『Halo 3』やっぱり気になる?9つの特徴をプレビュー! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Halo 3』やっぱり気になる?9つの特徴をプレビュー!

家庭用ゲーム Xbox360

日本での発売が、丸2週間と迫った[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=halo+3]Halo 3[/url]。三部作完結となるXbox 360の超ビッグタイトルですが、どうしても発売前に「どんな特徴があるの?」と心配になる方もおられるかと。今回、[url=http://www.1up.com/do/feature?cId=3162606]1UP[/url]にて9つの特徴をプレビューした記事が配信されていましたので、簡単ではありますがご紹介します。



・4プレイヤー協力プレイモード
一番の特徴は、この4プレイヤー協力プレイモードです。このモードは、ちょうどGears of Warの協力プレイモードを踏襲していると言えます。

・キャンペーンスコアリング
あなたが協力プレイモードで設定できるのが、別名Metagameと言われるキャンペーンスコアリングです。Legendaryのプレイヤーがいたとしても、4プレイヤー対Covenantでは、実力不足であれば少し不公平です。そこで、あなたがSkullを集め、ゲームプレイのMODを有効にすれば、これは面白くなります。

・Forge(創作)
私たちがキャンペーンモードと同じくらい非常に楽しみなもの。Halo 3の本当の可能性は、Forge(PCタイトルのGarry's Modのようなマップエディタ)にあるのかも知れません。キャンペーンスコアリングでさえ、シングルプレイヤーのみでのゲームは最後まで推し量れるところです。Forgeはそのユーザーの創作力に左右されます。このForgeでプレイヤーが何を成し遂げるかは、Bungieのスタッフでさえ全く分からないと認めています。

・Bungie Recommends(Bungieの推薦)
Forgeに関する第2の衝撃は、プレイヤーの創造的な作品を認めて会社がプロモートすることです。確実にあなたはアプローチすることが出来ますし、ランダムにユーザーメイドのForgeコンテンツを試してみることが可能です。しかし、それにはBungie Recommendsで開発者側の厳しい条件を満たす、と判断される事です。

・Saved Films
この機能には驚くべき可能性があります。速く走り、そして攻撃する、それは長い間ゲーマーのお気に入りでした。Halo 3はそれだけに留まらず、プレイヤーの出した結果を保存し、コントロールすることが出来ます。

・The Gravity Hammer(重力ハンマー)
本当のゲームプレイの条件には、新しい武器を試して使えるという楽しさがあります。Brute Gravity Hammerは激しいです。大物の敵を壊滅させ、衝撃波で気絶させることも可能、車両をもぶっ飛ばすSmashy bludgeon(棍棒)もあります。もちろん手榴弾を持つことも出来ます。正確なタイミングで敵の手榴弾を投げ返して反撃することが可能です。

・大幅に改善されたA.I.
シングルプレイでも、多くの変更(主に敵のA.I.の向上)があります。特にBrutesは、かなり利口になっています。確かに彼らは強いですが、Elitesのように振る舞います。しかし、Elitesとは違ってあらゆる武器を使用するので、所定のシナリオがどういう結果になるか、予測困難となっています。実際、我々が2、3のキャンペーンレベルを複数回プレイし、エンカウントが毎回異なることが分かりました。

・より良いレベルデザイン
シリーズを通してのキャンペーンに、失望を感じた事を否定することは出来ません。Haloは反復的、Halo 2は息の詰まるようなストーリーラインでした。しかし、Halo 3はこの懸念を和らげます。ミッションはHalo 2のバラエティと、原作Haloのオープンフォーマットなものを提供するようです。

・繊細な表現
実際、Halo 3はこれまでに見た最も素晴らしいグラフィックのいくつかを採用しています。Bungieは小さなディテール、そしてよりゲームの一般的なフィーリングを正確にしました。Halo 3は我々がこれまでに見た最高のHDR(High Dynamic Renge)ライティングのいくつかを使用しています。そして他のハイデフゲームにある、極端に光沢を使うビジュアルを避けています。


初めて出てきた機能として、Forgeがあります。説明にもありますが、一般的にレベルエディタと呼ばれるものです。これを使ってユーザー独自のマップなどを作り、それを基準を満たした場合に公表(恐らくダウンロードコンテンツ化)される、という点です。プレイするだけでなく、プレイヤー自身が創作できるのは、大変興味深いと言えます。

この他にも、気になった悪い点として5点(マルチプレイ専門のサーバーがない、クラン機能がない、ストーリーは短いのか?など)挙げられていますが、まだ本格的な発売にも至っていませんし、後々のアップデートや機能追加は大いに有り得ますので、失望するにはまだまだ早すぎます。2週間後が大変楽しみですね!日本版は9月27日に発売予定です。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.1up.com/do/feature?cId=3162606]1UP[/url])[/size]

【関連記事】
『Halo 3』発売前に箱を開けたら一発解雇!GameStop全従業員に異例の通達
地球に向けて侵略開始…『Halo 3』世界の面白宣伝キャンペーン
Haloシリーズのすべてが分かる?!HALOPEDIAが開設!

Halo 3の関連記事をGame*Sparkで検索!

(C)Bungie, (C)Microsoft Games Studios All Rights Reserved.
《Taka》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『モンスターハンター:ワールド』加工屋/オトモアイルー含むハンター必見の最新情報!

    『モンスターハンター:ワールド』加工屋/オトモアイルー含むハンター必見の最新情報!

  2. 本格レースシム『Project CARS 2』がPS4/Steamで国内向けに発売

    本格レースシム『Project CARS 2』がPS4/Steamで国内向けに発売

  3. 【TGS2017】『アサシンクリード オリジンズ』日本初公開の「Xbox One X」にてハンズオン―本当に美しい、驚きの4K風景!

    【TGS2017】『アサシンクリード オリジンズ』日本初公開の「Xbox One X」にてハンズオン―本当に美しい、驚きの4K風景!

  4. 近日より『オーバーウォッチ』ライバルプレイの罰則が強化―3回のシーズンBANで永久BANに

  5. 【TGS2017】『バイオハザード7』無料EP「Not A Hero」プレイ動画が公開!ゴールドエディションカプコン限定版も

  6. 【TGS2017】『モンスターハンター:ワールド』のTGS特別体験デモをプレイ!新マップやボルボロスが登場

  7. 【TGS2017】ロボサバイバルACT『LEFT ALIVE』トレイラー!生きるのか、生かされるのか

  8. 【TGS2017】ネメシスの進化に迫る!『シャドウ・オブ・ウォー』デモセッション&ハンズオンレポート【UPDATE】

  9. 『マインクラフト』クロスプレイ対応アップデートが配信!―スイッチ版は今冬対応

  10. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』“PvP”オープンβ事前ダウンロード開始!―紹介トレイラーも公開

アクセスランキングをもっと見る

page top