TGS 07: 『Dark Sector』etc 要注目の海外ゲーム体験インプレッション | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

TGS 07: 『Dark Sector』etc 要注目の海外ゲーム体験インプレッション

家庭用ゲーム Xbox360



多くの注目タイトルがある中、Game*Sparkが特に注目するのは日本では軽視されがちな海外発ゲーム!こちらではプレイアブル出展されていた[b]Turok[/b](テュロック)と[b]Dark Sector[/b](ダークセクター)のインプレッションを中心にご紹介。先ずはダークセクター。こちらはD3パブリッシャーブースにあり、タイトルどおり全体的にダークな色で統一されたブースとなっています。視点はバイオハザード4のようですが、アクションはギアーズオブウォー。ダッシュしたときのブラー感やカバーアクション、Unreal Engine 3による雰囲気などよく似ています。このゲームの特徴であるブーメラン型武器を使いこなせなかったため、プレイはここまででした。敵の攻撃激しいです。英語版で出展されていたようで、難易度が高いかもしれません(言い訳)。Early 2008発売予定(海外では1月22日)。






以下全てセガブースより。セガパートナーズであるTHQからは[b]Conan[/b](コナン)と[b]Stuntman: Ignition[/b](スタントマン:イグニッション)、[b]Turok[/b]をピックアップ。Conanは軽快なアクションに加え、残酷な描写(腕がもげたり首がとんだり)がひとつのウリだったわけですが、東京ゲームショウではクローズドでも何でもなく、普通に大画面でプレイできます。あのままだとZ指定必至だっただけにもちろん普通に展示はできません。どうやら大幅な残酷表現のカットが行われているようで、なんだか違ったゲームにも見えてきます。12月6日発売予定(海外では10月23日)。

スタントマン:イグニッションは自分がプレイしていることもあり気軽にかつ誇らしげにプレイ。音声までしっかりローカライズしてあって、失敗したときの監督からの罵詈雑言や成功したときの歓喜の声の意味がわかって○です。監督のしゃべりが聞きたい人は日本語版をおすすめ。12月13日発売予定(海外版は発売中)です。



[b]Turok[/b]は海外ではディズニー販売なのですが日本ではタッチストーンというメーカーが販売するようです。テュロックもなかなかにバイオレンスなゲームで、日本発売にあたり修正があるはずですが、それほど違和感なくプレイできます。恐竜と敵兵を同時に相手にするのはかなり大変です。本来なら草のカサカサという音などで接敵を判断するのでしょうが、そんなのブースでは聞こえるはずもなく、いきなり恐竜が出てきます。恐竜の卵をショットガンで粉砕したからかもしれません。アクションのひとつひとつにオリジナリティがあるというわけではありませんが、組み合わせがいいです。異なる種類の銃を両手に構えての圧倒的火力の攻撃、恐竜に見つからずに行動するステルスアクション、矛盾しそうなこの二つが上手くバランスがとれています。状況によってコマンド入力を迫られる恐竜とのせめぎあいもおもしろいです。ナイフでのフィニッシュブローや銃器の「撃ってるぞ」感などもなかなか。ただ弓矢は使いづらいですが……。

他にもFLATOUT ULTIMATE CARNAGEやオブリビオンなど、セガブースは海外発ゲームがたくさんあります。また、セガブースのコンパニオンの方達は、プレイに対して感想を言ってくれたり、リアクションをしてくれたりするのでとてもGOODです!実はそれが一番のインプレッションだったり……。


【関連記事】
アクションスリラー『Dark Sector』の発売日発表&最新ショット公開
『Conan』やはり過激なスクリーンショット
GC 07: 『Turok』GC 2007ゲームプレイムービー
『Stuntman: Ignition』プレビュームービー
《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 【特集】王道!『PS StoreでDLすべきCERO Z洋ゲー』10選

    【特集】王道!『PS StoreでDLすべきCERO Z洋ゲー』10選

  2. 今回の敵は終末カルト!『Far Cry 5』ゲーム概要&スクリーンショット

    今回の敵は終末カルト!『Far Cry 5』ゲーム概要&スクリーンショット

  3. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

    【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

  4. 『Far Cry 5』の海外向けアナウンストレイラーが公開!―PS4/XB1/PCで2018年発売

  5. 『Call of Duty: WWII』のキャンペーンでは枢軸軍側でのプレイはなし―「枢軸軍は獰猛な敵」

  6. バンダイナムコ、一人称スリラーADV『GET EVEN』を2017年に配信─PS4/STEAMにて展開

  7. 4vs1マルチホラー『Dead by Daylight』の海外PS4/XB1版発売日決定!

  8. 『スプラトゥーン2』スイッチ同梱版、マイニンテンドーストアでは販売せず─カスタマイズには新色ジョイコンを追加予定

  9. 『タイタンフォール2』大型アップデート海外向けトレイラー!新型タイタンの勇姿を見よ

  10. 「ニンテンドースイッチ」3月3日発売! 価格は29,980円

アクセスランキングをもっと見る

page top