全然違ウ!海外版カバーアート『スラップスティック』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

全然違ウ!海外版カバーアート『スラップスティック』

PC Windows

主人公が自らロボットを製作し、悪に立ち向かうという設定で好評だったRPGの[b]スラップスティック[/b]。ストーリーが少々重めながらも所々にギャグが入っており、コミカルなキャラクターも人気がありました。日本版と海外版のパッケージですが、今回は比較的マトモかも?


まず、日本版(SFC)のパッケージがこちら。


やはりコミカルなキャラクターデザインになっています。色づかいは比較的落ち着いた感じですが、馴染みやすいかも。

そして海外版(SNES)のパッケージがこちら。海外版はRobotrekの名称で発売。


あ、あれ?!ゲームに登場するキャラクターが、全員いなくなっております。その代わり、ゲームの中で出てくる「ハッカー宇宙要塞(?)」のようなメカニカル球体だけが、星雲をバックに大きく占拠。日本版とはまったく違ったコンセプトのイメージになっていますが、変なアレンジを付けられてないだけまだマトモ、なのかも知れません。キャラクターよりもゲームのストーリーを反映したデザインとなったのでしょうか?

スラップスティックのゲーム内容は、海外版も日本版とほとんど変わっていないそうです。英語圏ローカライズされたくらいでしょうか。パッケージイメージと比較するに、海外版はギャップを感じてしまうでしょう。内容を知らないユーザーなら、シューティングゲームだろうと間違って買ってしまうかも・・。そんな雰囲気を持つ、海外版スラップスティックのパッケージですね。
[size=x-small](ソース: [url=http://en.wikipedia.org/wiki/Robotrek]ウィキペディア(Robotrek)[/url],[url=http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF_%28%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%29]ウィキペディア(スラップスティック)[/url])[/size]

【関連記事】
古今東西ベストゲームコントローラ5台をリストアップ
SNES(スーファミ)カセット720本コンプリートをまとめて出品中!
『ドラゴンクエスト9』のゲームプレイトレイラーが公開に

『全然違ウ!海外版カバーアート』一覧

(C)SquareEnix
《Taka》

PC アクセスランキング

  1. 『PUBG』ついにマップ選択機能が搭載へ!開発中のUIが発表に

    『PUBG』ついにマップ選択機能が搭載へ!開発中のUIが発表に

  2. 『VRカノジョ ベンチマーク』Steamで無料配信中、「扇風機」そのものになれるおまけモードも…!

    『VRカノジョ ベンチマーク』Steamで無料配信中、「扇風機」そのものになれるおまけモードも…!

  3. Kamikaze大盛りでお出迎え!『Serious Sam 4: Planet Badass』予告映像―E3 2018で新情報も

    Kamikaze大盛りでお出迎え!『Serious Sam 4: Planet Badass』予告映像―E3 2018で新情報も

  4. PC版『アサシン クリード オリジンズ』専用MOD機能「アニムス コントロールパネル」まもなく実装! 紹介映像も公開

  5. マッドマックス風コンボイRTS『Blasted Road Terror』正式リリース! ヒャッハーな世界を生き延びろ

  6. 『PUBG』マップ「Codename: Savage」に天井が大穴になった洞窟が実装か、バンコク周辺の同地形を紹介

  7. 一般版『VRカノジョ』がSteam配信―夕陽さくらと2人でイロイロ楽しめる

  8. PC版『マインクラフト』マルウェア入りスキン問題にアップデート対応、メタデータが予め削除されるように

  9. 『PUBG』テストサーバーパッチから「装甲車」ファイル見つかる―運営スタッフからポロリ発言も

  10. 発売間近の新作『BATTLETECH』機体デザイン訴訟に決着―原作ゲームへの訴訟は継続

アクセスランキングをもっと見る

page top