リードデザイナーが辞職『SiN Episodes』続編エピソードの発売は絶望的? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

リードデザイナーが辞職『SiN Episodes』続編エピソードの発売は絶望的?

壮大なエピソードの第一弾として話題を呼んでいたWindows PC用FPS[b]SiN Episodes: Emergence[/b]。当初は、半年に一本のペースで新しいエピソードを配信していくことが発表されており、そろそろ続編の情報が出てきても良い頃なのでは、と思われていましたが、反対に

ニュース 最新ニュース
今年5月にRitualから発売され、壮大なエピソードの第一弾として話題を呼んでいたWindows PC用FPSSiN Episodes: Emergence。ハーフライフ2のSourceエンジンを使った硬派でシンプルなFPSとして国内でもプレイされた方は少なくないでしょう。当初は、半年に一本のペースで新しいエピソードを配信していくことが発表されており、そろそろ続編の情報が出てきても良い頃なのでは、と思われていましたが、反対に見つかったのは非常に残念なニュースでした・・・。



The Escapist News Roomの[url=http://www.escapistmagazine.com/newsroom/view/66717-Rituals-Future-In-Question-As-Employees-Jump-Ship]伝えるところ[/url]によれば、リードデザイナーであるShawn Ketcherside氏とCEOのSteve Nix氏が、いずれも過去二ヶ月以内の間に、開発元であるRitual Entertainmentを辞職していたことが明らかになりました。二人は、SiN Episodesの開発に深く携わっていたキーメンバーであり、とりわけKetcherside氏は公式サイトでブログを書くなどして、非常にユーザーフレンドリーなサポートを行っていた人物です。

GameSpotの[url=http://www.gamespot.com/pc/action/sinepisodes1/news.html?sid=6162821]記事[/url]では、Steve Nix氏がid Softwareに入社したことが報じられている一方で、両氏のはっきりした辞職の理由や、今後のエピソード発売に関する公式な発表はまだありません。しかし、キーメンバーを二人も失ったことで事実上サジが投げられてしまった状態に近いのでは・・・と不安がよぎります。ちなみに今日、公式サイトをのぞいてみたところ、以前は9つまで用意されていたエピソードの項目が、なんと2つに減少していました。「第二作目開発中」という状態のままでこの企画は終わってしまうのでしょうか。勿体無い・・・こうなったらValveさんなんとかしてください!

SiN Episodes過去の記事一覧

Copyright ©1997 - 2006 Ritual Entertainment. All Rights Reserved.
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. サンドボックスMMORPG『Ember Sword』発表!―プレイヤーによりコンテンツが創造

    サンドボックスMMORPG『Ember Sword』発表!―プレイヤーによりコンテンツが創造

  2. 『レッド・デッド・リデンプション2』Xbox One版のファイルサイズが約89GBと判明

    『レッド・デッド・リデンプション2』Xbox One版のファイルサイズが約89GBと判明

  3. 『Diablo III』のクロスプレイ実装は現時点で計画無し―海外メディアに対しBlizzardが声明

    『Diablo III』のクロスプレイ実装は現時点で計画無し―海外メディアに対しBlizzardが声明

  4. 爆乳ハイパーバトル『閃乱カグラ Burst Re:Newal』海外版が発売延期、PS4版「スキンシップ」モード削除が影響

  5. 最新作『Call of Duty: Black Ops 4』のPC版は「Battle.net」独占配信に

  6. スイッチ『Diablo III: Eternal Collection』発表!すベて含んだ完全版

  7. Blizzardが『Diablo III』のクロスプレイ実現に取り組んでいることが判明―海外メディア報道

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. 『レッド・デッド・リデンプション2』のオンラインモード『Red Dead Online』が発表!

  10. ディストピアアクションADV『We Happy Few』オーストラリアでの審査に合格、発売可能に

アクセスランキングをもっと見る

page top