『PS3のまだ20%しか使っていない』 vs. 『360の表面を撫でただけ』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『PS3のまだ20%しか使っていない』 vs. 『360の表面を撫でただけ』

数日前、EAの副社長曰く『[b]今出ているゲームはPS3の持つ可能性の20%にも達していないかもしれない[/b]』と語りました。一方、同時期にEpic Gamesのデザイナー曰く『[b]まだ技術的に沢山の空きがあって、我々は360の表面を引っかいただけ[/b]』だと語っています。つ

ニュース 最新ニュース
数日前、EAの副社長Glenn Entis氏曰く『[url=http://www.psu.com/node/5822]今出ているゲームはPS3の持つ可能性の20%にも達していないかもしれない[/url]』と語りました。一方、同時期にGears of Warを完成させたEpic GamesのデザイナーCliff Bleszinski氏曰く『[url=http://www.gamepro.com/news.cfm?article_id=85688]まだ360には技術的に沢山の空きがあって、我々は360の表面を引っかいただけ[/url]』だと語っています。ついに現行機になった次世代ゲームの世界は、これからさらに凄いことになるみたいです。



どちらもハードの性能を生かすには時間がかかる、逆に時間をかければかけるほど新しい可能性が見つかるといった感じで、ハードの複雑性が増している今のゲーム機では、最初から全ての性能が発揮できないのも仕方無いことかもしれませんね。

発売前から言われていたことですが、PS3の特徴は従来式のGPUコアよりもCellの先進的なCPU構成にあり、Xbox360の方は一般的なSMP型マルチコアCPUに、次期Radeonを先取りしたような先進的なGPU構成になっています。(こうした形になるのは両社が得意とするバックグラウンドとも無縁ではありません。)

一方で実際のゲーム開発において、枯れた部分ほど習熟が早く先端的な部分をフルに生かすにはより時間が必要になりますから、今後のPS3にはCellの処理能力をうまくゲームに引き出したタイトルが、Xbox360の方にも最新シェーダー技術によるグラフィックの伸び代が、どちらもまだまだ沢山あるということなのかもしれません。こういった[b]一つのハードでありながら時とともに進化していくソフト側の工夫[/b]を見るというのも、一連の家庭用ゲーム機サイクルの一つの楽しみではないでしょうか?

そういえば初代Xboxのゲームでも、初期こそは他機種ベースの開発で少々綺麗程度でしたが[b]2周目[/b]にあたるゲームのレベルは同じ世代のゲーム機と思えないぐらい群を抜いていました。(日本では1周目のタイトルがワゴンに溢れたまま、その先が注目されませんでしたが…。)[url=http://www.gamespark.jp/modules/news/index.php?p=517]現在公開されているムービー[/url]などを見ても、2年開発の2周目に当たる2007年末前後の最新ゲームはとても凄いことになりそうです。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.psu.com/node/5822]PSU[/url] / [url=http://www.gamepro.com/news.cfm?article_id=85688]GamePro[/url])[/size]
《Miu》

ニュース アクセスランキング

  1. PS4/XB1版発売決定の『Metro Exodus』国内版の詳細が明らかに!主要キャラの声優陣も公開

    PS4/XB1版発売決定の『Metro Exodus』国内版の詳細が明らかに!主要キャラの声優陣も公開

  2. 4人Co-opアクション『Warhammer: Vermintide 2』第2弾DLC「Back to Ubersreik」発表!―初作の3ステージをリマスター

    4人Co-opアクション『Warhammer: Vermintide 2』第2弾DLC「Back to Ubersreik」発表!―初作の3ステージをリマスター

  3. 『Fallout 76』B.E.T.A.でのフィードバックを元にした今後のロードマップを公表

    『Fallout 76』B.E.T.A.でのフィードバックを元にした今後のロードマップを公表

  4. MicrosoftがObsidianとinXileを買収、海外イベント「X018」で発表

  5. 噂: 今後のSteam大型セール実施日程が判明か―非公式データベースサイトが報告

  6. 『FF14』コラボ、『戦友』スタンドアローン版など―『FF15』2周年記念施策が多数公開

  7. 『ファイナルファンタジーXV』DLC3つの制作中止や田畑Dの離脱が発表―アーデン編は制作続行

  8. 『レッド・デッド・リデンプション2』全世界出荷本数が1,700万本突破!前作が8年かけた販売本数を超える

  9. 世代交代のあるサンドボックス・ライフシムRPG『Kynseed』早期アクセス開始!―2Dオープンワールドで自由に生活

  10. 噂:「プレイステーション クラシック」、ゲームタイトルの動作にオープンソースの既存エミュレータを使用か―海外メディア情報

アクセスランキングをもっと見る

page top