クラシックコントローラをWiiリモコンに取り付ける自作クリップ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

クラシックコントローラをWiiリモコンに取り付ける自作クリップ

家庭用ゲーム Wii

恐らく誰もが[b]この2つの穴は何?[/b]と疑問に思っているかも知れない、クラシックコントローラ裏面の穴。この部分を利用し、Wiiリモコンに取り付けてしまおうとクリップを自作してしまった方がいます。製作工程の説明や写真も掲載されていますので、一部ながら紹介します。


このクリップを作ったのは、Chris Williams氏です。
[b]私はクラシックコントローラに付いている「ミステリアス」な中央の第3のボタンを利用して、Wiiリモコンに取り付けるクリップを作ってみました。[/b]

そういえば、コントローラ肩にある中央のボタンだけ、ゲームの機能とは全く関係のないものですね。これを押すことで、裏にある謎の2つの穴が開閉する仕組みになっていますが、用途は分かっていません。

[b]この構造はWiiリモコンと取り付けるために作られた物なのではないか、と私なりに仮定して製作することにしたのです。[/b]

Williams氏はそれから、CADを使ってクリップの製図を書き、このクリップを作り始めたということです。彼はなんと、機械工学の博士号に取り組んでいる方。やはり頭の回転は速いみたいですね。

以下のスクリーンショットが、クリップ本体と取り付け方を示したものです。


クリップ本体。割とシンプルですね。



Wiiリモコンの側面にある溝にフィットするよう、設計されています。1と2ボタンが隠れてしまうようになりますが、上にスライドすることでしっかりセッティング。


クラシックコントローラへの取り付けは簡単。


なかなかの出来栄えですね。2つほど作って欲しい(筆者は2本持ってるので)。

このクリップですが、CADデータを解析して造形する装置を使い、SLAという特殊な樹脂で作られているそうです。これをモックアップにして任天堂が製品化しても良さそうですが、そもそもクラシックコントローラの謎の構造を明かしてもらう方が先かも知れませんね。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.joystiq.com/2007/02/19/diy-nintendo-wii-classic-controller-clip-holds-your-wiimote-so/]Joystiq[/url])[/size]

関連記事:任天堂サポートセンターの恐ろしく親切な対応が海外で話題に
《Taka》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチ本体にファミコン版『ゴルフ』が隠されていることが判明!―故・岩田聡氏の命日にのみ起動可能

    ニンテンドースイッチ本体にファミコン版『ゴルフ』が隠されていることが判明!―故・岩田聡氏の命日にのみ起動可能

  2. 「Xbox One X」の国内発売日が決定!―「Project Scorpio エディション」も

    「Xbox One X」の国内発売日が決定!―「Project Scorpio エディション」も

  3. 『オーバーウォッチ』新アップデート配信開始!―新マップ追加、マーシー・D.Vaに大幅変更

    『オーバーウォッチ』新アップデート配信開始!―新マップ追加、マーシー・D.Vaに大幅変更

  4. 『FFXV』「オンライン拡張パック:戦友」が10月31日より配信開始、TGS2017への出展も決定

  5. タイ産高速ロボACT『プロジェクト・ニンバス』Steam版が正式発売へ、PS4リマスター版も発表

  6. 『GTAオンライン』最新アップデート!―新たな敵対モード「飛べ!ボンブーシュカ」実装など

  7. Xbox One/Win 10『Forza Motorsport 7』デモ版配信開始!ローンチトレイラーも公開

  8. 『アサシン クリード オリジンズ』「古き結社」の日本語吹き替えトレイラー!―仮面を被る奴らは一体?

  9. スクウェア・エニックス新作『LEFT ALIVE』はサバイバルアクション?そして登場ロボは「ヴァンツァー」―Steamストアページより

  10. 『モンスターハンター:ワールド』パッケージモンスターが判明!新PVも公開に

アクセスランキングをもっと見る

page top