開発資金を得てプロジェクト復活『City of Metronome』新しいアートワークも | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

開発資金を得てプロジェクト復活『City of Metronome』新しいアートワークも

PC Windows

2005年のE3で展示され、幻想的なアートスタイルと音をテーマにしたユニークなゲームシステムで注目されたMetronome。当時メディアやゲーマーから高い関心を集めたものの、スウェーデンの小規模な開発チームはパブリッシャーに恵まれず、開発が難航したのか、長い間ぷっつりと音沙汰がなくなっていた作品です。

先月、開発元のTarsier Studiosは、革新的なゲームのコンセプトに対して賞金が贈られるノルウェーのゲームプログラムから資金を調達し、無事開発を再開することができたそうです。現在はPLAYSTATION 3とXbox 360をはじめ、複数のプラットフォーム対応作品として、タイトルも[b]City of Metronome[/b]に変更されました。



City of Metronomeは、列車の車掌である主人公が“City of Metronome”を冒険するサードパーソンビューのアドベンチャーゲーム。主人公はあちこちで録音した“音”を使って、敵を倒したり、パズルを解いたり、あるいは町の住民を混乱させたりすることができます。音には様々な種類があり、自ら窓に石を投げたり、本棚を階段から落としたりして、音を生み出して録音することもできるそうです。



まだ発売がいつになるかは全く検討が付きませんが、数年前にデモが動作していたことを考えると、完成までにそれほど時間は掛からないと願いたいところ。公式サイトでは、以前から公開されている[url=http://www.tarsier.se/?pageid=55]スクリーンショット[/url]もいくつかあるので、気になった方はチェックしておきましょう。[size=x-small](ソース: [url=http://www.gamasutra.com/php-bin/news_index.php?story=16350]Gamasutra[/url])[/size]

【関連記事】
フランスの学生さん達が作る不思議アドベンチャー『Capucine』公式トレイラー
個性的な作品がずらり!Codemastersが2008年の新作ラインナップを発表
独特なスタイルで表現する欧州版PLAYSTATION 3のTVCM
『大きな影響力を持つFPSゲーム』BEST15
やっぱりここはヨーロッパ!「Games Convention 2007 Award」が発表に
ピーター・モリニュー氏『Fable 2』は2008年の終わり頃にリリース予定
『Homeworld』シリーズに復活の兆し?THQが商標を取得していることが明らかに

(C) 2006 Tarsier Studios AB. All rights reserved.


 






《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 超大規模SF宇宙船シム『Star Citizen』Alpha3.0のクローズドベータが開始に

    超大規模SF宇宙船シム『Star Citizen』Alpha3.0のクローズドベータが開始に

  2. 新作ストラテジー『Warhammer 40,000: Gladius - Relics of War』発表!―『Warhammer 40K』が4Xに

    新作ストラテジー『Warhammer 40,000: Gladius - Relics of War』発表!―『Warhammer 40K』が4Xに

  3. 『PUBG』が2200万セールス突破!勢いは止まらない

    『PUBG』が2200万セールス突破!勢いは止まらない

  4. タワーディフェンスFPS『Sanctum 2』Steam版、Humbleストアにて期間限定無料配信中!

  5. チーム対戦型ストラテジー『Total War: ARENA』オープンウィーク開催!

  6. SWAT戦術RTS『Door Kickers』オンラインCo-op実装!協力ミッション攻略が可能に

  7. 『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

  8. PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

  9. テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

  10. 開発期間約8年の『SpyParty』が近日Steam早期アクセス!―スパイとスナイパーによる1vs1

アクセスランキングをもっと見る

page top