ハイビジョン時代に蘇るドット絵の驚異…『Super Street Fighter 2 Turbo HD』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ハイビジョン時代に蘇るドット絵の驚異…『Super Street Fighter 2 Turbo HD』

家庭用ゲーム Xbox360


先日の自社発表会で、ついに新しくグラフィックを起こし直すことが明らかになり、国内外のオールドスクールファンに胸騒ぎを巻き起こしている、ちょっと注目の[b]Super Street Fighter 2 Turbo HD[/b]。

かつての職人芸だったドット絵アニメーションも3Dポリゴン化の波に押され、旧データを延々と使いまわすのが当たり前のようになっていた格闘ゲームの世界に、海外から最新のデジタルペインティングで21世紀に蘇る驚きの2Dグラフィック。もう、今までには戻れない!?



[url=http://www.gamekult.com/images/ME0000818216/]
[/url]

まずこちらが今回の画像の元となっている、発表会でのプレゼン資料。[url=http://digdug.seesaa.net/article/39125008.html]後のインタビュー[/url]では開発から一ヶ月半程度とのことで、本来非公開のものが最近になって一部サイトで掲載されてしまったみたい。まだ必ずしもこの通りに行くとは限らない点に、注意は必要かも。(画像はクリックで拡大)

[url=http://www.racketboy.com/images/ryu-sprites-large.jpg]
[/url]

そしてこちらが1ドットのサイズを揃えた(右から2番目以外)状態での大きさ比較。左のGuilty GearがVGAサイズで、旧基板の解像度は今や携帯電話並。そして、右端が今回使われるというフルHDサイズの特大スプライト用ビットマップ!早くこのまんまアニメーションするところを見てみたいですね。

オリジナルスト2のイメージをそのまま保ったグラデーションの塗りも、なんだかとても良い感じ。日本人からみるとリュウの顔が少〜々アメリカンだったりもしますが、同じ大きさで機械的に引き伸ばした旧バージョンと比べて如何に細かく描き込まれているかがわかります。ちなみにこの間、実に16年!

実際にこのグラフィック作業を手がけているのは、海外でカプコン作品のコミックス化も手がけている[url=http://www.udonentertainment.com/]Udon Entertainment[/url]。社名の由来は、もちろん日本の"ウドン"!アメコミと日本のマンガの両方に通じた、なかなかカッコいい[url=http://streetfightercomics.com/]アートワーク[/url]が特徴のようです。

名前こそ[url=http://www.klov.com/game_detail.php?game_id=9959&letter=S]Super Street Fighter 2 Turbo[/url]となっていますが、これは現在でも対戦筐体を見かける初期シリーズの最終作、スーパーストリートファイターIIXにあたります。もちろんオンラインでのボイスチャットや実績そしてマルチプレイにも対応し、北米では年内にもXbox LIVEアーケードやPlayStation Networkのオンライン配信タイトルとして登場予定。

移植について今回も日本のカプコンは関わっていないようで、どうしても不安になる国内リリースですが、市場の違いなどがありただいま協議している最中とのこと。他にもまだ不明な点も多いのですが、今後こういった2D時代のドット絵をハイビジョンで蘇らせる手法が、もし確立されてきたら他にも嬉しいタイトルはいっぱいありそうですね。えーい、とりあえず今度こそは日本でも発売してくれますように!
[size=x-small](イメージ: [url=http://www.racketboy.com/retro/2007/04/super-street-fighter-2-turbo-hd-big-sprites.html]Racket Boy[/url], [url=http://www.gamekult.com/images/ME0000818216/]GameKult[/url], [url=http://digdug.seesaa.net/article/39125008.html]DigDug[/url])[/size]

【関連記事】
カプコンがマルチプラットフォームで4タイトルをデジタル配信予定
初代Xboxタイトル互換リスト更新!オルタやイスカが追加に
100メガショック!NeoGeoタイトルは、今夏バーチャルコンソールに登場

やばいくらいかっこいいマリオのファンアート。芸術作品クオリティー
全然違ウ!海外版カバーアート『ロックマン』
オリジナルコミックも!世界樹の迷宮『Etrian Odyssey』海外版サイトがオープン

(C) Capcom U.S.A.,Inc. All rights reserved.
《Miu》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 恐怖の森サバイバル『The Forest』PS4版は2018年リリース!―トレイラーやプレイ映像も

    恐怖の森サバイバル『The Forest』PS4版は2018年リリース!―トレイラーやプレイ映像も

  2. 『モンスターハンター:ワールド』新大陸のストーリーに迫る最新映像! ヴォルガノスやウラガンキンが登場─あのロックマンも!?

    『モンスターハンター:ワールド』新大陸のストーリーに迫る最新映像! ヴォルガノスやウラガンキンが登場─あのロックマンも!?

  3. LBP開発新作『Dreams』はゲームの皮をかぶった最強のクリエイティブツールだった!開発者セッションレポ【PSX】

    LBP開発新作『Dreams』はゲームの皮をかぶった最強のクリエイティブツールだった!開発者セッションレポ【PSX】

  4. VR対戦型シューター『Firewall Zero Hour』プレイレポ―究極のゴッコ遊びを堪能【PSX17】

  5. 『Ghost of Tsushima』は正式発表前に漏れていた!? 取材写真も披露されたPSXパネル映像【PSX 17】

  6. VR×横スクロールは奇跡的な相性の良さ!PS VR『Star Child』を体験【PSX 17】

  7. 『FFXV』にそっくりだけどゲーム性は全然違う?PSXで『Lost Soul Aside』をプレイ【PSX 17】

  8. PSVR『人喰いの大鷲トリコVR Demo』12月14日より無料配信!

  9. ダクソライクARPG『Immortal: Unchained』はTPSの新境地?PSX会場でデモをプレイ【PSX 17】

  10. 新作オープンワールドACT『Days Gone』発売は2018年―SIE吉田修平氏が明らかに

アクセスランキングをもっと見る

page top