全然違ウ!海外版カバーアート『ロックマン』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

全然違ウ!海外版カバーアート『ロックマン』

PC Windows

今年12月17日で、[b]ロックマン[/b]誕生20周年との事です。ゲーム内容もアクションとしては完成度が高く、今でも人気があります。今回は海外では[b]MegaMan[/b]と称されているパッケージイラストを比較してみます。


日本版ロックマンは、こんな感じ。あまりにも古いため、ロックマン初代作のパッケージは見当たりませんでしたので、ロックマン2のイメージイラストに。


まあ、お馴染みのキャラクターですね。ポップな感じです。

そして、海外ロックマンである[b]MegaMan[/b]のパッケージイラストがこれです・・。


えー、言葉がないというか、なんと形容すれば良いか・・。ともかくMegaManです。海外ロックマンなんです。しょぼくれた感じがナイス(?!)。こうしてMegaManは、海外の人気キャラクターとして仲間入りを果たした、ようです。しかし、あまりにも日本版とギャップがありすぎますね。20年も前になれば、これでも受け入れられたのでしょうが・・。

MegaManはこういうところでも頑張っております(デッドライジングより)。近年は日本版ロックマンのイメージが定着しています。


主に低年齢層に受けているロックマンですが、最近カプコンは秀逸な作品をリリースしたりと大変頑張っております。これからも面白い作品を出して欲しいと思います。それでも昔のMegaManは帳消しにはならない?!

[url=http://www.capcom.co.jp/rockman20th/]ロックマンシリーズ公式サイト[/url]

【関連記事】
『ロックマンZXアドベント』スクリーンショット25点
本日の一枚 『海外ファンによるロックマンのコスプレ』
ロックマンvsドンキーコング、おまけでテトリス

『全然違ウ!海外版カバーアート』一覧

(C)Capcom
《Taka》

PC アクセスランキング

  1. 開発期間約8年の『SpyParty』が近日Steam早期アクセス!―スパイとスナイパーによる1vs1

    開発期間約8年の『SpyParty』が近日Steam早期アクセス!―スパイとスナイパーによる1vs1

  2. 『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

    『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

  3. テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

    テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

  4. 『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか【UPDATE】

  5. PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

  6. 『グウェント』ストーリーキャンペーン配信延期―パブリックベータ開発ロードマップも発表

  7. 初代『Mafia』のSteam版が販売再開!―ライセンス楽曲は削除に

  8. 『ワールド オブ ファイナルファンタジー』Steam版配信開始!―『FF』キャラたちが可愛くなって大冒険

  9. クリッカー系RPG『Clicker Heroes 2』F2P廃止へ―「我々は課金中毒のプレイヤーから収益を得るのを望んでいない」

  10. ハクスラARPG『Titan Quest』10年振りの新拡張パック「Ragnarok」配信開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top