“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

January 10, 2016(Sun) 20:40 / by Daisuke Sato

!注意!本記事には不適切な文字や表現が一部含まれます。18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。


オンラインゲーム中のチャットや掲示板、Twitchをはじめとする動画サイトのコメントでは、海外ユーザーが非常に多くのスラングを使用しています。もし、自分が英語圏のユーザーとチャットでコミュニケーションをとる場合、飛び交う英語のスラングを理解できないとマルチプレイでチームの足を引っ張ってしまったり、思わぬ誤解を与えてしまったりするかもしれません。

そこで、主にオンラインゲームコミュニティにおいて、よく見かける英語のスラングをいくつか集めて、その意味や使用例を簡単にご紹介します。なお、英語のスラングや略語は、人によって微妙に解釈が違ったり、状況によって意味が異なるケースも多いため、あくまで参考程度にご覧ください

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


    ■A

    APM (Actions per minute)
    1分間の操作量。主に『StarCraft』などでプレイヤースキルの目安の1つとして用いられる。

    ATM (At the moment)
    現在は。今のところ。語尾につけて「今~している」のように使うことが多い。

    ■B

    Beast mode
    攻撃的なゲームプレイ。格闘ゲームなどで突然強くなって逆転した時などに使う。

    brb (Be right back)
    退席。すぐ戻る。少し席を外す。

    brt (Be right there)
    向かってるよ。そっちに行くよ。

    bio (biologicalの略)
    お手洗いに行ってきます。トイレ。

    ■C

    Chillax
    ちょっと落ち着け。ChillとRelaxを掛けあわせた造語。

    ■D

    d/c / dc (Disconnected)
    電源/回線の切断。

    Ding
    レベルアップ。RPGでレベルアップした時の効果音を表している。

    Ditto
    同じく。同意。

    DW (Don't worry)
    心配しないで。気にするな。大丈夫だよ。

    DPS (Damage per second)
    1秒間に与えるダメージ量。MMORPGにおいて攻撃型クラスを指すこともある。

    ■E

    eek/ eeek!
    キャー! 悲鳴。

    Err (Error)
    エラー。間違い。訂正。

    e-Sports (Electronic sports)
    そのままの意味で使う以外に、e-Sports試合中に、運の要素で勝負が決まった時に皮肉として使われることもある。

    epic fail (Failure)
    大失敗。戦闘で全滅した時や、対戦相手に挑発として使うこともある。

    ■F

    Facepalm
    がっかり。頭を抱える、額に手を当てて失望するような仕草を指す。

    Faceroll
    手を使わず適当にプレイしても出来るような状態を指す。元ネタは『World of Warcraft』で、1つの強いスペルをキーボード全部に割り当てて、顔を転がしても操作できる、というジョークから生まれた。

    FTW (For the Win)
    勝利の決め手となった行動を指す。

    ■G

    G2G (Got to go) / GTG (Good to go)
    Good to Goは「準備完了」、Got to goは「そろそろ行かなきゃ」といった意味で使用する。

    Gank/ Ganked/ Ganking 
    PvPのゲームにおいて他のプレイヤーを襲うことを意味する。“Gang”を使うこともある。

    GG (Good Game)
    「良い試合だった」「おつかれさま」「楽しかった」の意。対義語はBG (Bad Game)。

    GJ (Good job)
    グッジョブ。良いプレイだった。

    GL (Good Luck)
    幸運を祈る。

    GLHF (Good luck have fun)
    「幸運を祈る」と「楽しんで」を合わせた言葉。「よろしくお願いします」の意に近い。

    gnite (Goodnight)
    おやすみなさい。

    grats/ gratz(Congratulations)
    おめでとう。誰かがレベルアップやランクアップした時に言う。

    Grind/ Grinding
    レベル/ランク上げやクエストなどの行為を指す。退屈な繰り返し作業、といった意味合いで使われることも。

    grr
    イライラするとき、うまくいかない時に使う表現。

    ■I

    ic (I see)
    うん。わかった。

    idk (I don't know)
    わかりません。

    imba (imbalanced)
    アンバランス。ゲームバランスが悪い状態やアイテム。強すぎる時の比喩として使うことも。

    Instalock
    『League of Legends』などのMOBAゲームのチャンピオン選択時、他のプレイヤーと相談しないで即座にロックすること。迷惑行為とみなされることがある。

    IRL (In real life) 
    現実では。リアルでは。

    ■J

    JK (Just Kidding)
    冗談だよ。ジョーク。

    ■K

    KK
    OKの意。

    ■L

    LFG (Looking for group)
    パーティに参加希望、仲間募集中。

    LFM (Looking for more)
    パーティメンバー募集中。

    Lf2m (Looking for 2 more)
    あと2人募集。

    LMSO (Laughing my socks off)
    靴下が脱げるほど笑っているの意。

    LOL/ lawl (Laughing out loud)
    (笑)。W。声を出して笑うの意。日本の「wwwwwwww」のように「lololololol」と連続させることも。

    ■M

    m8/ mate
    相棒。あんちゃん。

    MT (Mistype) 
    ミスタイプ。キーボードの打ち間違い。あるいはメッセージの誤送信(Miss tell)。

    ■N

    Nerf
    バランス調整のパッチやアップデートでキャラクター/武器/技などが弱体化すること。

    NP (No problem)
    気にしないで。どういたしまして。大丈夫だ。問題ない。

    NS (Nice Shot)
    ナイスショット。

    Nuke
    核兵器。強力な武器やダメージ魔法、必殺技を指す時にも使う。

    nvm (Nevermind)
    何でもない。忘れて。

    ■O

    omw (on my way)
    今向かってる。もうすぐ行くよ。

    OOC (Out of characrer)
    オンラインゲームにおいて、キャラクターとしてではなくプレイヤー本人の発言を指す。

    op (Overpowered)
    武器やキャラクターなどが強すぎる状態を指す。皮肉や負け惜しみで使うことも。

    ■P

    Pew Pew
    魔法や銃を連射している時の効果音。

    ppl (People)
    人々。みんな。

    PST (Please send tell)
    メッセージをください。連絡まってます。

    pwn/ pwnd/ pwnt (Own) 
    完勝する/ 圧勝する。してやった、ざまあみろ、のようなニュアンスも。

    ■R

    rdy (Ready)
    準備できた。いける。

    Rekt (Wrecked)
    悲惨な目にあった。ズタボロにされた。大事故。

    Re-roll
    やり直し。作り直し。

    rofl (Rolling On the Floor Laughing)
    大爆笑の意。

    ■S

    smurf
    サブアカウントを使うなどして低レベル帯で初心者狩りを行う高レベルプレイヤー。

    soz/ srry (Sorry)
    ごめん。スマン。Sorryよりもラフな表現。

    ■T

    tbh (To be honest)
    正直なところ。ぶっちゃけると。

    thx/ tks/ ty/ ta/ tyvm (Thank you very much)
    ありがとう。ありがとうございます。

    TLDR (Too long, didn't read)
    長すぎなので読んでない。長文はスルー。長文のあとの要約の意味で使う場合もある。

    toon
    キャラクターのことを指す。

    ■U

    Uber
    もともとはドイツ語で「最高の」や「超~」の意

    ■V

    Vent (Ventrilo)
    海外ゲーマーがよく使っているボイスチャットソフト。「come to vent」などと部屋に誘われることがある。他にも、Teamspeak(TS3)、Mumbleなどがある。

    ■W

    w8 (Wait)
    ちょっと待って。

    WB (Welcome back)
    おかえりなさい。おかえり。

    wipe
    全滅。

    WP (Well played)
    よく頑張った。良いプレイングでした。

    WTB (Want to buy) 
    買いたい。募集中。

    WTS (Want to sell) 
    売りたい。販売中。

    WTT (Want to trade) 
    トレード募集中。

    ■Y

    Y? (Why)
    なぜ?

    YW (You're welcome)
    どういたしまして。

    ■Z

    zerg
    一斉攻撃。大群で攻め落とす。元ネタは『StarCraft』の雑魚ユニットZerglingを大量に生産して一気に攻める戦法。

    ■数字

    2EZ (too easy)
    楽勝。簡単すぎ。

■好ましくない表現

ここからはちょっと乱暴な言葉や、あまり好ましくない表現、不適切な表現をいくつかご紹介。これらの言葉は使用を控えたほうがよいものもあるので注意しましょう。自分があまりにも酷い発言を受けたら、場合によっては通報することも必要です。

    asshole
    バカ。アホ。他人への軽蔑として使う。

    Boob
    女性の胸。

    Damn/ Darn
    しまった。やっちまった。チッ。

    Dick
    男性器。

    Fag/ Faggot
    同性愛者に対する侮辱的な表現。

    FFS (For fuck's sake)
    頼むよ。やってられない。ふざけるな。

    Grief / Griefing / Griefer
    負け惜しみを言う。泣き言を言うプレイヤー。

    Grill/ Grrl (Girl)
    女性をさした言葉。故意に誤ったスペルを使って茶化すような表現。

    gtfo (Get the fuck out)
    うせろ。どっかいけ。

    jerk
    馬鹿。嫌なヤツ。クズ野郎。侮辱的な表現。

    L2P (Lean to Play)
    初心者プレイヤーや失敗したプレイヤーに対して、教えてあげる代わりに「自分で覚えろ」「プレイで身に付けろ」と挑発的に言うことが多い。

    Noob/ Newb/ Nub/ n00b/ nubcake (Newbie)
    初心者。新参者。素人。

    OMG (Oh my gosh)/OMFG (Oh my Fucking God)/ OMGWTFBBQ (Oh My God What The Fuck Barbeque)
    大変だ。やべえ。

    QQ
    もう落ちろ。やめちまえ。元ネタはPC版『Warcraft II』で、マッチ中に強制終了できる「ALT+Q+Q」というコマンドが存在した。

    Ragequit
    RageとQuitを合わせた造語で、キレて突然ゲームを落ちる状態を指す。

    retard/ retarded
    頭が足りない、間抜け、といった意味で使われているが、障害者に対する差別的な表現でもある。

    roflmao ( Rolling On the Floor Laughing My Ass Off)
    大爆笑の意

    Scumbag
    酷いヤツ。カス。性的な意味合いもある侮辱。

    Scrub
    下手くそ。雑魚。

    stfu (Shut the fuck up)
    黙れ。うるせえ。

    Trolling/ Troll/ Trololololol
    いわゆる荒らし(行為)を指す言葉。

    Waifu (Wife) 
    主に二次元の女性キャラクターに対して使われるが、差別的な意味合いもなきにしもあらず。

    u mad?/ u mad bro?
    怒ってるの? 怒ってるのかいアニキ? 怒っている相手に使う挑発的な表現。

    WTF/ dafuq (What the fuck) 
    なんてこった。何やってんだ。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

オンラインゲームで使用されている英語のスラングは、ゲームに限らずPCのテキストチャットやメール、携帯のSMSなどでいかに少ない文字で意味を伝えるかの工夫の中で発展してきたものです。

いわゆるFワードについても、公の場では適切でないとされながらも日常会話では多用されてるため、それがスラングにも多く混在しています。基本的には丁寧な言葉使いではないので、チャットで会話する際の使用は避けましょう。

今回ご紹介したスラングはほんの一部です。他にも読者の皆さんがよく目にする言葉や実際に使っているものがあればコメントで教えてくださいね。

UPDATE(2016/1/10 22:00): リストを一部修正・加筆しました。コメントでのご指摘・情報提供に感謝します。

UPDATE2(2016/1/11 9:00): いくつかの用語を追加しました。コメントでのご指摘・情報提供ありがとうございます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集


評価の高いコメント

  • 2016年1月10日 23:18:10 ID: LDIjZdX823wU
    24 スパくんのお友達さん
    通報する

    >>23
    すげぇなって思う

  • 2016年1月10日 23:10:57 ID: UTQB1acn+IJM
    23 スパくんのお友達さん
    通報する

    正直英語も解してないのにスラングだけ覚えて英語できてる気になってるのが
    一番寒い。できないならできないなりに謙虚に振舞うほうが好感持てる
    日本語まったくわからない外国人が2ちゃん用語まくしたてたらどう思います?

  • 2016年1月10日 21:00:49 ID: byuwlzM/ggJF
    3 スパくんのお友達さん
    通報する

    fack you

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 66 件

no image