海外レビューハイスコア『Ninja Gaiden Sigma』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア『Ninja Gaiden Sigma』

ようやく北米でも2007年7月3日に発売された[b]Ninja Gaiden Sigma[/b]ですが、日本同様、海外の様々なゲーム情報サイトでも軒並み高い評価を受けているようですね。

家庭用ゲーム PS3


●[b]GameSpy: [size=medium]10[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―これまでリリースされた中で最も偉大なアクションゲーム。PlayStation 3での最高傑作の1つだ。

●[b]IGN: [size=medium]9.3[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―Sigmaをプレイせずして、なにをプレイするのだ。

●[b]Playstation Official Magazine UK: [size=medium]9.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―情け容赦なくヘトヘトになるほど猛烈だ。それでも止めることが出来ない。まずは防御を学ぶことだ。

●[b]GameSpot: [size=medium]9.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―Ninja Gaidenファンを狂わすほどの仕上り。そのアクションは激しく熱く、気弱な者には薦められない。全てのアクションゲームの中で最もプレイヤーを満足させてくれる偉大なゲームだ。3年後でもそれは変わらないだろう。

●[b]Electronic Gaming Monthly: [size=medium]8.7[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―新たな要素は少ないが、それでもSigmaはプレイヤーが気付かないほどの些細なことまで調整され、飽きさせないジェットコースターのようなゲームだ。



* * *


ようやく北米でも2007年7月3日に発売されたNinja Gaiden Sigmaですが、日本同様、海外の様々なゲーム情報サイトでも軒並み高い評価を受けているようですね。

筆者はGamestop専売の北米版Collectors Editionも購入してみましたが、CE専用のパッケージ画は箱かぶせでケース画は日本版の物とほぼ同じ。ディスクレーベルは、使われている物自体は日本版と同じリュウの画ですが、北米版はケース画に近い状態でプリントされています。マニュアルの表裏表紙は北米版の方がかっこいいですね。

ゲーム内容は体験版同様、メニュー・メッセージ・音声共に日本語・英語を選択出来るようになっていて、残酷表現以外は日本版とまったく変わり無しです。ただ残酷表現の首刎ねですが、やはり敵を倒したと一発で分かるので日本版のように敵が消滅するまで攻撃を加え続ける必要がなく、高得点を稼ぐモードなどでは”有る無し”でスコアに差が出るのではないかと感じました。日本版にも首刎ねに変わる表現を何か追加してほしいですね。

それからCEの特典であるシークレットミッションですが、ボーナスDVD(内容はよくあるスタッフインタビュー。日本のDVDプレイヤーで再生可能です)を観ることで知ることの出来るコマンドをミッションモードのミッション選択画面にて入力すると開放されるのですが、日本版にも問題なく適用可能でした([b]↑↓←↓→↑□[/b]の開放コマンドはすでに[url=http://en.wikipedia.org/wiki/Ninja_Gaiden_Sigma]Wikipedia[/url]などで公開されていますね)。

今後、ディレクターの[b]早矢仕 洋介[/b]氏によって語られたダウンロードコンテンツもリリースされるようですが、アクションゲーム好き以外にも多くのユーザーにプレイしてほしい、[b]魅せるプレイ[/b]を強烈に認識させてくれる凄いゲームです。

【関連記事】
超セクシーな本物のレイチェル登場?!
日本版と北米版でどう違う?PS3『Ninja Gaiden Sigma』のパッケージング
『Ninja Gaiden Sigma』の体験版リリース
DS『Ninja Gaiden Dragon Sword』の新ゲームプレイムービー公開

Ninja Gaiden Sigmaの関連記事をGame*Sparkで検索!

(c)2007 Tecmo,LTD. All rights reserved.




《Ten-Four》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS VR、最近はどうですか?―SIEWWS・吉田修平氏インタビュー【TGS2018】

    PS VR、最近はどうですか?―SIEWWS・吉田修平氏インタビュー【TGS2018】

  2. 『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

    『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

  3. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

    『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  4. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  5. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  6. 不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

  7. 『モンスターワールド』西澤龍一氏新作『モンスターボーイ 呪われた王国』日本語版が出展!【TGS2018】

  8. 『EARTH DEFENSE FORCE: IR』手応えのある操作感、没入度の高いグラフィック、処理落ちなしの巨大生物─全ての体験が刺激的だったプレイレポ【TGS2018】

  9. 手描きアニメアクションADV『フォーゴットン・アン』に骨太RPG『ヴァンブレイス:コールドソウル』の2本立て、コーラス・ワールドワイドブースレポ!【TGS 2018】

  10. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

アクセスランキングをもっと見る

page top