『AquaZone』18種類のお魚が追加、全部で5000MSポイントオーバー? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『AquaZone』18種類のお魚が追加、全部で5000MSポイントオーバー?

ニュース 最新ニュース



国内版のマーケットプレイスなので既に気づいた方も多いかと思いますが、日本の[b]AquaZone[/b]や[b]A列車で行こう HX[/b]に新ダウンロードコンテンツが多数追加されています。ただこれが、またしてもパッケージディスク内の単なるキーデータのようで、その量の多さから海外で話題になってしまっています。



[b]AquaZone 〜LIFE SIMULATOR〜[/b]のゲームソフトは、去年の9月に3,800円で発売されました。約5ヶ月振りの追加データ登場となるわけですが、お魚一種類あたりでは210〜420MSポイント(約300〜600円)ですし、そもそも全部を買わなくては楽しめないというものでは全くもってないのですが、今まで有料でしか解除できないキーコードをここまでまとめて販売した例はさすがになく、海外ではその値段もあいまってかなり強い調子で非難されています。

初めからダウンロードコンテンツをメインに据えて、追加課金するならするで別に構わないとも思いますが、それであるなら基本パッケージもダウンロード専用にしてもっと価格を下げて間口を広げるとか、ビジネスとしてもユーザーサービスとしても、お互いがもっとうまくいくやり方があったように思えなくもありませんね。

また、同じく国産タイトルの[b]A列車で行こう HX[/b]でも、21種類の追加列車データが配信されていますがこちらも108kbしかないキーデータのようです。(こちらは50MSポイント。今後はセット販売なども計画しているそう。)

次世代機の普及によっていよいよ一般化してきたマイクロペイメントですが、デジタルデータに値段を決められるのは発売元だけです。タダで配るのもキーデータに追加課金するのも、どんな値段付けもできるだけに、今後はよりよい成功モデルの登場が望まれます。[size=x-small](ソース: [url=http://xbox360.qj.net/Aquazone-Microtransactions-and-62-dollar-fish/pg/49/aid/81517]QJ.NET[/url])[/size]

関連記事:あなたが購入したディスクの中身を再生するのにお金を払うこと


関連記事:今年を振り返る:2006年の『Worst』 of the Yearに選ばれたのは…後編


(C) Frontier Groove, Inc.
《Miu》

ニュース アクセスランキング

  1. 400人バトルロイヤルも可能な新作シューターの初映像が2月にお披露目!

    400人バトルロイヤルも可能な新作シューターの初映像が2月にお披露目!

  2. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

    ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  3. 海外版『魂斗羅』など多数のゲームパッケージイラストを手がけたBob Wakelin氏が死去

    海外版『魂斗羅』など多数のゲームパッケージイラストを手がけたBob Wakelin氏が死去

  4. 噂: 『Dead by Daylight』に「Saw」のジグソウ参戦か―意味深な予告映像

  5. 閉じ込められた男を救う2Dアドベンチャー『STAY』発表!―ゲームはリアルタイムで進む…

  6. ユービーアイがサーバーメンテナンス実施ー1月22日14時から8時間程度

  7. 火星オープンワールドサバイバル『Memories of Mars』発表!―2018年春に早期アクセス予定

  8. PC版『レインボーシックス シージ』海外イベントで日韓対決実現!「eiNs」が挑む

  9. 映画2作の間を描く「ブレードランナー」VRゲーム『Blade Runner: Revelations』発表!

  10. SF MMO『EVE Online』にて2,200人規模の大艦隊戦が勃発、旗艦に当たるTitanクラスが50艦以上も轟沈

アクセスランキングをもっと見る

page top