VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

ゲーム機 VR

VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円
  • VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

ドゥモアは、通販サイト「ドゥモア・ショップ」にて、歩行型VRデバイス「Virtuix Omni」を並行輸入品として販売すると発表しました。

「Virtuix Omni」は、家庭内で本格的なバーチャルリアリティ体験を可能とするために開発された歩行型ゲームデバイスです。専用シューズで床を歩く行為、360度全方位でプレイヤーの前進や後退・回転などの動作の認識に対応しており、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)と組み合わせることでゲーム内を実際に歩くかのような操作感が得られます。

今回は正規代理店による販売ではありませんが、日本語で購入・やり取りができる並行輸入品の予約受付が開始。価格は138,000円(税・送料込 / 7月末までの早割特価)で、出荷開始予定は2016年7~9月となっています。

■紹介映像

    ■商品概要
    ・種別:クラウドファンディング商品
    ・カテゴリ:ゲーム,バーチャルリアリティ(VR)
    ・製品名:米Virtuix社製歩行型VRデバイス「Virtuix Omni」セット
    ・開発製造:米Virtuix Holdings社 http://www.virtuix.com/
    ・販売:株式会社ドゥモア
    ・予約受付開始:2016年6月27日
    ・出荷開始予定:2016年7~9月
    ・価格:138,000円(税送料込)2016年7月末までにご予約注文いただいた場合の早割特価。通常価格168,000円。
    ・販売方法:直営店「ドゥモア・ショップ」の完全予約制
    ・販売用URL:http://domore.shop-pro.jp/?pid=103934724

    ■製品仕様
    ・対応デバイス:Oculus Rift、HTC Vive、Gear VR、XBOXなどのワイヤレスコントローラ、パソコン
    ・本体サイズ:W140×L139×H89cm
    ・本体重量:130kg
    ・ユーザー対象身長、体重:142~195cm、130kgまで
    ・ハーネスサイズ:小/中/大
     小:ウエスト 60~73cm
     中:ウエスト 76~94cm
     大:ウエスト 97~112cm
    ・シューズサイズ:21.95/22.78/23.5/24.4/25.4/26/27/27.9/28.6/29.4/30.2/31cm
    ・接続方法:Bluetooth
    ・機能:ゲーム、バーチャルリアリティ(VR)空間での360度全方位の歩行、走行、方向転換、かがみ、ジャンプなどの操作
    ・セット内容:本体×1、専用シューズ×1足、トラッキングポッド×1セット、ハーネス×1
    ・保証:90日保証(初期不良交換、無料修理、無料交換対応。保証期間終了後は有償。)
《すしし》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 66 件

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 任天堂の新ゲーム機は「ニンテンドースイッチ」!据え置き&携帯ゲーム機のハイブリッドマシン!

    任天堂の新ゲーム機は「ニンテンドースイッチ」!据え置き&携帯ゲーム機のハイブリッドマシン!

  2. 携帯型Steam Machine「SMACH Z」国内向け並行輸入販売が決定

    携帯型Steam Machine「SMACH Z」国内向け並行輸入販売が決定

  3. VRヘッドセット新型「Vive 2」がCESで発表との噂をHTCが否定

    VRヘッドセット新型「Vive 2」がCESで発表との噂をHTCが否定

  4. 【特集】Valve製ストリーミング機器「Steamリンク」開封&使用レポ―リビングにPCゲームがやってきた!

  5. Razerのプロ仕様PS4コントローラー「Raiju」海外で予約開始―価格は約2万円!

  6. 【特集】「Steamコントローラ」開封&使用レポ―Valveの提案する全く新しいコントローラをついに体験

  7. 『レインボーシックス シージ』最新日本語パッチノート!嫌がらせ対策システム導入

  8. 「GeForce GTX VR Ready」とは一体何なのか? CESでNvidiaを直撃

  9. 『エースコンバット 7』のVRバージョンがPS Experienceに出展決定!―コックピット映す1枚の画像も

  10. 携帯型Steam Machine「SMACH Z」Kickstarterキャンペーンが再始動

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top