ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

【総力特集】『本編そっちのけでやり込めるミニゲーム』10選

【総力特集】『本編そっちのけでやり込めるミニゲーム』10選

July 18, 2015(Sat) 12:22 / by 真ゲマ


『ドラゴンクエスト』シリーズのカジノや『ファイナルファンタジーVII』のゴールドソーサー、『スプラトゥーン』の『イカジャンプ』などなど……。本編の寄り道として気軽に楽しめるミニゲームは、本来プレイヤーに息抜きをしてもらうために組み込まれたオマケ要素。しかし、その中には本編そっちのけでやり込める魅力的なミニゲームが存在するのです。

そこで今回、おバカなミニゲームから長時間やり込めるミニゲーム、隠されたミニゲーム、最新作のミニゲームまで、当編集部にて激選した珠玉の逸品を10本紹介し、その魅力から遊び方までわかりやすく解説します!


タイトル:『蚊』
ミニゲーム名:『暴走バイセコー』
発売元:ソニー・コンピュータエンタテインメント 開発元:ZOOM
ジャンル:アクション


―バカゲーと侮るべからず。究極の接待ゲーだ!
ひたすら人間の血を吸うバカゲー『蚊』には、実はミニゲームが隠されています。本製品のパッケージの裏には「一人用ゲーム」としっかり記載してるのですが、ゲーム起動時に、2Pコントローラーでスタートボタン+セレクトボタンを同時押しすると、2人対戦ゲーム『暴走バイセコー』がプレイできるのです。


『暴走バイセコー』は、中年男性が自転車に乗りながら土俵でガチンコバトルをする奇妙な対戦アクションゲーム。十字キーで方向転換、□ボタンでアクセル、×ボタンでジャンプ、△ボタンで必殺技のロケットアタックと、単純な操作性ですが、人間同士の駆け引きが楽しめる奥深いゲーム性を秘めています。



闇雲にタックルばかりしていると、咄嗟に回避され、勢い余った拍子でそのまま自爆したり、逆に、回避行動ばかり取っていると、油断した隙にロケットアタックをお見舞いされたりと、対戦相手と心理戦・頭脳戦を繰り広げていく事が出来るのです。また、必殺技のロケットアタックのゲージがMAXになれば、相手も警戒してなるべく回避行動を取るようになります。それを逆手にフェイントを入れていけば……と、このようにやり込めばやり込むほど、『暴走バイセコー』の魅力にハマっていくのです。ただし、策士策に溺れることもあるので、何事もほどほどが良いのかもしれません……。

次のページへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集


評価の高いコメント

  • 2015年7月18日 12:45:11 ID: nIEC5k9e1xzF
    4 スパくんのお友達さん
    通報する

    サルゲッチュシリーズのミニゲームはどれも面白かったなぁ

  • 2015年7月18日 15:44:35 ID: moV/f9QkflhS
    16 スパくんのお友達さん
    通報する

    プレステ初期のゲームって今のsteamインディーズゲーみたいにベンチャー精神あふれた意欲作が多かったね。

  • 2015年7月18日 19:51:12 ID: LVQKKA94+m5c
    31 スパくんのお友達さん
    通報する

    こういうのすごい楽しいんだけど
    実績・トロフィーとかに絡んでるとなんか違う感ある

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 68 件

no image