BlizzardがValveの『Dota 2』発表を疑問視…「理解出来ない」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

BlizzardがValveの『Dota 2』発表を疑問視…「理解出来ない」

PC Windows

ValveがWarcraft IIIの人気ユーザーカスタムマップDefense of the Ancients(DotA)の作者を雇い、事実上の続編となるDota 2を発表したニュースをお伝えしましたが、Blizzardの幹部がその動きに対し疑問視する発言をしています。

以下、Blizzardのゲームデザイン副社長Rob Pardo氏がEurogamerに語った内容。
“我々にとって、それ(ValveのDota 2の発表)はBlizzardやWarcraft IIIのコミュニティーから取り上げてしまうことを意味しており、決して正しいやり方とは思えません。

正直なところ少々困惑しています。DotAがBlizzardのコミュニティーから生まれた作品なのは間違いないでしょう。我々やWarcraft IIIのプレイヤーが自由に利用出来ていたものを、突然Valveが独占的に商標登録して持ち去ったのは、とてもおかしな行為に見えます。

ValveのようなプロのModコミュニティーを持つ会社がそのようなことをするのは本当に理解できません”

Pardo氏はコメントの最後で、(Dotaは)Blizzardとそのファンのためにあるべきだと主張。BlizzCon 2010で発表されたStarCraft IIの公式カスタムマップBlizzard DOTAやLeft 2 Dieには、そうしたBlizzardのValveに対する願いが込められているのかもしれません。

一方の開発したゲームのユーザーMod作品が、別の企業によって商標登録・製品化されるという、これまでにない特殊なケースで、いずれも老舗のPCゲームメーカーだけに両社の今後の動きが見守られます。(ソース: Eurogamer: Valve shouldn't trademark DOTA - Blizzard)


【関連記事】
L4Dや料理の鉄人を元ネタにした『StarCraft II』の公式カスタムマップが発表
Valveが『Dota 2』を正式発表、ディテールやアートワークが公開
ValveがWC3の人気Mod『DotA』の制作者をスカウト、新プロジェクトに着手
『StarCraft II』にオフィシャルカスタムマップ“Burning Tide”が登場
『Team Fortress 2』インゲームストアで販売のコミュニティアイテム制作者に多額の報酬
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 『デッドライジング4』Steam版予約開始、Win10以外でもフランクさんが大活躍!

    『デッドライジング4』Steam版予約開始、Win10以外でもフランクさんが大活躍!

  2. 日活『刺青の国』のSteam版およびPS Vita英語版が販売へ

    日活『刺青の国』のSteam版およびPS Vita英語版が販売へ

  3. 『ドラゴンクエストヒーローズII』のSteam版が海外発表―4月配信予定

    『ドラゴンクエストヒーローズII』のSteam版が海外発表―4月配信予定

  4. オープンワールド『The Day After』海外発表―細菌により隔離された鉱山都市

  5. PC版『ゴーストリコン ワイルドランズ』日本語OBTプリロード開始!

  6. ダンジョン運営ゲーム最新作『Dungeons 3』発表!―ランダム生成やCo-opモードも新搭載

  7. 「シブサワ・コウ アーカイブス」第三弾発売開始!『三國志 III』『水滸伝・天命の誓い』など

  8. 三人称サバイバル『Lost Region』最新ショット!全ての建物を探索可能

  9. SteamがPS4コントローラー正式サポート開始!ジャイロやタッチパッドにも対応

  10. PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top