あなたの血をくれたらアカウント復活させてあげます!?中国のMMOで驚きの発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

あなたの血をくれたらアカウント復活させてあげます!?中国のMMOで驚きの発表

PC Windows



中国でMMOなどのポータルサービスを運営している[url=http://www.moliyo.com/]Moliyo[/url]という会社が、12万人ものアカウントを不正行為で停止処分にしました。ここまでなら毎度よくある話なのですが、なんと彼らが献血に行ったらそのアカウントを返してくれるんだそう。実は既に100人以上のプレイヤーが、自分達の血液と引き換えにアカウントを復活させるつもりなんだとか……。



その名も[url=http://www.weirdasianews.com/2007/03/20/online-gamers-can-now-pay-with-their-blood/]Weird Asia News[/url]というサイトによると、これに同意したプレイヤーは南京で行われる公開の献血運動に出席し、自ら半リットルの血液を寄付しなくてはなりません。

なんでも以前中国では、数千人の献血ドナーらがHIVに感染してしまう騒ぎがあったそうで、ここ数年来献血の希望者を増やすのに困っていたんだとか。中国では普通、一回の献血で12ドルが提供者に支払われます。

そこで、この会社曰く、「文明的な社会のため、社会的責任や公共の福祉でオンラインゲーマーの評判を高めてください!」……だって。

どうやら日本でも運営されている[url=http://www.cabal.jp/]Cabal[/url]というMMOなどでの話で、アカウントを止められたのは、例によって不正BOTの使用による一斉BANということみたい。迷惑行為でゲームマスターから、仮想世界の監獄入りを命じられたなんて話はわりと良くありますが、そこで現実社会でのボランティアを要求するあたり、さすが中国のオンラインサービスはなんとも先進的(?)といえましょう。

普通のユーザーにも、献血に参加したらフリーアカウントを用意しているそうで、ゲーマーが社会貢献もできてリアル社会での評判アップ、案外いいアイディアなのかも?それともこのゲーム、一度ハマってしまうともう生き血を払ってでも止められないということでしょうか……。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.weirdasianews.com/2007/03/20/online-gamers-can-now-pay-with-their-blood/]WeirdAsianNews: "Online Gamers can now pay with their blood"[/url])[/size] [size=x-small](イメージ: [url=http://www.deviantart.com/print/481415/]DeviantArt[/url])[/size]

【関連記事】
7日間オンラインゲームを"マラソン"プレイし続けた末に北京の男性が死亡…
ロシアではUSB接続のウォッカグラスが登場!?専用チャットルーム付き…
MMOGプレイヤーのうち9人に1人はゲーム依存症
PSPに超そっくりな携帯電話が登場@中国
《Miu》

PC アクセスランキング

  1. 新作バトロワ『The Culling 2』プレイヤー数が激減、発売3日目にして同時接続数「2人」に

    新作バトロワ『The Culling 2』プレイヤー数が激減、発売3日目にして同時接続数「2人」に

  2. 4人Co-opシューター『Earthfall』が正式リリース! 残忍なエイリアンに立ち向かえ

    4人Co-opシューター『Earthfall』が正式リリース! 残忍なエイリアンに立ち向かえ

  3. 無料配布中の『Hacknet』が24時間比で約98倍のユーザー増―突如同接12万人超えを記録

    無料配布中の『Hacknet』が24時間比で約98倍のユーザー増―突如同接12万人超えを記録

  4. 伝説級ホラーゲーム『P.T.』を17歳のファンがリメイク、ゲームプレイの忠実な再現を目指す

  5. ハッキングADV『Hacknet』Steamにて期間限定の無料配布がスタート!

  6. 週末セール情報ひとまとめ『FF12』『Cities: Skylines』『BATTLETECH』『TOKYO DARK』他

  7. Sci-Fiバトルロイヤル『Islands of Nyne: Battle Royale』早期アクセス開始!

  8. クリッカー系RPG『Clicker Heroes 2』F2P廃止へ―「我々は課金中毒のプレイヤーから収益を得るのを望んでいない」

  9. 某人気ゲームの建築要素を練習できる?『Battle Royale Builder』Steam早期アクセスで登場

  10. 『PUBG』公式ゲームアイテムにもなった人気ストリーマーShroudが1ヶ月のBANへ―原因は野良ユーザーの“チート”【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top