海外レビューハイスコア『ブルードラゴン』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア『ブルードラゴン』

北米では、今年の6月あたりにリリースが予定されているXbox360の[b]ブルードラゴン[/b]。海外では既に日本版をプレイしたレビューがいくつか投稿されており、いずれも80点以上の高い評価を得ているようです。

ニュース 最新ニュース
●[b]CVG: [size=medium]9.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―ブルードラゴンは日本におけるXbox360を助けるのには充分ではなかったかもしれない。しかし我々は、続編が発表されるのを今から楽しみにしている。

●[b]360 Gamer Magazine UK: [size=medium]9[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―ユーモアに溢れパンチの効いた脚本と声優の演技は評価に値する。ブルードラゴンは任天堂のゼルダに当てはまるタイトル。

●[b]Games Radar: [size=medium]9[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―極上のサウンドトラックは言うことなし。ボス戦の突飛なハードロックは耳をふさぎたくなる人もいるかもしれない。Deep Purpleを知らない?君のお父さんか、結婚してない叔父さんがいたら聞いてみてくれ。

●[b]GameBrink: [size=medium]88[/size][/b]/[size=x-small]100[/size]
―ブルードラゴンのロールプレイングゲームの素晴らしさと快活な魅力は、Xbox360ラインナップの不足していた部分を満たした。

●[b]Official Xbox Magazine: [size=medium]85[/size][/b]/[size=x-small]100[/size]
―この手のゲームは過去にもたくさんあった。しかし察するに、これほど丹念で配慮の行き渡った作品は滅多にお目にかかることがないだろう。そしてそれが本作を特別な存在にしているのだ。


日本では2006年ホリデーシーズンに発売され、初週で8万本のセールスを記録したことが海外でも注目されていたXbox360用RPGブルードラゴン。北米では、今年の6月あたりにリリースが予定されていますが、海外では既に日本版をプレイしたレビューがいくつか投稿されており、いずれも80点以上の高い評価を得ているようです。海外版の売れ行き次第では、[url=http://xbox360.ign.com/objects/866/866555.html]続編[/url]やDS版が制作される!?というウワサもあったりするので、国内のブルドラファンも注目しておきたいところですね。

ブルードラゴン 過去の記事一覧

(C) 2006 BIRD STUDIO / MISTWALKER, INC. All rights reserved. c 2006 Microsoft Corporation. All rights reserved.
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 『ドラゴンクエストX』最新追加パッケージ「いばらの巫女と滅びの神」発売決定!新世界「魔界」を舞台に新たな冒険が始まる

    『ドラゴンクエストX』最新追加パッケージ「いばらの巫女と滅びの神」発売決定!新世界「魔界」を舞台に新たな冒険が始まる

  2. スクエニ新作『鬼ノ哭ク邦』8月22日発売決定!「鬼ビ人(ジョブ)」を紹介した最新映像も

    スクエニ新作『鬼ノ哭ク邦』8月22日発売決定!「鬼ビ人(ジョブ)」を紹介した最新映像も

  3. Co-opゾンビシューター『World War Z』が発売1ヶ月で200万本セールス達成!

    Co-opゾンビシューター『World War Z』が発売1ヶ月で200万本セールス達成!

  4. THQ Nordicが『メトロ』シリーズ開発元と未発表AAA作品の開発契約を締結―グループ全体で80のゲームを開発中

  5. 「Frostbiteエンジン」の新たな毛髪表現を紹介するショーケース動画が公開―実写のように揺れ動く

  6. Valve、『アサシン クリード ユニティ』Steamでの逆レビュー爆撃を集計外としない方針

  7. PS4/スイッチ版『Dusk Diver 酉閃町』2019年秋に発売決定―「台湾の原宿」が舞台のアニメ風爽快ACT

  8. 人気レースゲームシリーズ最新作『GRID』PS4/XB1/PC向けに発表―2019年9月に発売予定

  9. あの体験がいつでも!基本無料『Call of Duty: Mobile』発表―バトロワ搭載も示唆

  10. 「ゲーム・オブ・スローンズ」原作者が日本のゲーム制作への関与を示唆─「日本からゲームについて相談を受けた」

アクセスランキングをもっと見る

1
page top