Games for Windows Liveは5月8日からサービス開始! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Games for Windows Liveは5月8日からサービス開始!

PC Windows

マイクロソフトがWindows VistaとXbox360のクロスプラットフォームのゲームプレイを提供する、[b]Games for Windows Live[/b]のサービスを5月8日から開始することを明らかにしました。[b]Halo 2 for PC[/b]や[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=shadowrun&kcatid=&x=0&y=0]Shadowrun[/url]、XBLAの[b]UNO[/b]などが最初の対応ソフトとなるようです。料金なども含めてご紹介します。


以前にも紹介してあるように、このサービスはほぼXbox360のシルバー&ゴールドメンバーシップの機能をVistaにも搭載するものです。ただ、一番の特徴はコンシューマ機であるXbox360とのクロスプラットフォームを実現出来る事で、これにより同タイトルのPC版とXbox360版のマルチプレイ対戦といったことが可能になります。


Xbox360とほぼ同じインターフェイス。使い易そうです。


肝心の料金ですが、ゴールドメンバーの場合は有料となります($49.99、日本円で約5,800円)。これは1年利用の金額で、Xbox360での料金と同じです。他にも単月払いや3ヶ月毎の料金設定(それぞれ$7.99、$19.99)もされています。ゴールドメンバーではなく、誰でも無料で加入出来るシルバーメンバーシップは、機能的制限はあるもののフレンドとのテキスト&ボイスチャットなどが可能で、PC同士のマルチプレイのみサポートとなります。

シルバーメンバーシップとゴールドメンバーシップの違いは、以下の通りです。
[b]シルバーメンバーシップの機能
・Xbox Liveとアカウントが統一
・シングルプレイ実績
・プライベートなテキスト&ボイスチャット
・フレンドリスト
・PCのみでのマルチプレイ(対応としてリストされているPCゲーム)

ゴールドメンバーシップの機能(シルバーメンバーシップのすべての機能を含む)
・フレンドとのマルチプレイマッチメイキング
・実力マッチメイキング
・マルチプレイ実績
・クロスプラットフォームマルチプレイ[/b]


PCユーザーだけでなく、Xbox360アイコンの付いてるユーザーも表示。


ご覧の通り、[b]要となるクロスプラットフォームのマルチプレイは、ゴールドメンバーシップでなければ実現しません[/b]。せめてお試し期間として1ヶ月以上の体験サービスは欲しいところですね。春頃にXbox360のシステムアップデートが行われ、サービスに対応するとのことです。XBLAの[b]UNO[/b]も、クロスプラットフォームに対応。もちろん、Vista版も配信になります。



また、FPSの代名詞となった[b]Halo 2 for PC[/b]の話題も入ってきています。約1000ポイントの実績(項目は40)が含まれ、コントロールはキーボード&マウス、またはXbox360周辺機器のコントローラに対応。マップエディタも同梱されます。残念ながら[b]Halo 2 for PCはPC同士のマルチプレイにのみ対応[/b]とのこと。さすがに初代Xbox版とのクロスマルチプレイは出来ないようですね。発売は5月8日を予定しています。

[b]Shadowrun[/b]は、クロスマルチプレイが可能なタイトルです。こちらは内容としてもFPSですので盛り上がるのではないでしょうか。[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=101-11548&kword=shadowrun]PC版[/url]、[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=121-10062&kword=shadowrun]Xbox360版[/url]ともに6月発売予定です。

このサービスは、Windows Vistaが必須となります。[b]「XPじゃダメなの??」という方、残念ながら対応してない[/b]ようです。また、日本でのサービス展開については、現在のところ正式なアナウンスはされていません。現在、ベータ版テストが行われているようです。補足になりますが、Games for Windows Liveでクロスマルチプレイを行う場合、それなりにPCのパフォーマンスが必要となります。特に[b]Shadowrun[/b]では既報のように、高スペックを要求していますので、Vistaが滞りなく動作するPCの準備が必要になります。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.gamespot.com/news/6167353.html?om_act=convert&om_clk=newstop&tag=newstop;title;3]GameSpot(Windows Live)[/url],[url=http://www.gamespot.com/news/6167316.html?om_act=convert&om_clk=newstop&tag=newstop;title;12]GameSpot(Halo 2 for PC)[/url])[/size]

【関連記事】
Games for WindowsタイトルのWindows Liveゴールドアカウント価格が発表
Vista版『Halo 2』、実績システムの情報が公開。GDC 07ではゲームプレイ映像も。
『Shadowrun』ゲーム内容に関してのQ&Aとスクリーンショット3点

Games for Windows Liveの関連記事をGame*Sparkで検索!

(C)Microsoft,(C)Bungie
《Taka》

PC アクセスランキング

  1. 開発期間約8年の『SpyParty』が近日Steam早期アクセス!―スパイとスナイパーによる1vs1

    開発期間約8年の『SpyParty』が近日Steam早期アクセス!―スパイとスナイパーによる1vs1

  2. 『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

    『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

  3. テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

    テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

  4. 『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか【UPDATE】

  5. PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

  6. 『グウェント』ストーリーキャンペーン配信延期―パブリックベータ開発ロードマップも発表

  7. 初代『Mafia』のSteam版が販売再開!―ライセンス楽曲は削除に

  8. 『ワールド オブ ファイナルファンタジー』Steam版配信開始!―『FF』キャラたちが可愛くなって大冒険

  9. クリッカー系RPG『Clicker Heroes 2』F2P廃止へ―「我々は課金中毒のプレイヤーから収益を得るのを望んでいない」

  10. ハクスラARPG『Titan Quest』10年振りの新拡張パック「Ragnarok」配信開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top