『トゥームレイダー』次回作 ララのキャラクターモデルはウハウハ? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『トゥームレイダー』次回作 ララのキャラクターモデルはウハウハ?

めでたく国内版も発売されたEidos/Crystal Dynamicsの[b]Tomb Raider: Legend[/b]。早くも次回作の制作が発表されたニュースを先月お伝えしましたが、今日入った情報によると、新作で使用されるララ・クロフトのキャラクターモデルは既に完成しているようです。

ニュース 最新ニュース
[size=x-small]こちらはララ・クロフト オフィシャルモデルのKarima Adebibeさん[/size]
めでたく国内版も発売されたEidos/Crystal DynamicsのTomb Raider: Legend。早くも次回作の制作が発表されたニュースを先月お伝えしましたが、今日入ったEurogamerの情報によると、新作で使用されるララ・クロフトのキャラクターモデルは既に完成しているようです。しかもEidosの関係者いわく、「[b]見たらよだれ垂らしちゃうほどすごいよ[/b]」とのことです。



トゥームレイダー第8作目となる次回作のプロジェクトに参加しているイアン・リビングストン氏が、Eurogamerの主催するEGTVで特別に放映されたインタビューに対し次のように語っています。

[quote]「私はゲーム内に登場する新しいキャラクターモデルを見たが、それはまるでテレビ番組で本物の人物を見ているかのようにリアル。もしあなたが、前作(レジェンド)のララ・クロフトに恋してしまうほど熱を入れたのなら、新しいララにぶったまげてよだれを垂らすことになるでしょう。」[/quote]

既にキャラクターモデルが出来上がっているのであれば開発は順調なのでしょう。残念ながら実際のリリース時期は2008年と遥か彼方の先なのですが・・・。また、来年頭に発売予定のTomb Raider 10th Anniversary Editionのリリース日が未だはっきりしていないのもファンにとって少々心配の種です。

尚、同じインタビューでイアン・リビングストン氏は、ハリウッド映画版の第三作目の存在についても「可能性はある」とフォローしています。まだプロジェクトとしても全く非公式であることを認めつつ、パラマウントと話をして脚本家が第一稿目のシナリオを作成する許可を出したと話しています。

2008年にゲームと映画両方の新作がリリース!なんてトゥームレイダーファンにとって夢のような年になると良いのですが。[size=x-small](ソース: [url=http://www.eurogamer.net/article.php?article_id=71115]Eurogamer[/url])[/size][size=x-small](イメージ: [url=http://www.flickr.com/photos/brajeshwar/249068172/]Flickr[/url])[/size]

トゥームレイダー過去の記事一覧
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. ADVの老舗Telltale Gamesの大部分が閉鎖へ…高評価を受けるも売り上げに苦心

    ADVの老舗Telltale Gamesの大部分が閉鎖へ…高評価を受けるも売り上げに苦心

  2. 『フォートナイト』シーズン6は9月27日から!バトルパスの経験値400%プラスボーナスも開始

    『フォートナイト』シーズン6は9月27日から!バトルパスの経験値400%プラスボーナスも開始

  3. 【e-Sportsの裏側】追求し、共感を受けて、そして今の僕がいる。プロゲーマーPunkインタビュー

    【e-Sportsの裏側】追求し、共感を受けて、そして今の僕がいる。プロゲーマーPunkインタビュー

  4. いつでもどこでも白熱チームバトル!新作MOBA『スマッシング・チキンズ』発表イベントレポート【TGS2018】

  5. 『CoD:BO4』恒例「Nuketown」は全プレイヤー向けに11月配信―BLACKOUT、マルチの発売後展開が予告

  6. 海外版PS Now、PS4/PS2アーカイブスのPS4へのローカルダウンロード、DLC購入に対応

  7. 『ロマンシング サガ3』HDリマスターおよび、シリーズ最新作『ロマンシング サガ リ・ユニバース』発売決定!

  8. PC版『エースコンバット7』Steamで予約開始!最小動作環境はGTX 750Tiから

  9. 「日本ゲーム大賞 2018」受賞作品発表! 大賞は『モンスターハンター:ワールド』に【TGS2018】

  10. 【e-Sportsの裏側】「学生なら学校に行き、社会人なら会社に行け」日本のゲームシーンはまだまだこれからだ。プロゲーマーJustin wongインタビュー

アクセスランキングをもっと見る

page top