全然違ウ!海外版カバーアート『スラップスティック』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

全然違ウ!海外版カバーアート『スラップスティック』

PC Windows

主人公が自らロボットを製作し、悪に立ち向かうという設定で好評だったRPGの[b]スラップスティック[/b]。ストーリーが少々重めながらも所々にギャグが入っており、コミカルなキャラクターも人気がありました。日本版と海外版のパッケージですが、今回は比較的マトモかも?


まず、日本版(SFC)のパッケージがこちら。


やはりコミカルなキャラクターデザインになっています。色づかいは比較的落ち着いた感じですが、馴染みやすいかも。

そして海外版(SNES)のパッケージがこちら。海外版はRobotrekの名称で発売。


あ、あれ?!ゲームに登場するキャラクターが、全員いなくなっております。その代わり、ゲームの中で出てくる「ハッカー宇宙要塞(?)」のようなメカニカル球体だけが、星雲をバックに大きく占拠。日本版とはまったく違ったコンセプトのイメージになっていますが、変なアレンジを付けられてないだけまだマトモ、なのかも知れません。キャラクターよりもゲームのストーリーを反映したデザインとなったのでしょうか?

スラップスティックのゲーム内容は、海外版も日本版とほとんど変わっていないそうです。英語圏ローカライズされたくらいでしょうか。パッケージイメージと比較するに、海外版はギャップを感じてしまうでしょう。内容を知らないユーザーなら、シューティングゲームだろうと間違って買ってしまうかも・・。そんな雰囲気を持つ、海外版スラップスティックのパッケージですね。
[size=x-small](ソース: [url=http://en.wikipedia.org/wiki/Robotrek]ウィキペディア(Robotrek)[/url],[url=http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF_%28%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%29]ウィキペディア(スラップスティック)[/url])[/size]

【関連記事】
古今東西ベストゲームコントローラ5台をリストアップ
SNES(スーファミ)カセット720本コンプリートをまとめて出品中!
『ドラゴンクエスト9』のゲームプレイトレイラーが公開に

『全然違ウ!海外版カバーアート』一覧

(C)SquareEnix
《Taka》

PC アクセスランキング

  1. 『PUBG』過去3ヶ月にチーター25,000人BANを報告

    『PUBG』過去3ヶ月にチーター25,000人BANを報告

  2. 『PUBG』まもなく配信の6月度アップデート内容公開!新武器2種も実装

    『PUBG』まもなく配信の6月度アップデート内容公開!新武器2種も実装

  3. 職人魂が滾る!『ファイプロ ワールド』のレスラーエディット情報が公開

    職人魂が滾る!『ファイプロ ワールド』のレスラーエディット情報が公開

  4. ド本格オープンワールドFPS『Escape from Tarkov』CBTが7月実施

  5. Steam「シブサワ・コウ アーカイブス」第6弾配信開始!―『蒼き狼と白き牝鹿・元朝秘史』『信長の野望・覇王伝』『三國志VI』

  6. 「I Wanna Be the Guy」作者の次なる挑戦状!『Brave Earth: Prologue』ハンズオンプレビュー

  7. 脳侵入ホラー『Observer』サイバーパンクな最新映像!日本語対応も

  8. 『PUBG』6月度アップデートではスポーンバランスも修正―VSSが支援物資から削除など

  9. 『Wreckfest』に大幅更新、パブリッシャーもTHQ Nordicに決定

  10. ゲーム版『13日の金曜日』ジェイソンから逃げまくるゲーム映像

アクセスランキングをもっと見る

page top