PS3は本当に売れているの?!海外と日本でも一時的なフィーバーのみ・・ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PS3は本当に売れているの?!海外と日本でも一時的なフィーバーのみ・・

ニュース 最新ニュース

2007年に入り、次世代ゲームコンソール競争が激化と一途を辿る・・、と思われていたのですが、現時点でPS3に関しては海外と日本、どちらも注目するほど話題にも上ってきません。本当にPS3は売れているのでしょうか?


まず、海外のニュースからは以下のようなコメントが見られます。
[b]我々が店頭に置いたすべてのPS3は完売しています。そして、完売したという張り紙を出して告知しました。[/b]
ソニーのスポークスマン・David Karraker氏はこのようにコメントしています。しかし、どうでしょう。掲載している写真のように、PS3は在庫の山が積まれています・・。つまり、ソニーは[b]さも売れているように希少価値感を出そうと躍起になっている[/b]様子をこの発言に垣間見ることが出来るのではないでしょうか。

日本についても、これまた同じく酷い状態・・。
ニュースリンク:「売れないハード」プレステ3、初売りのアキバ各店で販売
上記記事の中で、年の瀬も迫った12月30日になんと整理券配布に並んでいたのはたった1人という記事もリンク付けられています。しかも仙台ではPS3は在庫の山だったとか・・。

こういう状況にしてしまったのは、一体誰のせいなのでしょうか?ソニーでしょうか、ユーザー側の嫌気でしょうか、それともいくつもある多数の問題点でしょうか?確かに海外では[b]転売目的で購買したのがカウントされて売れているように見えた[/b]のが実際のところです。本当にプレイしたいゲームが出る(あるいは出た)から、という理由で買った人達は何人いるのか分かりません。

メーカーも、そしてゲームを開発するソフト会社も「ゲームへの情熱」がなければ、ただのマネーゲームになってしまうでしょう。特に日本のゲーム制作側は、ゲームに対しての意識を根底から叩き直すしかないかも知れません。皆さんはどう思われますか・・?
[size=x-small](ソース: [url=http://www.maxconsole.net/?mode=news&newsid=13315]MaxConsole[/url])[/size]

関連記事:「PlayStation 3の試遊台がフリーズするのは仕様」SCE社員
関連記事:売れ残ったPS3を、なんとお店に返品し始めた転売屋さん達
《Taka》

ニュース アクセスランキング

  1. 第一次世界大戦の物語描く新作ADV『11-11: MEMORIES RETOLD』が海外発表

    第一次世界大戦の物語描く新作ADV『11-11: MEMORIES RETOLD』が海外発表

  2. 『Destiny 2』拡張第二弾「ウォーマインド」国内PS4版配信決定!

    『Destiny 2』拡張第二弾「ウォーマインド」国内PS4版配信決定!

  3. リマスター版『バレットウィッチ』がSteam配信決定! 4K解像度対応やゲームバランス調整も

    リマスター版『バレットウィッチ』がSteam配信決定! 4K解像度対応やゲームバランス調整も

  4. Xboxマーケティング部門ベテランディレクターが退職、18年にわたる活動にピリオド

  5. 関連作品3本の追加収録が決定!『くにおくん ザ・ワールド』最新情報公開

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. テンセント、『フォートナイト』中国向け提供を正式発表ー約16億円を投じて違法コピー規制、e-Sports展開を目指す

  8. 『PUBG』バランス調整/アタッチメント改善が予告、AR一強に終止符か

  9. 噂:延期が続く『Crackdown 3』のリリース時期は近日発表? 伯レーティング機関に情報登録

  10. オランダ賭博当局、複数タイトルに“ルートボックス”の是正命令―運依存/換金可能なアイテム提供を問題視

アクセスランキングをもっと見る

page top