自社RTS対決『StarCraft II』は、『WarCraft III』とここが違う!5つの理由 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

自社RTS対決『StarCraft II』は、『WarCraft III』とここが違う!5つの理由

PC Windows



100万本を越えるヒット作しか出さないという、海外のPCゲーム業界でもひときわ特異な存在Blizzard Entertainment。元々は、現在の社名でデビュー作となるWarCraftの会社として誕生し、当時Command & ConquerのWestwood Studioと共に、草創期のRTSジャンルを支えました(日本でも著名なDiabloは、後に加わった[url=http://en.wikipedia.org/wiki/Blizzard_North]Blizzard North[/url]担当)。

シリーズ2作と拡張パックを出した後、StarCraftもそこからスピンオフした作品だったのですが、3作目のWarCraft IIIも未だ現役の今、RTSファンにとって気になるのはその棲み分けかも……。それぞれどちらも、第一線のプレイヤーに遊ばれ続ける人気作となりましたが、そこに今度の新作はどうなるの!?ということで、先日開発者を集めて行われた[url=http://www.gamespot.com/news/6171178.html]パネルディスカッション[/url]より、ファンサイトの予想も交えたものですが、両RTSのなかなか興味深い比較となっています。



* * * * * * * * *


・[b]量vs.質[/b]

限られたユニット数により多くの特殊能力を持たせていたWarcraft 3と比べると、Starcraft 2は数のゲームです。ゲームデザインを担当するRob Pardo氏は言います。


「Starcraft 2ではユニットの大半は自動的に戦って、アビリティーは(WC3と比べたら)少な目ですが、代わりにハイレベルなWarcraft 3で必要とされるミクロマネージメント(ユニット1体単位での出し入れ等)よりも、むしろStarcraft 2のユニットはそれぞれが戦場で独自の働きをする大きなグループとして扱われます」

・[b]リソース[/b]

資源については比較的重視されず、戦闘に集中することができたWarcraft 3と比較した、もう一つの違いはリソースです。Starcraft 2では、勝つのための手段としてベースと資源拠点の重要性は、さらにはっきりすることでしょう。


・[b]ラッシュ[/b]

(経験値でHeroを強化するため)中立のクリープを相手にする要素が加わったWarcraft 3とは異なり、Starcraft 2でのラッシュ(速攻)はさらに重要視されます。早々に敵と交戦して相手を張り付けておくことは、平凡なプレイヤーから上級者をより際立たせます。


・[b]ハードコア[/b]

Pardo氏によると、Warcraft 3は初心者にとってある程度寛容でした。Starcraft 2において、腕の違いはより明白となります。構築スタイル、マルチタスク、クイックエクスパンション(複数の資源を素早く確保すること)、プロプレイヤーは記録的な速度で対戦相手を圧倒できることでしょう。


「Starcraft 2は、"高度に競技的で、スキルに基づくゲームプレイ"の方向で調整され、その上さらにBattle.netへの継続的な新機能の追加によって、(より)ハードコアなファンへとアピールします」

・[b]ジャンケンを超えて……[/b]

Starcraft 2のユニット達は、相手の戦略に対してますます多くの強烈なカウンター手段を取り入れます。優れたカウンターへの鍵は、タイミング、操作、そして位置取りとなるでしょう(高い地点から砲撃しても、Fog of Warに隠れたままになるなど、高低差には新たな要素が加わります)。


「Protossの新型飛行ユニットPhoenixには、"overload"というアビリティーがあり、発射後は一時的に動けなくなって無力化しますが、自身の周りにエナジーフィールド攻撃を展開できます。

例えばここで、6つのPhoenixを持つプレイヤーと、4つしかないプレイヤーがいたとして、焦った6つの方が早すぎるタイミングでoverloadを使ってしまうと、相手に避けられた上に身動きできなくなったところを、数が少ない方に跡形も無くやられてしまうことでしょう」

* * * * * * * * *


今度の2作目で方向性が変わるというよりは、むしろStarcraftヒット後のWarcraftが、3作目で非常にユニークな(これはこれで別の面白さがある)方向へ進化したため、正統派のRTSとしては原点回帰という感じでしょうか。

これまでにない画期的なマッチングシステムのおかげで、WC3の時はトップラダーの同士の争いやそのリプレイ観戦には一層熱いものがありましたが、SC2ではさらにTV放送向けの機能が加わるなど、これまで以上にプロゲーマーや競技的な仕様を意識したものになるようです。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.maxfreak.com/starcraft2/archives/top-5-differences-between-starcraft-2-and-warcraft-3/]MaxFreak: "Top 5 differences between Starcraft 2 and Warcraft 3"[/url])[/size]

【関連記事】
『StarCraft II』早くもゲームプレイムービーがてんこもり
Xデー来たる!『StarCraft II』伝説のゲームに9年目の続編発表
WWIライブ速報:Blizzardの新作タイトルは『StarCraft 2』に!

StarCraftの関連記事をGame*Sparkで検索!

(C) Blizzard Entertainment, Inc. All rights reserved.
《Miu》

PC アクセスランキング

  1. 「I Wanna Be the Guy」作者の次なる挑戦状!『Brave Earth: Prologue』ハンズオンプレビュー

    「I Wanna Be the Guy」作者の次なる挑戦状!『Brave Earth: Prologue』ハンズオンプレビュー

  2. 『PUBG』開発元、XB1版以外の可能性を否定せず?―海外報道

    『PUBG』開発元、XB1版以外の可能性を否定せず?―海外報道

  3. 週末セール情報ひとまとめ『ニーア オートマタ』『DARK SOULS III』『PREY』『バイオ7』『ベヨネッタ』他

    週末セール情報ひとまとめ『ニーア オートマタ』『DARK SOULS III』『PREY』『バイオ7』『ベヨネッタ』他

  4. 『Arma 3』スピンオフの無料FPS『Argo』正式配信開始!―Co-opモードも搭載【UPDATE】

  5. ゲーム版『13日の金曜日』ジェイソンから逃げまくるゲーム映像

  6. 人気ADV『Machinarium』が“Definitive Version”に刷新―Steam版にも日本語追加

  7. 『CoD:WWII』Headquarters詳細判明―「最も野心的で革新的な機能」

  8. 【特集】今こそ導入!『Fallout 4最新オススメMod』10選

  9. 名作RTS外伝『Homeworld: Emergence』GOG配信開始!―『Homeworld: Cataclysm』が名称変更して復活

  10. 『PUBG』に「キルアシスト」導入か―トドメはアシスト扱いに

アクセスランキングをもっと見る

page top