは思えません。

正直なところ少々困惑しています。DotAがBlizzardのコミュニティーから生まれた作品なのは間違いないでしょう。我々やWarcraft IIIのプレイヤーが自由に利用出来ていたものを、突然Valveが独占的に商標登録して持ち去ったのは、とてもおかしな行為に見えます。

ValveのようなプロのModコミュニティーを持つ会社がそのようなことをするのは本当に理解できません”

Pardo氏はコメントの最後で、(Dotaは)Blizzardとそのファンのためにあるべきだと主張。BlizzCon 2010で発表されたStarCraft IIの公式カスタムマップBlizzard DOTAやLeft 2 Dieには、そうしたBlizzardのValveに対する願いが込められているのかもしれません。

一方の開発したゲームのユーザーMod作品が、別の企業によって商標登録・製品化されるという、これまでにない特殊なケースで、いずれも老舗のPCゲームメーカーだけに両社の今後の動きが見守られます。(ソース: Eurogamer: Valve shouldn't trademark DOTA - Blizzard)


【関連記事】
L4Dや料理の鉄人を元ネタにした『StarCraft II』の公式カスタムマップが発表
Valveが『Dota 2』を正式発表、ディテールやアートワークが公開
ValveがWC3の人気Mod『DotA』の制作者をスカウト、新プロジェクトに着手
『StarCraft II』にオフィシャルカスタムマップ“Burning Tide”が登場
『Team Fortress 2』インゲームストアで販売のコミュニティアイテム制作者に多額の報酬
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. PC版初代『バイオハザード』を一人称視点Modで体感、懐かしの洋館をFPS風に

    PC版初代『バイオハザード』を一人称視点Modで体感、懐かしの洋館をFPS風に

  2. 台湾産パンツ対戦ACT『Panty Party』配信開始!―「間違いない!君だよ!パンツを愛する人、愛の戦士!」

    台湾産パンツ対戦ACT『Panty Party』配信開始!―「間違いない!君だよ!パンツを愛する人、愛の戦士!」

  3. お喋り電子ペットホラー『Tattletail』がSteam配信!―1998年クリスマスの恐怖…

    お喋り電子ペットホラー『Tattletail』がSteam配信!―1998年クリスマスの恐怖…

  4. オープンワールド狩猟ゲーム『theHunter: Call of the Wild』発売日決定!

  5. 『オーバーウォッチ』PTRでD.Va、アナ弱体化―エモートホイール拡張も

  6. 高速“ぱんつ”アクション『PAN PAN』がSteam Greenlight登録―意味不明だけど可愛い

  7. 【特集】『たけしの挑戦状2015』の“作りこみが半端ない”ので、エンディングまで攻略してみた

  8. 『XCOM』+『DotA』な対戦ストラテジー『Atlas Reactor』正式リリース!

  9. 『レインボーシックス シージ』遂にタチャンカ大幅強化!大型調整パッチノート

  10. SteamでPC向け体験版『バイオハザード7 ティザー~ビギニングアワー~』無料配信スタート【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top