ハードコアゲーマーのためのWebメディア

CrytekがTHQ競売にて手に入れた『Homefront』フランチャイズについて言及

ニュース 最新ニュース

昨日のニュースでもお伝えしたように、THQ競売にてFPSシリーズ『Homefront』の権利を54万ドルで取得したCrytek。新作『Homefront 2』は既にTHQとCrytekが共同開発を行なっており、今回完全に開発権を取得した形となっていますが、同社のCEOとしてお馴染みCevat Yerli氏がプレスリリースにて今回の買収に言及しました。

「最初に『Homefront 2』の開発に同意したとき、我々はIPがプレイヤーを興奮させ驚かせるポテンシャルを持っているだろうと固い信頼を寄せていた。我が社とTHQは常に良い関係だったし、過去2年間彼らがしてくれたすべてのサポートに感謝したい。今回起きた事は非常に残念だった」

なお今回のIP権取得による開発体制については「我々のゲーム開発における変更は無かった」とされており、引き続きCrytekの英国ノッティンガムのスタジオが制作を担っていくのではないかと見られています。

初代『Homefront』は2011年に発売。アメリカへと架空の国家である大朝鮮連邦が侵攻するというユニークな設定が話題となりましたが、同年3月に開発のKaos Studiosは閉鎖。9月にはCrytekとTHQが共同で続編を開発すると正式発表していました。『Homefront』最新作はPC/コンソールを対象に2013年から2014年にリリースされる予定となっています。
(ソース: プレスリリース via Polygon)

【関連記事】
Crytek: THQの問題は『Homefront 2』の開発には影響を与えていない
Crytek創立者: 『Homefront』は大きなマインドシェアを持っている
THQ、Crytekと共同で『Homefront』の最新作を開発へ
THQ、『Homefront』の開発元Kaos Studiosの閉鎖を発表
『Homefront』が100万本以上を販売、既に240万本を出荷
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. 原点回帰2Dアクション『Sonic Mania』プレイ映像―未見シーンも!

    原点回帰2Dアクション『Sonic Mania』プレイ映像―未見シーンも!

  2. 任天堂、『ポケモンGO』が業績に与える影響は「限定的」と言及

    任天堂、『ポケモンGO』が業績に与える影響は「限定的」と言及

  3. 『ディビジョン』拡張「アンダーグラウンド」最新アプデ1.3日本語パッチノート

    『ディビジョン』拡張「アンダーグラウンド」最新アプデ1.3日本語パッチノート

  4. 『Rainbow Six Siege』大型アップデート「Operation Black Ice」海外配信開始―SATが2016年秋参戦

  5. 配信開始の『Pokemon GO』ゲーム情報が続々公開―安全にプレイするための注意事項も

  6. DC格闘『Injustice 2』最新トレイラー、悩殺ワンダー・ウーマンが参戦!

  7. マルウェアが仕込まれた偽『ポケモンGO』見つかる―McAfeeが注意喚起

  8. ソニックが2人!?『Project Sonic』海外発表―NX/PS4/XB1/PC向けに開発中

  9. 『The Walking Dead』シーズン3、海外向けスクショ!クレメンタインに寄り添う子どもは?

  10. 最恐ホラー『P.T.』が登場から1周年を迎える―意思を受け継ぐ注目作品&パロディ映像紹介

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top