Wiiの成功に感化されたXbox360の新しい秘密兵器とは?ムーア氏からのヒント | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Wiiの成功に感化されたXbox360の新しい秘密兵器とは?ムーア氏からのヒント

ピーター・ムーア氏がGameInformerのインタビューを受けて、2007年におけるXbox360の戦略について語り、その中で任天堂Wiiの成功を目の当たりにしてMicrosoftの戦略が変わりつつあることや、新作タイトルではない、何らかの実験的な試みとされる隠し玉を発表する見通

ニュース 最新ニュース
Game*Sparkのニュースでも度々登場する米マイクロソフト Xbox事業部のトップ、ピーター・ムーア氏。先週、彼がGameInformerの[url=http://www.gameinformer.com/News/Story/200702/N07.0222.1908.40031.htm]インタビュー[/url]を受けて、2007年におけるXbox360の戦略について語り、その中で、任天堂Wiiの成功を目の当たりにしてMicrosoftの戦略が変わりつつあることや、新作タイトルではない、何らかの実験的な試みとされる隠し玉を発表する見通しであることが明らかになりました。


以下、ムーア氏の気になるコメントを抜粋。

“ファーストパーティの立場から見れば、それは単にE-ratedゲームについてではなく、体験するということだ。率直に言えば任天堂は、ゲームというプラットフォームに「楽しみ」を取り戻す素晴らしい業績を成し遂げた。

しかし、我々も(任天堂と)同じことができるようになるちょっとしたトリックを用意している。それは、決して遠慮するようなことではないし、年末に我々が見落としていて慌てて変更が必要になったという類のことでもない。これは、当初から戦略として考えていたこと。一ヶ月か二ヶ月中に、何らかの発表を行うことになるだろう。”


なかなか遠回しでかつ思わせぶりなコメントですね、ムーア氏のこの発言を見た一部の海外サイトでは、Xbox360にモーションセンサー機能が搭載!?と早くも興奮気味の予想が出ているようです。確かに彼の言わんとしていることを強引にまとめると、「[b]Wiiは楽しいね、じつを言うとこっちも最初から同じようなこと考えてたの[/b]」というニュアンスもないことはないです。

インタビューでは、他にも重要なヒントになりそうなこんなコメントが出ています。

“それは、実際のところゲームではなく、より実験的なものだ。もう一度言わせてもらうと、TGSの演壇で岩田さんがヌンチャクコントローラーを取り出したのを見て以来、私はそれを任天堂が次世代機競争で成功するための正しい決断だったと常に気が付かされる。そしてそれはいつも我々にとっての挑戦になっていた。

そこでだ、我々はプランがある。これはサプライズとしては発表されないだろう。(Microsoftの)戦略は一年以上前から説明済みだし、あなたはその一部を次のホリデーシーズン以降には目にすることになる。”


ムーア氏の語っている“それ”がモーションセンシング機能だったと仮定しても、なんだかかなり大掛かりなプランのようにも聞こえますね。Wiiのヌンチャクが例に挙げられているあたり、Xbox360に何らかの新しいコントロール体系が導入されたりするのでしょうか。もしそうだとすれば、全然サプライズなのですが!やっぱりその辺りがはっきりしないため、想像ばかりが膨らんでしまいます・・・[size=x-small](ソース: [url=http://www.nintendowiifanboy.com/2007/02/26/peter-moore-wiis-success-is-making-us-rethink-our-strategy/]Wii Fanboy:Wii's success is making us rethink our strategy[/url], イメージ: [url=http://www.flickr.com/]Flickr[/url])[/size]

関連記事:新型Xbox360本体の噂がまたまた再燃…今度は発売日と価格も?
関連記事:Xbox360のコントローラにモーションセンサー機能を搭載
関連記事:PS3にもWiiリモコン型のデバイスが登場?SCEが特許申請
関連記事:今度は任天堂のWiiリモコンを、特許侵害で訴える企業が現れる
関連記事:“イレズミ男”ムーア氏 Xbox360の日本展開について語る
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 『サイバーパンク2077』欧州でのパブリッシングはバンダイナムコが担当

    『サイバーパンク2077』欧州でのパブリッシングはバンダイナムコが担当

  2. 地獄ホラー『Agony』の無規制版『Agony UNRATED』やっぱり登場か!? Steamページが出現

    地獄ホラー『Agony』の無規制版『Agony UNRATED』やっぱり登場か!? Steamページが出現

  3. 『ポケモンGO』シンオウ地方ポケモンがついに登場!「ギラティナ」の姿も新映像に…

    『ポケモンGO』シンオウ地方ポケモンがついに登場!「ギラティナ」の姿も新映像に…

  4. 『Magicka』『HELLDIVERS』開発元が三人称視点の新作Co-opゲームを開発中

  5. 『レッド・デッド・リデンプション2』Xbox One版のファイルサイズが約89GBと判明

  6. 『フォートナイト』最新V6.10パッチノート!新ビークル「クアッドクラッシャー」やゲーム内トーナメント実装

  7. じんわりとした不安が襲うコズミックホラーADV『Ode to a Moon』発表!

  8. サンドボックスMMORPG『Ember Sword』発表!―プレイヤーによりコンテンツが創造

  9. CDPRが『ウィッチャー』シリーズ11周年記念イベントを開始ーまずは11日間に渡りシリーズ豆知識を公開

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

page top