全然違ウ!海外版カバーアート『ロックマン』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

全然違ウ!海外版カバーアート『ロックマン』

今年12月17日で、[b]ロックマン[/b]誕生20周年との事です。ゲーム内容もアクションとしては完成度が高く、今でも人気があります。今回は海外では[b]MegaMan[/b]と称されているパッケージイラストを比較してみます。

PC Windows
今年12月17日で、[b]ロックマン[/b]誕生20周年との事です。ゲーム内容もアクションとしては完成度が高く、今でも人気があります。今回は海外では[b]MegaMan[/b]と称されているパッケージイラストを比較してみます。


日本版ロックマンは、こんな感じ。あまりにも古いため、ロックマン初代作のパッケージは見当たりませんでしたので、ロックマン2のイメージイラストに。


まあ、お馴染みのキャラクターですね。ポップな感じです。

そして、海外ロックマンである[b]MegaMan[/b]のパッケージイラストがこれです・・。


えー、言葉がないというか、なんと形容すれば良いか・・。ともかくMegaManです。海外ロックマンなんです。しょぼくれた感じがナイス(?!)。こうしてMegaManは、海外の人気キャラクターとして仲間入りを果たした、ようです。しかし、あまりにも日本版とギャップがありすぎますね。20年も前になれば、これでも受け入れられたのでしょうが・・。

MegaManはこういうところでも頑張っております(デッドライジングより)。近年は日本版ロックマンのイメージが定着しています。


主に低年齢層に受けているロックマンですが、最近カプコンは秀逸な作品をリリースしたりと大変頑張っております。これからも面白い作品を出して欲しいと思います。それでも昔のMegaManは帳消しにはならない?!

[url=http://www.capcom.co.jp/rockman20th/]ロックマンシリーズ公式サイト[/url]

【関連記事】
『ロックマンZXアドベント』スクリーンショット25点
本日の一枚 『海外ファンによるロックマンのコスプレ』
ロックマンvsドンキーコング、おまけでテトリス

『全然違ウ!海外版カバーアート』一覧

(C)Capcom
《Taka》
【注目の記事】[PR]

PC アクセスランキング

  1. ついに正式版を迎える『7 Days to Die』1.0リリースノート公開!新たなキャラクリやセット装備、探索スポット、ランダム世界改善など超盛りだくさん

    ついに正式版を迎える『7 Days to Die』1.0リリースノート公開!新たなキャラクリやセット装備、探索スポット、ランダム世界改善など超盛りだくさん

  2. HD-2Dリメイク版『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』だけでなく『ドラゴンクエストI&II』もSteamストアページ公開!両作品の「日本語音声対応」表記とは…?

    HD-2Dリメイク版『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』だけでなく『ドラゴンクエストI&II』もSteamストアページ公開!両作品の「日本語音声対応」表記とは…?

  3. NPCは存在しない―生産交易建築すべてがプレイヤーの手で紡がれる中世ファンタジーMMO『Pax Dei』Steam早期アクセス配信開始!

    NPCは存在しない―生産交易建築すべてがプレイヤーの手で紡がれる中世ファンタジーMMO『Pax Dei』Steam早期アクセス配信開始!

  4. クラフトゾンビサバイバル『7 Days to Die』ついに6月25日正式リリース!約12年の早期アクセス期間経て

  5. 最大4人で部族を導け!季節を越えて生き延びるヴァイキングサバイバル『ASKA』Steam早期アクセス開始

  6. 海賊テーマの街づくり&リアルタイムストラテジー『Republic of Pirates』配信開始!

  7. ロボやヴァンパイアが登場するノルマンディー上陸作戦!?架空二次大戦コンバットアクション『Noblemen: 1941』発表

  8. シングルプレイでレイド体験!ハクスラ3DアクションRPG『Sil and the Fading World』Steamストアページ公開

  9. ローグライク要素も組み込んだ『メタルスラッグ』最新作『Metal Slug: Awakening』Steamストアページ公開!

  10. 恐竜が住む島で戦うサバイバルシューター『FEROCIOUS』新トレイラー!お助け恐竜や二足歩行ロボも登場

アクセスランキングをもっと見る

page top