Xbox360用に音声認識を使ったゲームが登場か?技術ライセンスを発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Xbox360用に音声認識を使ったゲームが登場か?技術ライセンスを発表

北米の音声技術専業メーカーFonix社が、自社技術を使ったXbox360用のソフトがリリースされると発表しました。シーマン360なのか、はたまた[b]N.U.D.E.@360[/b]なのか、今のところ具体的なタイトル名は不明ですが今後は興味深い技術になるかもしれません。

ニュース 最新ニュース


北米の音声技術専業メーカー[url=http://www.fonix.com/fonix/corporate_about.php]Fonix社[/url]が、自社技術を使ったXbox360用のソフトがリリースされると[url=http://www.fonix.com/fonix/recentNews2.php?id=134]発表しました[/url]。シーマン360なのか、はたまた[b]N.U.D.E.@360[/b]なのか、今のところ具体的なタイトル名は不明ですが今後は興味深い技術になるかもしれません。



10年近く前の[url=http://www.nintendo.co.jp/n01/n64/software/nus_p_npgj/index.html]ピカチュウげんきでちゅう[/url]以来、シーマンがヒットしたり脳トレに使われてたりと話題にはなるものの、猛烈に進化したグラフィックと比べて未だ[b]未来的だけど微妙[/b]なポジションに留まってしまっている感のあるゲームの音声認識技術ですが、処理能力の問題なのか周辺機器の宿命なのか、この点プロセッシングパワーに余裕がありヘッドセットの普及率が高いXbox360では、もっと積極的に使われていい技術だと思われます。日本人開発者にはある意味ネットワークより魅力に見えるのか、初代Xbox用にも[url=http://www.xbox.com/ja-JP/games/n/nude/]こんなゲーム[/url]が出ていたりします。

最近になってRainbow Six: VegasのようにボイスでNPC小隊に指示が出せたりするゲームなんかもあらわれ(独自技術なのか認識数も少なく精度そのものは良くないようです)、今後こういったテクノロジーが汎用的にライセンスされるようになれば、案外地味で堅実な使われ方をするのかもしれません。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.younewb.com/index.php/2006/12/19/xbox-360-to-get-voice-recognition-in-game/]YouNewb[/url])[/size]

(C) Microsoft Corporation. All rights reserved.
《Miu》

ニュース アクセスランキング

  1. 噂:SIE、「E3 2019」は不参加―関連カンファレンスも予定なし

    噂:SIE、「E3 2019」は不参加―関連カンファレンスも予定なし

  2. 『レインボーシックス シージ』攻撃側オペレーター「Nomad」国内トレイラー!この能力は一体…

    『レインボーシックス シージ』攻撃側オペレーター「Nomad」国内トレイラー!この能力は一体…

  3. 『Fallout 76』2018年11月14日は「再生の日」―ウェストバージニア州が正式に制定

    『Fallout 76』2018年11月14日は「再生の日」―ウェストバージニア州が正式に制定

  4. 娘の為に製作開始された『Battle Princess Madelyn』12月6日発売決定!―日本版はPS4/スイッチを対象に12月20日発売

  5. 『レインボーシックス シージ』防衛側新オペレーター「Kaid」紹介トレイラー!詳細は11月18日に発表

  6. 倒産のTelltale一部タイトルがSteamより削除に―復活などは未定か

  7. 鮮やかな暗殺、再び『ヒットマン2』国内向け発売開始―全てを凶器に変えろ

  8. ナイアンティック新作ARゲーム『ハリー・ポッター:魔法同盟』2019年配信決定─事前登録も受付中

  9. 『Fallout 76』日本国内からのアトムの購入は発売時点で不可能と発表

  10. サバイバルACT『LEFT ALIVE』世界観やシステムの詳細が明らかに―ヴァンツァーの設定も

アクセスランキングをもっと見る

page top