次はいよいよ『StarCraft』!?10周年の前には、またも続編が噂に… | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

次はいよいよ『StarCraft』!?10周年の前には、またも続編が噂に…

発売から9年目を迎えても第一線で延々と遊ばれ続けるPCゲームの金字塔、[b]StarCraft[/b]の続編話が先日行われた[b]World of Warcraft: The Burning Crusade[/b]の発売イベントで、Blizzardの副社長の口から出てきました。無事にWoWの拡張パックも出たことで、いよ

ニュース 最新ニュース


発売から9年目を迎えても第一線で延々と遊ばれ続けるPCゲームの金字塔、[b]StarCraft[/b]の続編話が先日行われたWorld of Warcraft: The Burning Crusadeの発売イベントで、Blizzardの副社長の口から出てきました。無事にWoWの拡張パックも出たことで、いよいよ次は期待して良いのでしょうか?それともやっぱり、まだまだ先は長い!?



「私は、自分自身もStarCraftのプレイヤーです。ですが、それが10年にならないこと望んでいます。私達は、StarCraftを1998年に立ち上げました。私はここに再び立つ前に、シリーズの次のゲームで祝います。」


オリジナルと1回の拡張パックがリリースされたのはもう9年前になりますが、StarCraftはそれ以来いまだに継続してパッチが提供され続け、無料の対戦サーバー[url=battle.net]Battle.net[/url]では今でもこのゲームだけで同時に数万人を超える人がプレイしているという、PCゲーム以外の世界ではまず考えられないようなお化けゲームです。(久々にログインしてみたら7万人もいて、WarCraft3よりもさらに多かった…)

この10年近い間に、一体いくつのネットゲームが生まれては、サービスごと消えていったことかと考えるとなかなか恐ろしいものがありますね。

そんなゲームだけに続編の話題は、何かBlizzardに動きがあるたびに毎回のように言われているのですが、副社長の思わせぶりな発言とはいえ今回もまた具体的な何かの発表というわけではないようです。

実際、兄弟作のWarCraftは2の後に3が出るまで7年もかかりました。もし出るとしてもBlizzardの事ですから、発表されてもそこからさらに何年も待つ覚悟は必要そう。今度は一体何になるかわかりませんが、次回作を気長に楽しみに待ちましょう。[size=x-small](ソース: [url=http://www.pro-g.co.uk/news/15-01-2007-4502-1.html]Pro-G[/url])[/size]

関連記事:ニュース : Blizzard COOインタビュー「未発表の3タイトルがプロジェクト進行中」


関連記事:BlizzardがRTSレベルデザイナーを募集、次回作は・・・


関連記事:ムービー : タッチスクリーンで『StarCraft』をプレイ!
《Miu》
【注目の記事】[PR]

ニュース アクセスランキング

  1. 『ハーヴェステラ』などで知られる高Pこと高大輔氏、スクウェア・エニックス退職を発表

    『ハーヴェステラ』などで知られる高Pこと高大輔氏、スクウェア・エニックス退職を発表

  2. 『ティアキン』違法DLを助長した―ニンテンドースイッチエミュレーター「Yuzu」を任天堂が提訴

    『ティアキン』違法DLを助長した―ニンテンドースイッチエミュレーター「Yuzu」を任天堂が提訴

  3. 『GTA6』開発Rockstar Gamesによる脱リモートワークの動きに反発―悪しきクランチ習慣復活への布石との危惧も

    『GTA6』開発Rockstar Gamesによる脱リモートワークの動きに反発―悪しきクランチ習慣復活への布石との危惧も

  4. 古竜の討伐に挑むダークファンタジーハクスラ『Dragonkin: The Banished』発表!

  5. ニンテンドースイッチ後継機2025年3月発売へ―日本経済新聞が報じる

  6. 2024年初頭のSteamセール情報発表!スプリングセールから海賊vs忍者フェスまで春イベントの日程を一挙公開

  7. 最大86%OFF! カプコンとスクエニの懐かしい名作や『YU-NO』『コットン』など伝説的な作品の再誕がお買い得【eショップ・PS Storeのお勧めセール】

  8. Respawn開発の「スター・ウォーズ」FPSも開発中止に…EA、全従業員の約5%を削減へ

  9. 「後継会社はない、類似商品に注意」活動最終日のILLUSION(イリュージョン)が声明―元関係アカウントから生じたのは「類似品メーカー」?最後に生まれた謎

  10. 『ヘブンバーンズレッド』はなぜ大ブレイクしたのか―2周年を迎え、まだまだ盛り上がりをみせる本作の魅力に迫る!

アクセスランキングをもっと見る

page top