全然違ウ!海外カバーアート『ゴッド・スレイヤー はるか天空のソナタ』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

全然違ウ!海外カバーアート『ゴッド・スレイヤー はるか天空のソナタ』

PC Windows

濃いキャラ&国内パッケージとはタイトルも内容も違って見えてしまうという、海外カバーアート。今回はFCで発売された[b]ゴッド・スレイヤー はるか天空のソナタ[/b]をご紹介しましょう。国内版アートもちょっと問題アリですが、海外版は衝撃的ですので覚悟完了の上ご覧下さい・・。


例によって、国内版のパッケージはこちら。



主人公はともかく、女性キャラ(ヒロインのメーシアと思われる)のデッサンが若干狂っています・・。まあ、許される範囲かも知れませんし、デザインとしては落ち着いた感じです。

そして。海外版(Crystalisというタイトルで発売)のパッケージがコレだぁ?!



言っておきます。同じ内容のゲームです。タイトルが違うだけです。ゲーム内でのキャラクターも全部同じだそうで、単に英語化されてるだけみたいなのです。

が!この不気味さはナンですか?!国内版の主人公キャラにあたるのは、中央の[b]「拍子抜けしたようなサッパリな方」[/b]のようであります・・。冷静に見てみると、敵キャラもデザインが気味が悪いだけで[b]「主人公が来たからヤル気ないけど一応襲っておこう」[/b]みたいな雰囲気。ここまで国内版とギャップが激しいのは、ヒドイです・・。

このゲームはSNK(現SNKプレイモア)が制作・開発したタイトルで、ジャンルはアクションRPG。1990年4月に発売されました。古代文明が滅びた後の世界が舞台となっており、巨大な蟲(むし)が中ボスだったり、天空の塔があったりなど、宮崎駿氏のアニメーション映画[b]風の谷のナウシカ[/b]や[b]天空の城ラピュタ[/b]の影響を強く受けた作品となっています。

同社発売ゲームのキャラクターが名前を変えてゲスト出演もしています。アシーネ(元のゲームはサイコソルジャーの麻宮アテナ)やケンスウ(同じく椎拳崇)など。今では珍しくなくなった事も先駆けてやっていたSNK。格闘アクションばかりでなく、またRPGなどを作ってもらいたいですね。
[size=x-small](ソース: [url=http://en.wikipedia.org/wiki/Crystalis]ウィキペディア(Crystalis)[/url])[/size]

【関連記事】
突如?『The King of Fighters Maximum Impact 2.5』がAmazonで予約受付中
100メガショック!NeoGeoタイトルは、今夏バーチャルコンソールに登場
80年代シューティングが、アクションゲームに乱入!禁断のクロスオーバー動画

『全然違ウ!海外版カバーアート』一覧

(C)SNK
《Taka》

PC アクセスランキング

  1. 初代『エイブ・ア・ゴーゴー』PC版がGOGで48時間限定で無料配信【UPDATE】

    初代『エイブ・ア・ゴーゴー』PC版がGOGで48時間限定で無料配信【UPDATE】

  2. 【特集】バトロワシューター『PUBG』が遊ばれ続ける10の理由

    【特集】バトロワシューター『PUBG』が遊ばれ続ける10の理由

  3. ガストの『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』Steam版が日本語対応で発売予定―『よるのないくに2』Steam版も発表

    ガストの『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』Steam版が日本語対応で発売予定―『よるのないくに2』Steam版も発表

  4. DMM版『PUBG』プレリリース版が配信開始!―未購入者も今から参加可能!

  5. ハクスラARPG『Grim Dawn』新拡張「Ashes of Malmouth」発売時期がアナウンス

  6. 『PUBG』ファイル改変は利用規約違反、公式FAQにて明確化

  7. 『DOAX』シリーズ新作プロジェクト開始が発表!PC向けにDMM GAMESより提供

  8. ローグライクスタイルACT『Phantom Halls』に「死霊のはらわた2」のアッシュが参戦!

  9. 老舗宇宙MMO『EVE Online』たった1人の裏切りで大規模同盟が瓦解寸前に、同盟リーダーは永久BAN

  10. 止まらない快進撃!『PUBG』が『Dota 2』を超えて歴代同接数記録を更新!

アクセスランキングをもっと見る

page top