中国政府が『World of Warcraft』の骨やスケルトンをゲームから抹消 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

中国政府が『World of Warcraft』の骨やスケルトンをゲームから抹消

ファンタジーMMORPG World of Warcraftのゲーム中に登場する“骨”や“アンデッドスケルトン”の要素が、中国政府の要請によってゲームから取り除かれてしまったそうです。昨日ロイター通信が報じました。一体、なぜ!?

PC Windows
ファンタジーMMORPG World of Warcraftのゲーム中に登場する“骨”や“アンデッドスケルトン”の要素が、中国政府の要請によってゲームから取り除かれてしまったそうです。昨日ロイター通信が報じました。

World of Warcraft(以下WoW)には、プレイヤーキャラクターが選択できる種族として、ゾンビのようなUndead(Forsaken)が用意されており、背骨や顎の骨が飛び出しているなかなか個性的な容姿だったのが、彼らの剥き出しの部分はすべてつるっとした皮膚に置き換えられました。また、ほんどファンタジーRPG作品がそうであるようにWoWでもスケルトンタイプの敵キャラクターが登場しますが、こちらもすべて“肉”が付けられたバージョンに変更されたと言われています。さらに、キャラクターが死亡した後フィールドに残る骸骨の死体のグラフィックも“墓石”にすり変わってしまったそう。

[size=x-small]つるつるで健全なお肌に早変わり[/size]


広州市の地元新聞の記事によると、ファンタジーのゲームから“骨”の要素が排除されるという今回のちょっと異例な決断が政府から下されたのは、「中国における特定の状況と関連規則による」という理由からなんだそうですが、い、意味が……。中国でWoWのローカライズサービスを運営するThe9のスタッフは、以下のよう補足しています。


“[b]健全で穏やかなオンラインの環境を推進するため[/b]”

そもそも今回このような話が持ち上がったのは、今年4月から中国で実施されている、有害なオンラインコンテンツを取り締まるキャンペーンの影響であるとも言われているようですが果たして。おそらく誰も予想していなかったこの変更に対し、中国のユーザーからは冷笑や苦情が相次ぎ、オフィシャルフォーラムのスレッドはおよそ10ページに渡って炎上。ユーザーの一人からは、「[b]そんな穏やかさはいらんわ[/b]」と一蹴する声も。

アメリカのBlizzard Entertainmentが生み出したファンタジーMMORPG World of Warcraftは、(日本を除く)多くの主要国でローカライズされており、現在は850万人ものユーザーアカウントベースを抱える世界最大規模のオンラインゲーム。そのうちおよそ400万人は中国のユーザーであると言われており、今回のやや迷走気味ともいえなくないおかしな仕様変更に、ユーザー達はボイコットを起こす動きも見せているようです。[size=x-small](ソース: [url=http://news.yahoo.com/s/nm/20070710/tc_nm/china_game_dc]Yahoo! News[/url], イメージ: [url=http://www.wowinsider.com/2007/07/03/the9-changes-wow-in-china-to-appease-censors/]WoW Insider[/url])[/size]

【関連記事】
本日の一枚『パックマンの骨!?』
発禁処分を食らったゲーム TOP10
世界規模の登録ユーザー数で見る、海外人気MMOゲームTOP10
政府が介入!?中国のオンラインゲーム事情

またも海賊版の流通で、Wii本体の値段は急上昇!?中国では…
あなたの血をくれたらアカウント復活させてあげます!?中国のMMOで驚きの発表
7日間オンラインゲームを"マラソン"プレイし続けた末に北京の男性が死亡…
『WoW』登録ユーザー数が800万台到達。ゲーム内の人口は国家レベルに

(C) 2007 Blizzard Entertainment. All rights reserved.




《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

PC アクセスランキング

  1. デジタルなのにアナログなTRPGを遊ぶような感覚ー最大4人プレイのデジタルボドゲRPG『Baladins』で自分だけの物語を紡いでいこう【TGS2023】

    デジタルなのにアナログなTRPGを遊ぶような感覚ー最大4人プレイのデジタルボドゲRPG『Baladins』で自分だけの物語を紡いでいこう【TGS2023】

  2. 人気強盗FPS最新作『PAYDAY 3』Steamレビュー“やや不評”に―マッチング問題など指摘でCEOが謝罪&復旧を約束

    人気強盗FPS最新作『PAYDAY 3』Steamレビュー“やや不評”に―マッチング問題など指摘でCEOが謝罪&復旧を約束

  3. ドタバタ美少女格闘ACT『Phantom Breaker: Battle Grounds Ultimate』PC/PS/Xbox/スイッチ向けに2024年発売決定!屋形舟で行われた発表会の様子もお届け【TGS2023】

    ドタバタ美少女格闘ACT『Phantom Breaker: Battle Grounds Ultimate』PC/PS/Xbox/スイッチ向けに2024年発売決定!屋形舟で行われた発表会の様子もお届け【TGS2023】

  4. 15分後に訪れる終焉に立ち向かえーローグライクベルトスクロールARPG『FINAL KNIGHT』プレイレポ【TGS2023】

  5. ゲーパスは好調? そもそも“ゲーマー”なの? マイクロソフトCVPサラ・ボンド氏合同インタビューで「ゲーム熱」を直に訊いた【TGS2023】

  6. Intel最新CPU「Core i9 14900KF」パスマークで単コア性能1位を記録

  7. "プレイヤーが自由にゲームを創造できる"元『GTA』開発者によるマルチワールドゲーム『EVERYWHERE』新トレイラー!

  8. クロスプレイ対応のオープンベータ開始間近!基本無料の新作シューター『The First Descendant』プロローグ映像が公開

  9. アニメ調グラフィックの新作RPG『BREAKERS』ゲームプレイトレイラー公開!迫力満点のカットイン演出が光る

  10. 石器時代から近未来まで1万年に渡る国家戦略を練るターンベース4xゲーム『Millennia』発表―Paradox Interactive新作

アクセスランキングをもっと見る

page top